7月, 2021年

つがる市のシュークリーム専門店🍩

2021年7月29日

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

先日の休日、クーラーのない家で片付けをしていたら、頭痛がしてイライラしてきました。

そうです。その日の五所川原市の最高気温32℃。

おでこに冷えピタ、首元には保冷剤、水分補給をしていたため、かろうじて熱中症にはならなかったものの、危険でした。

皆さま、夏の津軽が涼しいというのは崩れつつあるのかもしれません。

日中は東京と変わらぬ暑さです。

皆さまもご注意くださいね。

 

さて

 

先日、つがる市へ行ってきました!

地元のテレビにも取り上げられ、話題になっているあのお店に行って来ました!

お菓子の工藤

 

 

カメコ柿という地元で有名な和菓子も作っているお店ですが、この外観では想像がつかない

シュークリーム専門店

なのです。

店内のショーケースにはずらりと並ぶシュークリーム+洋菓子たち。

 

 

もちろん!マドレーヌや和菓子などご進物にもピッタリなお菓子もズラリ。

 

 

ドーナツ型シュークリーム⁈美味しそう🤤

 

 

 

お菓子の工藤で『OK』なるほど!

 

 

1927年から伝わる老舗店なのですね!

しかも鰺ヶ沢町の長谷川自然牧場さんの卵なら間違いないです!

おゆきも取材に行って豚や鶏など大切に育てていました。

地産地消の美味しいものにこだわっている店主のポリシーを感じます。

 

さんざん迷って、買いました!

話題の四角いシュークリーム!

 

左:メロンキューブ 460円    右:カクカクシュー 180円

 

おゆきの食べたメロンキューブは、果肉が緑で少し歯ごたえのあるメロンなのでおゆき推理では、タカミメロンではないかな?

その時の旬のメロンが乗っかるようです。

純生クリームと少しアクセントになるくらいのカスタードクリームと旬のメロンが最高の組み合わせ!

め!(美味しい!)

この美味しさは罪💗

 

そして、右のカクカクシュー。

これがまた、シュークリームってこんなに美味しかったっけ?

というカスタードクリームたっぷり♪

白い純生クリームとホワイトチョコレートがアクセントに♥

これも、言わずにはいられない。

め!(美味しい)

 

さすが!シュークリーム専門店!

ありがとうの焼き印入りの粒あんと生クリームのハーモニーがたまらない、

どら焼き240円(写真撮り忘れ💦)も美味しい♪

こんなおいしいシュークリームとお菓子を作っている店主をご紹介しようと思ったのですが・・・

突撃取材で私服だったためNGでした。つがるブランド認定書の横にみつけちゃいましたよ~

 

 

そんな4代目の工藤店主の作るお菓子に魅了されてしまったおゆき。

チラシをもらったので、もう一回行かねば💨

 

シュークリーム専門店

お菓子の工藤

〒038-2818 青森県つがる市森田町大館千歳140-1

℡0173-26-3111(FAX兼用)

公式Facebook➡(16) お菓子の工藤 | Facebook

※JR五能線陸奥森田駅より徒歩約25分

 五所川原駅より車約25分

 

皆さまも是非行ってみてくださいね~

せばね(^^)/

8月7日(土)月に一度の中泊大集合市開催!

2021年7月26日

こんにちは!ちえっちーです。

オリンピック真っ只中!テレビ放映もたくさんやってくれているので、

あっちも観たい、こっちも観たいと大忙し!

特に私は今回も柔道!今後も楽しみです♪

お楽しみと言いますと、月に一度の中泊大集合市が8月も開催されます!

月に一度の中泊大集合市

令和3年8月7日(土)

中泊町 津軽鉄道 津軽中里駅

駅ナカにぎわい空間にて

10:00~15:00

はい、今回は私の担当ということで、チラシは「日本の夏、中泊の夏」

をテーマにしましたので、やはり、あれですよね。仕掛け花火。

ただ、画力がまだまだという問題と、仕掛け花火をコマーシャルの「KINCHO」で

一瞬しか見たないということで、花火感が出せず、燃えている字という感じに

なってしましましたが、暑さは伝わったと思います!

毎回登場している金多と豆蔵は中泊町出身の幕内力士、

宝富士と阿武咲から、おそろいの浴衣の反物をもらったと想像して、中泊のトマトを

食べながら仲良く花火しているポスターにしてみましたよ。カワイイでしょ💖

では、イベントの内容を~。

 

イベント当日は、津軽鉄道が1日フリーパスを販売してくれます!

津軽鉄道1日フリーパス

大人 1,500円 小人700円

【ステージイベント】

10:00~10:25 起きて夢見る会ステージ①

10:35~11:00  アテンダント スペシャル朗読タイム

11:05~11:30 べえ子ちゃんダンスタイム

11:30~12:15 伝統芸能 中里三味線会

12:20~13:00 ちびっこも大活躍!中里横笛愛好会

13:10~14:20 起きて夢見る会ステージ②

14:20~14:25 魚屋の瓜田さんオンステージ

14:25~15:00 いおあ スペシャルジャズタイム

 

別室で上演される金多豆蔵人形芝居も見逃せませんね🌻

1回目/ 10:30~  2回目/ 13:00~

(料金)大人1,000  小人500円

★津鉄フリーパスを入場の際に提示することで100円割引!

 

◎中里駅前のねぶた展示場には2018年のねぶた大賞受賞作品など展示中。

アテンダントに一声かけて頂けるとご案内させて頂きます。

 

その他、お店などは

しじみ小野や 暑い夏には滋養たっぷりのしじみで元気になろう!

瓜田商店 炭火で焼きたての焼き鳥、新鮮な海の幸お土産にもどうぞ

大石の里 めちゃくちゃ美味しい手づくりバニラアイスがやっと食べれる!

かなぎカフェメーロ 前回即完売のたまごサンドは、たぶん今回も即完売!?

窯焼きナポリピザ ナポウラ 最高!持ち帰りしてオリンピック観ながらの焼きたてピザ!

フリーマーケット 私も大好きフリーマーケット!掘り出し物を探そう!

 

今回もコロナウイルス感染を取りながらの開催となりますので、

ご協力お願い致します。

今回も良いイベントになりますように!

 

 

 

 

板柳町 まるかじりウォーク2021 開催!(開催中止)

2021年7月22日

こんにちは、ちえっちーです。

オリンピックの開会式を前に、すでに女子ソフトボールなど

盛り上がっていますね~。

今回は会場に行けない分、テレビ放映が多いと聞きます。

青森県関係者の活躍も見逃せません。

アーチェリーの古川高晴選手は明日から登場するそうです。

皆さん、応援宜しくお願い致します!

古川選手の競技日程⇩

https://sports.nhk.or.jp/olympic/athletes/furukawa-takaharu-10061/

何度もオリンピックに出場したアスリートの故郷で健康の為に

ウォーキングをしませんか!?特別ゲストもその方です!!!

 

りんごの里 板柳 🍎

まるかじりウォーク2021

2021年10月10日(日)

🍏新日本歩く道紀行100選「りんごの里板柳・岩木山眺望コース(7km)認定

🍏日本市民スポーツ連盟公認大会

🍏青森県ウォーキングリーグ加盟大会

【メイン会場】青森県板柳町ふるさとセンター(イベント広場)

【コース】①23キロ、②13キロ、③7キロ

【受付時間】①の方・・・7:00、②の方・・・7:30、③の方・・・8:00

🍎参加料🍎 

町内の方500円、 町外の高校生以下700円、町外の大人1,000円

🍎申込締切🍎

9月29日まで

(ただし、パンフレットへの記載は9月9日受付分まで)

 

🍎参加特典🍎

参加者様には、板柳町ふるさとセンター売店で使える割引券

 

特別ゲストはもう、わかりますよね?

そう!オリンピックに4回も出た五所川原工業高校出身!福士佳代子さんです!

楽しいウォーキングになる事、決定だべ!!

🍎お申し込み先🍎

板柳町ふるさとセンター総合案内所

「りんごの里板柳まるかじりウォーク」係

電話0172-72-1500 FAX0172-72-1050

青森県北津軽郡板柳町大字福野田字本泉34-6

 

【お問い合わせ先】

りんごの里板柳まるかじりウォーク実行委員会事務局

(多目的ホール「あぷる」内)板柳町教育委員会生涯学習課

電話0172-72-1800 FAX0172-72-1801

詳細はホームページをご覧下さい。https://www.town.itayanagi.aomori.jp//tourism/tourism/marukaziriwalk2021.html

#西北GOスタンプラリー で豪華景品を当てよう!

2021年7月19日

あ~、暑いですね。ちえっちーです。

昨日は全国的に記録的な猛暑日に達したそうですね。

今日も熱中症にならないように皆さんお気をつけ下さい。

アテンダントも気をつけます!

熱中症対策やコロナ対策をしつつやって頂きたいのが

今日おススメするスタンプラリーです!

西北GOスタンプラリー

【期間】

2021年7月16日㊎~9月20日㊊㊗

★このスタンプラリーは対象スポットに行って、

地域の魅力を再発見し、SNSに写真を投稿していくイベントです。

その素敵な投稿写真は審査され各賞受賞者にはすてきな賞品が!

【賞と商品】

◎特賞(1名)

深浦町のアオーネ白神十二湖ペア宿泊券(トレッキング又はスノーハイク体験付き)

アオーネ白神はこんな素敵なところ➡https://shirakami-jyuniko.jp/

◎優秀賞(2名)西北地域県民局管内の市町村の特産品1万円相当

◎入選(5名)西北地域県民局管内市町特産品

 

【実施方法】

①西北地域県民局のツイッター

またはインスタグラムをフォローして下さい。

②スタンプラリーへアクセスしてください。➡https://www.stamprally.net/txapxbnkxxytxdcy

③携帯の位置情報をオンにして、五所川原市、つがる市、西津軽郡(鰺ヶ沢町、深浦町)、

北津軽郡(中泊町、鶴田町、板柳町)の対象スポットへ行き、スタンプラリー内の

その場所のスポットアイコンに入ります。

④そのスポットやその周辺の魅力的なものごとを撮影し

#奥津軽 #西北GO のハッシュタグを2つ付けて

ツイッター、またはインスタグラムに投稿して下さい。

⑤5か所以上回ったら、スタンプラリーの達成状況がわかる

スクリーンショットを①でフォローした西北地域県民局の

アカウントへDMで送ってください。

 

この他、注意事項等があります。詳細についてはこちらをご覧下さい。

https://www.stamprally.net/txapxbnkxxytxdcy

 

イベントに関するお問い合わせはこちら

主催:青森県西北地域県民局 

〒037-0046 五所川原市字栄町10 電話0173-34-2174

(平日8:30~17:15)

 

この時期の西北五地区を満喫して素敵な写真を沢山upして応募して

くださいね~!

 

 

青森の新しいお米の名前募集中!締め切り迫る!!

2021年7月15日

こんにちは、ちえっちーです。

今日は大変良いお天気です。梅雨明けが発表された場所も増えてきましたね。

青森の梅雨明けも時間の問題ですね。

さて、私の公募や懸賞への応募好きはだいぶ知られてきたかとは

思うのですが、私もまだまだですね、

こんな大事な情報を見落としておりました!

申し訳ございません!

締切がすぐなのですが、切羽詰まった時こそ、人は未知のパワーを

発揮するもの。ぜひ最高のものを絞り出して応募してください!

あおもり米 新品種「青系196号」

ネーミング案募集

応募締め切り

令和3年7月16日㈮消印有効

 

採用された方 1名様に

賞金

20万円 + 

副賞の新米青系196号60kg試食用サンプル

※同一名称が重複した場合は抽選。当選者に連絡。

 

🌾考えて頂く新米青系196号の特徴🍚

透き通るような白さが際立ち、食感は柔らかく、

粘りが強いなど、これまでの県産米にない特徴をもつ品種

だと青森米本部さんが発表しています。

これまでの県産米にない特徴とは、大変気になりますね!

早く食べたい!

 

皆様にご注意して頂きたいのは応募できるのは

お一人1点です。

その他の規定は下記の通りです。

〈応募規定〉

・ネーミング案は「ひらがな」「カタカナ」「漢字」「数字」いずれも使用可能

(組み合わせ可能)数字のみは不可

・既に使用されている品種名や商標と混同、また本品種の特性や価値等について 誤解が生じるおそれのある名称は使用不可。

・採用した名称の権利の一切は、青森県に帰属します

〈応募方法〉

郵送、又はWeb

<郵送>

郵便ハガキまたは専用応募ハガキに必要事項を記入し応募。
①ネーミング案 ※漢字の場合はフリガナも ②命名の理由(50字以内)
③郵便番号 ④住所 ⑤氏名 ⑥年齢 ⑦電話番号
※①~⑦は、必須項目です。いずれか1項目でも記載のない応募については、対象外

送付先:〒030-0847 青森市東大野二丁目1番地15 青森米本部 宛

<Web>

募集に関する詳細やインターネットからの応募はこちら⇩

https://aomori-komehonbu.gr.jp/naming2021/

 

〈ネーミング案募集についてのお問い合わせ先〉

青森米本部 TEL 017-729-8595(平日の10:00~17:00 ※土・日・祝日は除く)

 

選ばれれば本当に名誉なことです。

本格的なデビューは令和5年を予定しているそうです。

どしどし応募しましょうね!

 

 

 

 

五所川原立佞武多新作「暫」(しばらく)完成!!!

2021年7月12日

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

昨今、胸を痛めるニュースばかりですが・・

しばらくぶりに明るいニュースです!

五所川原立佞武多、新作『暫(しばらく)』

完成しました!

もうすでに、TwitterとFacebookではお伝えしていますが、組立の様子をお伝えします。

台座、胴体と組み立てが終わり、あとは頭の部分を組み立てすると完成という7月9日。

 

 

たくさんのマスメディアの方も集まり、今か今かと組み立て開始を待ちます。

「大きいね~」「すごいね~」キャッキャキャッキャと可愛い子どもたちの声が💗

初めての大型立佞武多を間近に見て、歓喜の声を上げていました。

しかも新作が出来上がる前の貴重な場面。

大きくなったとき、この時を覚えていてくれるでしょうか。

後にいいタイミングに観覧したということを知るでしょう。

 

さあ!いよいよ頭部分がクレーンで引き上げられます!

 

 

別の角度から。

立佞武多の胴体の上では、働く男達が待ちます。

 

地上から離れました! 頭部分が浮いています!

 

 

胴体とあと少しで並ぶところまで持ち上がった!

 

「オーライ!〇△×%#$!」声が飛び交う中、位置を確認しながら引きよせます!

 

 

いよいよ!

 

合体の時が!

 

くっつくか・・・!

 

ピッタリ!合体!

 

 

五所川原立佞武多「暫(しばらく)」誕生!

 

 

いや~良かった!

通常1年のところ、コロナ禍のご時世により、2年の月日で完成した立佞武多「暫」。

どんな思いだったのか、制作者 鶴谷昭法さんに聞きました。

 

「暫」は制作6代目。今まで作ったことがない歌舞伎の題材に挑戦したが、なかなかいい出来。

原作に忠実に作った顔を一番見てもらいたい。制作期間2年に及んだが・・という記者の質問には、

最後まで作ることが出来るか正直不安もあったが、線のズレなどいつもより丁寧につくれるという利点もあった。

と完成に満足気でした♪

 

最後に、この立佞武多に込められた意味をお伝えします!

令和2年度五所川原立佞武多 題名『暫』(しばらく)

 歌舞伎十八番の一つに数えられる演目「暫」。

 横暴な公卿(くげ)の清原武衛(きよはらのたけひら)が、自らに反対する善良な加茂次郎義綱(かもじろうよしつな)らを捕え、処刑しようとしたその時、鎌倉権五郎景政(かまくらごんごろうかげまさ)が、「しばらく〜」の一声で現れ、超人的な活躍で助け出し、公卿(くげ)とその家来(けらい)たちの悪事を暴き大見得(おおみえ)を切る場面。

 江戸時代の初代市川團十郎以来、代々演じられてきた「荒事」を表現した。

 東京オリンピック・パラリンピック開催の活況の中、世界に向け、五所川原立佞武多、そして日本の伝統文化をアピールする。

 制作者  鶴谷 昭法(つるや あきのり)

 

 

壮大な新作立佞武多、ぜひ観にきてくださいね~

せばね(^^)/

海の爽やかな風を感じて鰺ヶ沢でウォーキングしよう!

2021年7月8日

こんにちは、ちえっちーです。

先ほどまで、金木駅の交流広場のディスプレイの

秋のディスプレイの飾りを考えながら試作して

おりました。夏のディスプレイが完成したばかりですが、

このように着々と作業が進んでおります。

中泊町の津軽鉄道、津軽中里駅の駅ナカにぎわい空間で

今月から本年度のイベントもスタートした

「月に一度の中泊大集合市」も次の開催は8月7日(土)ということで

こちらの準備も同時に進んでおります。

どちらも是非、皆さんに見に来て頂きたく、アテンダント一同

頑張っておりますので宜しくお願い致します!

さあ、夏が短い青森県。あっという間に冬になります。

ふだんであれば春の桜まつり、夏のねぶたなど、

四季折々、盛り上がりがあるのですが、現在コロナが猛威を振るっているため

祭り等もままならず、季節が気づけば過ぎている気がするのは私だけでしょうか?

これからご紹介するイベントに参加して、

少しでもコロナを忘れて爽やかな夏・爽やかな汐風を感じて下さい!

あじがさわウォーク

~2021 夏 はまなすロード海のかほり編

参加者募集 

開催日 

2021年7月25日 ㊐

10:00スタート(2時間ほどで終了) 

受付時間9:20~9:40(隣接海浜公園付近のテントが目印)

参加無料 

★限定缶バッチもらえます!!

ウオーキングコース➡隣接海浜公園~なぎさブリッジ~はまなす公園~海の駅付近(往復)

2組に分かれて歩きますのでご希望のグループを予約時にお伝えください。

Aグループ・・・ネイチャーガイド木村洋志さんと一緒に自然観察

Bグループ・・・健康の為にウォーク

 

お申し込みはお電話でお願いします(^^)/

申込締切 7月14日(水) 平日8:30~17:00

電話番号 0173-72-2111 (内線336、365)

鰺ヶ沢町教育委員会社会教育課スポーツ振興課 

ホームページ http://www.town.ajigasawa.lg.jp/event/sports_kenkou/sposhin20210708.html

 

家族で行って、歩く人、自然観察の人、釣りに行く人、パルに行く人など

バラバラに楽しんで、帰りに集合というのも良いかも知れませんね~、

鯵ヶ沢町を満喫してくださいね~!

 

 

金木交流プラザ(津鉄金木駅)は五所川原の夏🎆🌟

2021年7月5日

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

今日は蒸し蒸し暑いです。

津軽は、昨日夜から朝方にかけて、まだ降るというくらいの雨がつづきました。

雨も脅威になる時があります。

熱海市の方々が1日でも早く通常の生活に戻れるよう、これ以上被害が拡大しないよう願うばかりです。

 

さて

 

です。

五所川原市といえば、宵宮に花火大会、立佞武多まつりとイベントがある季節です。(いつもなら)

立佞武多は、今後新作「暫」(しばらく)が組立される予定です。

新作が組立されるということは、3年目を迎えた旧作が解体されるということです。

どちらも来年立佞武多まつりを開催するためです。

楽しみに待っていてくださいね。

 

今年、津軽に旅行するんだけど・・・

五所川原の立佞武多の館に行く時間がない。

金木は行く予定だ・・・

そんなあなた様に朗報です!!

 

津軽鉄道に乗って、金木駅へ下車してください。

金木駅隣接のこの場所にお立ち寄りください。

金木交流プラザ

おゆきがいる側です↓)

 

 

作業しました。おゆきも・・

 

 

ちえっちーも!

 

 

たなおも画像ないけど、乗務の合間にコツコツと今回の飾りを作りました!

そして、完成しました☆☆☆

五所川原市

金木交流プラザ ディスプレイ夏

 

春の装飾は、過去ブログ↓をご覧ください

金木交流プラザディスプレイ春

 

金木駅下車したら、まず左側のドアからお入りください。

このように、左には金木を中心とした情報が飾りとともにご覧いただけます。

今回のディスプレイでは、

私たち津軽半島観光アテンダントのキャラクター、アテンダントちゃんにも注目!

注目ポイント①立佞武多の法被を着用したアテンダントちゃん(金木ガイドマップはここ)

 

天井を時々みてください☆

そして、まっすぐ奥へ進みましょう。

 

 

コインロッカーがあります。

五所川原市のパンフレットはこちらからどうぞ。

壁に貼ってある情報も細かくご覧ください。

 

 

注目ポイント②手作り線香花火を持っているアテンダントちゃん(パンフレットと五所川原市情報コーナー)

 

奥の婦人用お手洗いと非常時ドアの壁にもアテンダントちゃん!

注目ポイント③金木出身の太宰治を津軽半島観光アテンダントが立佞武多にした時の写真を展示

 

おっと、何やら大きな花火に立佞武多☆彡

 

 

ちえっちー作の大きな花火が上がっています!た~まや~🎆

 

注目ポイント④被姿のアテンダントちゃんが見上げる花火と星空に映える巨大な立佞武多(ギャラリー)

 

注目ポイント⑤アテンダントちゃんが教える、壁の裏・・

 

ギャラリーにある立佞武多は五所川原を題材にしたもの

 

 

それだけじゃなく、アテンダントちゃんを挟んでギャラリーと大きな窓には!

流れ星と花火の世界が広がっています☆彡🎆

 

ショーケースもご覧ください。

日本の民間パイロット第1号は金木町出身、白戸栄之助さん。

そのヒストリーがここに詰まっています。

 

自動ドアを開けて、そのまま外に出る前に右側をご覧ください。

斜陽館と花火の競演です。

 

 

ディスプレイ夏は9月下旬までを予定しております。

金木交流プラザで、

五所川原市の夏を感じてください~

せばね(^^)/

太宰列車運行中📗

2021年7月1日

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

初夏ともなると、津軽でも暑く半袖の毎日です。

梅雨入りした割には雨も少ない日が続います。

ついに7月に入りました。

7月といえば、津軽鉄道風鈴列車です。

津軽金山焼の風鈴の奏でるやわらかな音色に心癒されるはずです。

 

 

その風鈴の周りを彩るこの展示物は・・・・

 

以前、TwitterやFacebookでは既にお知らせしておりますが、

津軽半島観光アテンダント企画

太宰列車2021運行中!

 

今年で12回目の今回は、小説『津軽』の世界がテーマです!

小説「津軽」の本にそっくりな看板で、

 

 

 

小説「津軽」が生まれるきっかけとなった津軽半島への旅行の理由も記しております。

 

 

 

列車内には、小説「津軽」にでてくる数々のエピソードを抜粋した文章を列車内に展示。

 

 

今日も旅行客の方が、車内をじっくりとご覧になっていました。

このようにお客様がご覧になる場合もありますが、なかなか揺れる車内でご覧になるのが難しい場合もあります。

読書が苦手な方もいらっしゃいます。

そんな時、ラジオのように聴くことができたら・・・?

そこで、小説『津軽』を津軽半島観光アテンダントが朗読して、少しでも太宰治の小説を読よんだり、作品に描かれた津軽の場所を旅するきっかけになったりすればと思い企画した列車です。

以前も朗読はしたことがありますが、短編を繰り返しでした。

今回は、小説「津軽」の中から10編抜粋。

どれが朗読されるかはその日次第。

作品のいくつかの場面を聴くことができます。

 

おゆきも朗読しました。

アテンダントは現在3名いるので、朗読の仕方も3通りです。

3通り×10編=30通りの朗読をお楽しみいただければ幸いです。

 

では詳細です。

津軽半島観光アテンダント企画 「太宰列車二〇二一」

運行期間:令和3年6月18日(金)〜令和3年9月30日(木)

場  所:津軽鉄道 走れメロス号

 ※津軽五所川原駅9:35発のラインでアテンダントが乗務の時のみ朗読

     (車両上の都合により変更になる場合もございます)

 

皆さま、8月末までは太宰列車と風鈴列車のコラボ列車にご乗車いただけます。

時間は駅などでご確認くださいませ。

では、夏の風物詩「風鈴列車」とともに「太宰列車二〇二一」もよろしくお願いします!

ご乗車お待ちしております!

せばね(^^)/

 

Copyright© 2010–2021 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.