1月 11th, 2021年

鶴田町の食材で作ったランチで鶴の象徴、長寿を目指そう!

2021年1月11日

こんにちは、ちえっちーです。

本来ならば成人式が各地でおこなわれるはずだった今日、

全国の二十歳の皆様おめでとうございます。

今年、成人式を迎えた皆さんは特に話題になる人たちのはずでした。

なぜなら2000年生まれのミレニアムベビーだから。

でも、暗い気持ちにならないで!

ミレニアムベビーを産んだ、ちえっちー母さんとしては

この鶴田町のお膳を食べて、これからも元気で長生きしてもらいたい!

もちろん新成人の方でない皆さんにも食べて頂き、鶴は千年と言うように

長生きしてもらいたいのでご紹介します!

(↑写真はイメージです。)

「華の会」農家レストラン

鶴田御膳ランチinあるあん

【開催日】令和3年1月13日(水)と2月10日(水) の2日間

【時間】午前11時~午後2時

【場所】道の駅あるじゃ内 イートインコーナー「あるあん」

【料金】1,000円(消費税込み)

【提供数】各回限定50食 ※予約受付はできません

 

「華の会」は鶴田町の農家有志で結成されたグループで、

鶴田町の食材の美味しさを多くの皆さんに知ってもらい、

更にはお客様に直接提供することによって

交流の輪を広げていくことを目的に結成されました。

全国的にも農家の皆さん本人が野菜などを販売して、

消費者も作っている人の顔が見ることができる青空市場やインターネット販売が

盛んですが、これは農家の皆さんにとっても喜んだ顔が見れ、

やりがいや喜びを感じるということで広がりをみせていますよね。

「華の会」の農家さんも「鶴田御膳ランチ」で皆さんに

笑顔になって頂きそれを見たいのです。

 

このランチに使われる食材は、ほぼ鶴田町産!

どんな食材が使用されているかというと

華の会の皆さんがつくった

米、ほうれん草やその他の青菜、キャベツ、大根、ニンジン、

茶碗蒸し用栗(そう、津軽の味は茶碗蒸しに栗!(≧▽≦) ぎんなんは・・・)

ふき、菊、ネギ、自家製すしこ、自家製梅干し

 

「道の駅あるじゃ」がつくった

健康に大変良い大豆製品の、テンペ味噌、豆腐、厚揚げ、油揚げ

 

鶴田町民がつくった

ひき肉 です!

 

予約は出来ないので当日直接お店に行ってください。

冬道なので気をつけて行ってくださいね。

食後は道の駅あるじゃ全体を見学して、

鶴田町の名産の冬ぶどう、「スチューベン」を買って帰れば良いよ~。

め~よ~(美味しいよ~)。

🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇

お問い合わせ先

鶴田町役場 産業課 農業振興班 太田さん

電話 0173-22-2111 (内線 291)

🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇🍇

 

 

 

 

Copyright© 2010–2021 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.