もう秋、いや冬?気持ちは夏だけど。

2014年10月29日

皆さま、こんにちは!!!

今日もバリバリ元気なコットンです

 

 

 

先日のブログでアテンダントの愛称を皆さまに協力してほしいと、お願いした所たくさんの愛称が出ました。

その中から、いやそれをヒントに?呼びやすく覚えやすいものを考えてるので、決定はもう少しお待ちください。

 

 

そんな今、青森県は異常に寒い。

昨日なんて冬用のコートを出してきて寒さ対策。今から、これだと本場の冬どう乗り越えようか!?自分との戦いになりつつあります。そんな中、ふと気付いてしまった。皆さまの中で、もう忘れているかもしれない

 

 

DSC01132

アツく・熱く・盛り上がった立佞武多運行と線路上運行

 

 

今年はこれまで以上に細かな作業となった立佞武多に例年以上に愛着があるはずのアテンダントなのに、

只今の治ちゃんときたら

 

DSC_0914

ベリッ

 

 

DSC_0916

バリッ

 

DSC_0911

ブリッ(笑)

 

のひどい状況です。

線路上運行の熱い戦い(運行)の勲章ともいえる、紙の破れ方。

ことしは気合を入れて、大きく羽ばたくように横の寸法をちょいとばかし大きくしたがため…

津軽飯詰駅のスノーシェイドでおさむちゃんが行く手を憚れ走行不能に陥りながらも、賢明なモーターカー運転士のサポートもあり無事に故郷を超えて、終点・津軽中里駅まで到着し、雨で運行できなかった中里のなにもささ踊りの分も思いっきり弾けすぎたのか小泊での祭りではさらに、戦いつくした治ちゃん。

 

そんな治ちゃん、傷の手当てを早く行いまた皆さまの前に登場できるようアテンダント修復活動を今後行っていきます。

そんな治ちゃんに温かいメッセージがありましたらドシドシお寄せください。

その声、しかとアテンダントが代表して治ちゃんに伝え、今後更なる活躍の場でお会いできることを楽しみにしています。

 

 

ちなみに、アテンダント製作初代の治ちゃんは津軽中里駅内の「駅ナカにぎわい空間」に置いてますが、

2年目(昨年)の治ちゃんは、

DSC_0918

今もまだ、津軽中里の倉庫で眠ってます。

この作品は、中の電球なども取り出したが為にボロボロなので、今後解体作業も必要となります。

 

 

立佞武多って夏祭りという大きなイベントもあるけど、その季節を迎えるために準備も必要だけど、その後の保管や展示、利用方法など目にしか見えない華やかさとは違う寂しさもあります。だから、短期間の祭りに全力を注ぎ燃え尽きるほどの力を発揮するんでしょうね。

 

 

また、治ちゃんを皆さまに見せる時が来るまでもう少々お待ちください。

そして、早く手当できるよう治ちゃんにエールを送って下さいね。

 

 

 

Copyright© 2010–2017 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.