立佞武多、東京・銀座に参上だ~!

2016年3月9日

こんにちは!

おゆきです。

昨日まで最高気温が10℃を超えて春間近なような気がしていましたが、

今日は最高気温5℃で夜には-5℃まで下がる冬型です。

よく女心は秋の空と言いますが、津軽に限っては「女心は冬の空」かも??

 

さて

 

タイトルにありますが・・・

今月、立佞武多が銀座にお目見えしますよー!!

「義経北行伝説 青森~函館を翔る」

(よしつねほっこうでんせつ あおもり~はこだてをかける)

製作者:福士裕朗 氏

 

 

3月18日(金)~21日(月・祝)

東京・数寄屋橋交差点 銀座ソニービル

 

こちらの立佞武多は本当に期間限定!!!

3月18日~21日に東京数寄屋橋交差点にある銀座ソニービルにて

北海道新幹線開業PRイベントの一環として作られたものなのです!

銀座にお目見えするのは

そして何と言ってもすごいのが、通常立佞武多祭りで運行している

大型立佞武多と同じ高さ23m

まつりを前に立佞武多を体感できるという素晴らしい企画!

そんな立佞武多が今日完成したと聞きつけさっそく行ってきました。

 

 

そしてこれが・・・「義経北行伝説 青森~函館を翔る」です!!

 

 

 

え?何々?不満?

完成したのを見れると思った?

そんなわけないじゃないですか。

だって繰り返し言いますが期間限定の立佞武多ですから。

飾った後、こちらに戻ってくることもありません。

その4日間しか見れないんです。

銀座ソニービルの外壁に取り付けるということで通常の立佞武多よりは

厚さが薄く約2m。

それでも高さ23mの迫力は実際に見てみないとわからない!

この立佞武多は約5日間かけてパーツごと運ばれる予定です。

前日18時頃には点灯予定とのこと。

また、JR山手線からも見える予定らしい!

これは楽しみですね~♪

 

 

え?どうしても行けない?でも見たい?

しかたないですね~

ではこちらをご覧になってイメージしてみてくださいね❤

立佞武多の館より

画像提供:立佞武多の館

 

 

楽しみと言えば・・・

製作者:齋藤忠大氏による平成二十八年度新作立佞武多

現在、齋藤さん一生懸命製作中です↓

 

 

見てみて!

これが十年ぶりの女性の立佞武多『歌舞伎創生 出雲阿国(かぶきそうせい いずものおくに)』がさしている番傘の部分です。

あらためて「でっけな~」(おおきいね~)と思います。

 

 

銀座ソニービルの立佞武多を見た後、夏本番の立佞武多まつりにぜひお越しくださいね。

おっと!3月18日(金)は津軽半島観光アテンダント企画モニターツアー

あります。

1日限りですので、これに参加してから銀座ソニービルの立佞武多見学というのが

おススメです❤

特派員の皆様、良い写真お待ちしております^m^

せばね(^_^)/

Copyright© 2010–2017 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.