津軽鉄道・未来への階段のためにご支援・ご協力を!

2022年3月24日

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

いよいよ春!というようなポカポカした晴れの日が多くなりました。

道路の雪は消えました!

でも雪は残っています。

今日の画像です。

最高気温8℃。暖かいです。

 

この画像の右側に写っている跨線橋からホームに続く階段。

だいぶ古くなりました。

なんと昭和40年10月より使用開始したものだそうで、57年も経過!!

津軽鉄道の職員が問題発生の都度、補修作業を積み重ねてきました。

しかしながら、コンクリートの亀裂による劣化は止まりません!

調べてみると、内部の鉄筋等の腐食も進んでいたとのこと。

はっきり言って、もう限界!

利用するお客様はじめ皆さまの安全を考えると、令和4年度中の修復工事が必要なのです!

ただ、津軽鉄道は、年々乗客数の減少に加え、新型コロナウィルス感染による影響もあり、地元新聞にも掲載されるほどの経営難を余儀なくされております。

残念ながら、修復工事代金を捻出できない現状です。

 

そこで!

 

津軽鉄道津鉄ア・モーレと共に

クラウドファンディングに挑戦することにしました!

3月22日火曜日よりもう始まっています!

 

■クラウドファンディングサイト「READYFOR」

■目標金額 942万円

■支援募集期間 令和4年3月22日(火曜日)から令和4年5月13日(金曜日)23時まで

■URL https://readyfor.jp/projects/tutetsu

 

津軽鉄道のホームページもご覧ください↓

「絆の階段!・未来への階段!の完成を目指して」クラウドファンディングの実施について | 津軽鉄道 株式会社 (tsutetsu.com)

 

サイトを見ていただくとわかりますが、いかに階段の劣化が進んでいるかよ~くわかります。

また、アテンダントとして、脚に不安を抱えている方がやっと古い階段を昇り降りするのを見守り、なにも出来ない自分をもどかしく思っていました。

いままで、車いすのお客様には津軽鉄道職員4名が人力で跨線橋の昇り降りを支えてきました。

階段の老朽化等の問題で電動式昇降機が使用できなかったからです。

このクラウドファンディングには

「電動式階段昇降機の購入」の代金も含まれています!

 

1930年から開業している津軽鉄道の継続にもこの階段は必要不可欠です!

皆さまのご支援・ご協力を宜しくお願い致します!

このクラウドファンディングが成功し、階段にある看板「心に響く風景と出会い」を今後も実現できることを祈っています。

 

Copyright© 2010–2022 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.