津軽の手しごと「こぎん刺し」が体験できます!!

2019年10月21日

 

 

 

こんにちは、みきてぃです。

 

 

今日のテーマは、津軽の郷土工芸「こぎん刺し!!

 

こぎん刺しって、そもそもどんなもの??という方も多いと思いますので、ここで、こぎん刺しとは…

「江戸時代、綿花のとれない津軽地方では、農民が麻布しか着ることを許されませんでした。人々は麻の仕事着を藍に染め、胸、肩、背、袖口に白い木綿糸で縫い取りをして補強、保湿しました。

【三縞こぎん】という模様は北津軽郡金木町が発祥と言われています。他の地域では、【東こぎん】や【西こぎん】と呼ばれる模様もあります。」

 

 

アテンダントも愛用していますよ~✨

 

最近再び注目され、ヘアゴム、名刺入れやポーチなど雑貨屋さんやお土産屋さんでよく見かけますが、柄や色遣いがとってもかわいくてつい欲しくなっちゃいます( *´艸`)

 

手作りで簡単に作れるキットもありますよね。私も…

何年も前からやってみたいと思いながら、

何年も前に本や材料は買って準備は万端なのに、

始めるタイミングを逃してきた、こぎん刺し。

 

そんな方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?!

ぴったりの体験、あります✨✨

 

津軽の郷土工芸

初心者向け こぎん刺し体験

 

 

【体験場所】津軽三味線会館 多目的ホールまたは研修室

【時  間】通年 ①15:30~②17:00~③18:30~各90分

【体験内容】昔から伝わる模様を刺します(サイズ12cm×12cm)

【対  象】小学校高学年から一般初心者向け

【予  約】一週間前までの予約が必要です

【料  金】1,500円(2名様以上)

      1,800円(1名様でお申し込みの場合)

     ※体験料、材料費込みで入館料は不要です。

     ※20名様以上で10%割引いたします。

     ※料金は税込み価格です。

【キャンセル】前日の17:00までに必ずお電話でご連絡ください

      ※当日キャンセルの場合、人数×500円をお支払いいただきます。

【お問合せ、お申込先】

津軽三味線会館

青森県五所川原市金木町朝日山189-3

TEL:0173-54-1616/FAX:0173-54-1023

 

 

所要時間も90分なので、事前予約を入れ、観光で金木を訪れた際に体験してみるのもいいですね!!

津軽三味線会館のこぎん刺し体験は通年で行われていますので、事前予約の上、ぜひ体験してみて下さい!!

よし!!私もこの機会に!!

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2010–2019 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.