小説「津軽」を片手に、津軽を旅しよう♪

2016年3月25日

みなさん、こんにちは!みっちょんです(*´▽`*)

明日はいよいよ北海道新幹線が開業しますねぇ。お祝いムードがある中で、去る列車もあるわけで…

それはやはり寂しいなぁ、と複雑な気持ちがしてみたり。

でも!せっかくですもの。あるもの生かしで楽しもうではありませんか☆

 

と、いうことで。先日のアテンダント企画モニターツアーの様子をご紹介。

 

出発は新青森駅。

DSC_0656

少ーし緊張しています。

新青森駅を出発した後は今別町の道の駅「半島プラザアスクル」へ。

もちろん、奥津軽いまべつ駅も見てきましたヨ。

DSC_0660

道の駅の駅長に説明を受けて、みなさん興味津々。

DSC_0664

今別町特産もずくうどんを試食して、美味しい美味しいと食べてくださいました♪

今度はいまべつ牛が食べたいねえ♡なんて話をしながら。

 

続いて訪れた場所は…ここ!

DSC_0667

わかる方はいますか…? JR津軽線今別駅。

ここからは今別町観光応援隊のみなさんに今別の街を案内していただきます。

DSC_0672

 

DSC_0685

【太宰が訪れたお寺・本覚寺】

 

今回は「小説『津軽』を辿る旅」だったので太宰ゆかりの地を中心に紹介していただきましたが、

街歩き中には地元民ならではのエピソードを披露してくれたり、とっても楽しい道中でした♪

DSC_0671

駐在所に馬がデザインされているなんて知らなかったですもん!

いや~、ゆっくりと景色を見ながら歩いてみると色々な発見があるものです。

道中と言えば…参加者の皆さんは途中出逢った移動販売に興味深々でした( *´艸`)

DSC_0680

何を売っているのかと言うと…

DSC_0682

野菜に果物、お惣菜、そしてその日三厩で獲れたという新鮮な魚たち!!

日替わりで地域を決めて回っているそうですよ~。街で見かけたらぜひ立ち止まってみてください(*´▽`*)

 

たくさん歩いて、お腹を空かせたご一行が向かったのは…もちろんお昼!

DSC_0598

三厩まぐろのお店「秀鮨」さんにて豪華なまぐろ丼!!

今回参加のみなさんはこのまぐろを目当てに申し込んだ方がほとんどでした。この数日前にテレビ番組でも紹介されていて、注目度バツグン☆

秀鮨さんについては後日、またたっぷりとご紹介させていただきますね♪

 

はぁ~、お腹いっぱい。満足・満腹♡ のお次に向かったのはコチラ。

龍飛観光案内所「龍飛館」

太宰が宿泊した旧奥谷旅館「龍飛岬観光案内所『龍飛館』」

DSC_0690

館長さんのご案内に皆さん、感嘆の声を上げっぱなし!

そして、太宰さんが泊まった部屋では順番に太宰さんになりきって写真を撮っていましたよ(^-^)

 

旅の終盤になってきました。

龍飛崎に立ち寄り、その風を体感したその後には…

DSC_0695

「津軽海峡冬景色歌碑」の前で風を全身で感じながら、全員で津軽海峡冬景色を大合唱して…「はぁ~、楽しかったねぇ」とバスへ戻りましたとさ(*´▽`*)

そして、最後の行程。

平舘の「不老ふ死温泉

不老不死2

ゆったら~ど、お風呂に入り一日の疲れを癒やして新青森駅へと戻りました。。

 

今回実施のモニターツアーはアテンダント企画第二弾。

小説「津軽」を辿る旅~東青編~ でした。

参加者同士が仲良くなり、楽しそうな笑い声が絶えない旅となりました。

お陰様でみっちょん自身が楽しませていただいた気がします。本当にありがとうございました。

DSC_0697

 

太宰治著・津軽はガイドブック代わりにもなります!

昭和19年に太宰が巡った津軽半島を、この本を片手に新幹線も通った今改めて歩いてみると違った見方ができるのではないかと思っています。

今道路の場所は以前は海だった、など地元の人に話を聞いてみると新たな発見もあります。

ぜひ、一度もしくは改めて津軽半島を巡ってみてください。

 

 

 

 

 

Copyright© 2010–2017 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.