急募!!!アテンダントと歩く!中泊町健康開運まち歩きin中里

2022年6月13日

こんにちは、ちえっちーです。

皆さん!アテンダントと一緒に中泊町を歩きませんか~!?

私はご一緒したいですよ!アテンダントが街歩きを開催させて頂きます!

急な募集で申し訳ないのですが、締め切りまで2週間しかありません💦

もっと早くお知らせできなくて申し訳ありません💦

早速ですが内容をお伝えさせて頂きます!

中泊町健康開運まち歩きin中泊町

【開催日】令和4年7月2日(土)

【参加料】お一人 2,500円

(イベント体験料、保険料、弁当代込みの料金です)

【募集人数】先着20名様

【申込み締め切り】6月24日 

※ただし、定員に達し次第締め切らせて頂きます。

 

【タイムスケジュールと内容】

9:10~津軽鉄道五所川原駅集合・受付

※イベント参加者限定で発売される津軽鉄道フリーパス(1,500円)を

各自ご購入頂きます。(※参加料には含まれておりません)イベント後も終電まで中泊町、金木町などで楽しめる

当日一日乗り放題の切符です。

9:35~津軽鉄道 津軽五所川原駅出発

10:30~津軽中里駅 金多豆蔵人形芝居 鑑賞(駅ナカにぎわい空間)

★津軽伝統 金多豆蔵人形芝居をご鑑賞いただきます!もう席は確保しました!

この日の10:30からの空席はほぼ無いようなので、

私たちのイベントに参加して頂いた方が良いと思いますけど…(^^)/

青森放送のニュースレーダーWithでも活躍中の金多と

豆蔵と二人を操る木村さんに会いに来てください!

11:55~五林神社 参拝 (駅から徒歩15分ご一緒に歩きましょう)

★こちら五林神社は三厩から海を渡ったとされる源義経を

三厩までお供した家臣の大道寺力と妻オリを祀っています。

神社ではそれらの詳しいお話も聞くことが出来ます。

地元の娘オリと出会い恋に落ちることから、縁結び、安産等の他、

先ごろ県の重宝に認定さてた「五輪塔」があることから、

五輪=オリンピック、スポーツをやる方にもパワースポットに!

なんといっても中泊町の中里は青森県のオリンピック出場者第一号、

陸上の井沼清七さんの故郷なんです! 

⇩ 神社から15分程歩き次の会場へ。普段通らない道も楽しいものですよね。

昼食会場到着

中泊町の恵たっぷりのお弁当を食べながら開運ステージをお楽しみください。

食事の後は、その昔、修行で長旅の武士の疲れを癒すために町のお寺で踊られたのが

発祥と言われる中泊町無形民俗文化財「なにもささ踊り」と「なかどまり音頭」を

皆さんで輪になって踊りましょう。

もちろん強制ではないのでそれを楽しく見学するのもOKですよ~。

14時45分

津軽中里駅にて解散。

中泊町のスイーツのプチお土産付をプレゼント。

解散後は中泊町博物館で行われている「企画展ヤマシチ宮越家のものがたり」を

見学したり、お茶したり、金木駅や芦野公園駅に移動して太宰治記念館「斜陽館」や

太宰治疎開の家を見学したりお茶したり、ゆっくりしてから晩御飯を食べたりと

津軽鉄道沿線を満喫して下さい!

それではお申込み、心よりお待ちしております!!

⇩⇩⇩

お申し込み・お問い合わせ先

NPO法人津軽半島観光アテンダント推進協議会

(営業時間 8:30~17:00)

電話 0173-26-7520

FAX 0173-26-7521

メールアドレス tsu.ha.at2014@gmail.com

【必要事項】氏名、市町村名、電話番号、生年月日(保険加入の為に必要です)

 

 

 

Copyright© 2010–2022 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.