㊗元津軽半島観光アテンダントみきてぃの店、金木カフェ メーロ🍎オープン

2021年5月10日

こんにちは、ちえっちーです。

青森県内はりんごの花が咲いて来ました。

リンゴと言うと4月29日に

五所川原市の金木町にイタリア語で

「リンゴの木」という意味の名前のお店がオープンしました。

「かなぎカフェ メーロ 」

オーナーは冬まで

津軽半島観光アテンダントとして

活躍していた

みきてぃ、こと阿部美紀さん!

場所は津軽鉄道の金木駅から7分程。

太宰治の生家、斜陽館からは徒歩1分半から2分程です。

お店の前まで来て振り返るとこんな感じです。

赤い屋根が斜陽館、斜陽館の向かいの青森銀行も良く見えます。

お店は米蔵を利用したシックな外観です。

オープンを記念してお祝いのお花もいっぱいです。

素敵な緑のドアを開けると

こちらもとっても素敵な店内です。

カウンターからは阿部さんの仕事ぶりものぞけます👀

小さな階段を上がると、こちらも素敵な雰囲気です。

外観もシックでしたが、

こちら、内部の壁は「しっくい」。阿部さんが苦労して塗ったものです!

そして、大きなテーブル。このテーブルの素材をわたくし、見逃しませんよ~!

そうです、扉です。蔵にもともと付いていた物を再利用したそうです。

素敵な本棚にはりんごの本や、

アテンダント時代にANAの機内誌で阿部さんも取材を受けた

NHKサラメシでもお馴染みの阿部了さんと直美さんご夫婦による『お弁当の時間』も!

みきてぃの載った時の、早く単行本にならないかな~。

そして、棚には気になるLPが。

そうなんですよね、阿部さんめちゃくちゃサザンオールスターズのファンなんですよ。

今後、なかなか当たらないサザンオールスターズのライブチケット当選の際には、

阿部さんがお店を臨時休業してそちらに行くかもしれませんが

どうぞ、皆様、暖かい気持ちでお許しください!

サザンの皆さんもお店に来てほしいものですよね~。

 

さて、お店はすでに県内の複数のメディアで取り上げられていますね~。

私も取材がてらランチに行ったところ、青森放送のニュースレーダーさんが

特集の取材中ということで、まさかの逆取材を受けたりしました。

放送を視てくれた方、私と一緒にランチを食べていたのは

津軽半島観光アテンダント初期メンバー、junjunさんですよ~(∩´∀`)∩

で、何を食べたかと言うと

この日の「日替わりランチ」で、私がバターチキンカレー

junjunがボロネーゼです。

ドリンクが付いて税込み880円。プチスイーツを付けたら1,000円です。

 

感想ですか?

バターチキンカレー、食べる前から分かり切ってはいたんですが・・・、

とっても美味しかったです。

クリーミーで大きなお肉も柔らかく

全体的に食べ応え満載で、・・・うん、やっぱりおいしかった。

お持ち帰りした玉子サンドも・・・うん、やっぱり・・・。

(繁忙期はテイクアウト出来ない場合あり)

 

いや、ホントにわかりきってるんですよ、

私は彼女の事を良く知っています。

美味しいいものでないとお客様に提供できませんよ、ね。

納得いったものでないと出さない!

それが私達、職人ですからね(‘◇’)ゞ

一つ一つかなり手間をかけて作っていますので、

あの痩せている阿部さんが心配です。

私の肉ならいくらでもあげるのに・・・。

私には!

大~きいサイズのアテンダントピンクポロシャツをく~だ~さ~い!♬

 

お帰りになるお客様から口々に聞こえます。

「また来ます~♪」

ほらね、美味しくなかったら、二度と来ませんものね。

 

ということで、今後も人気で混むとは思います、まだ慣れないこともあり

少し待つこともあるかもしれませんが、どうぞ、

皆様温かいお心とご声援、宜しくお願い致します!!

 

【追伸】⇩⇩お犬様もご一緒できるデッキもあるよ♪(2組分のテーブル設置)

それ以外のペット様に関しましては💦

お店にお尋ねください。(=^・^=)🐦🐪🦒🐎🐄

🍎かなぎカフェ メーロ🍏

青森県五所川原市金木町朝日山399-1

電話 080-1666-6328

営業時間 10:00~17:00

定休日  月曜日

 

 

 

 

Copyright© 2010–2021 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.