新年こそは良い年に!お正月列車2021運行スタート!!

2020年12月31日

こんにちは、ちえっちーです。

来てます来てます、年末寒波。

全国かなりの広範囲で寒波に襲われているということですね。

青森空港は1/1の日本航空、12便は欠航が決定していますので、

ご利用予定のお客様はお早めに他の交通機関の手配をお願い致します。

飛行機を使わない皆様も充分お気をつけ下さい。

さあ、今日は大みそかです。

毎年恒例のお正月列車の運行が本日よりスタート致しました!

🐄初夢いっぱいお正月列車2021🐄

【運行期間】2020年12月31日(木)~2021年1月11日(月・祝)

★1日1~5往復 運行時間は日によって変更します。

 

2020年は世界が新型コロナウイルスの為に暗い一年になってしまいましたね。

ちょっと叫ばせてください。

コロナのばがけ!!!!(ばかやろー!!!!)

 

だから、2021年こそは良い年になるように、

「初夢いっぱいお正月列車2021」と銘打って、夢をたくさん詰め込んだ列車を

考えました!。

車内入ってすぐの看板は大絵馬切絵!

今年の企画担当者は切絵職人、私、松山なので今回も気づけば切っています!(^^)!

私達、NPO法人津軽半島観光アテンダントと津軽鉄道職員の総勢約40名の夢は

車内の切絵絵馬、絵牛?絵丑?牛柄の絵馬?に書いてずらりと飾りました🐄

一部どんな感じかご紹介しましょう!

こちらは津軽鉄道の澤田社長の夢が書かれたものです。

アテンダントはこちら!

おゆきの絵馬です。

やはりみんなコロナ終息を祈っていますね~。

良いですね、温泉旅行。温泉はどこの温泉かしら~。

 

わたしが注目したものはこちら!

車掌の神さんの絵馬です。

シマエナガという鳥を知らなかったのですが、この絵が

とってもフワフワして可愛いので、よっぽど可愛い鳥なのですね。

神さん絵がお上手!

 

さて、お気づきでしょうか?絵馬の横にある牛乳。

今回の企画を練っている時にひらめきました。

こんな牛乳があったら面白くない?

更には、こんなコーヒーも、とアイデアがみるみる浮かんで来ます。

その時点では全体のテーマを決めきれていなかったので、

今回、全体のテーマの決定はこれがきっかけと

言っても過言ではありません。

車内にはこの「あったらいいなこんな牛乳」の

「津軽鉄道ストーブ牛乳スルメ色のカフェオレ味」と

「あったらいいなこんなコーヒー」の

「津軽鉄道もアテンダントも今年も黒字コーヒー」を

紙で作って飾っていますのでご覧ください。

(本当は「津軽鉄道走れメロス牛乳」の

「メロス号色のメロン牛乳」も考えていました( *´艸`))

 

こちらがコーヒーです。

高倉健さんを意識した、鉄道員(ぽっぽや)風、つてっちーと

アテンダントちゃんを2分ほどで描きあげました。神が下りたのでしょうか。

今考えてみると、つてっちーが鉄道員(ぽっぽや)なので

このアテンダントちゃんは広末涼子さんってことですよね、さすが私。

車内は紅白幕やしめ縄でお正月気分を味わえますので、

期間は短いですが是非乗りに来てください!

それでは最後に津軽半島観光アテンダントと津軽鉄道のみんなの夢です!

2020年も大変お世話になりました!🐁

2021年もどうぞよろしくお願い致します!🐄

Copyright© 2010–2021 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.