津軽のパラダイス?スーパー中谷! ブースカの方ではありません!

2020年5月11日

こんにちは、ちえっちーです。

私は色んな所に行ってみるのが好きです。

通ったことのない道を通ったり、

周りに何があるのかを見たり、

お店に行ってもレーンごとにじっくり見るのが好きです。

そんな私、先日念願かなってやっと行けたお店がありました。

芦野公園駅沿道のこの看板が目印、スーパー「中谷」金木店です。なかや、と読みます。

アンジーの中谷のブースカは「なかたに」なので間違えないでくださいね!(^^)!

津軽鉄道の金木駅からでも芦野公園駅からでも行けますが

芦野公園駅からの方が近いです。

歴代アテンダントの訪問はあったようですが

五所川原駅から徒歩5分ほどの所にある五所川原店にはいったことが

ある私ですが、噂の金木店にはまだ行けておらず、春のミニ研修もかねて

芦野公園駅に降り立った日はまだ桜は咲く前でした。

駅を出て左に進んで行くと約5分程で店の近くの電信柱がにぎやかになります。

店の前の電信柱は発砲スチロールのふたにマジックで書かれたメッセージが、

とても分かりやすく私たちを店に誘います。

にしんのすし、ほっけのすしって

ちょっとちょっと!早くいぐべ!オクラも安!

来た~、すし!津軽の人生長めに生きた方に言わせれば、すす!

握り寿司ではなくて、飯鮨、なれずし、ですね。

発音はどちらも同じなので津軽の諸先輩方と会話するときは

気を付けてくださいね~。

漬物も総菜もいっぱい!全部店内で手作り!

ナンバ味噌やマグロ味噌など色々な味噌は、ご飯にのせて食べるだけでも最高の一品!

この春会えなかった遠くの家族や知り合いに送ってあげるのもいいですね。

味噌といえばこちらもおススメ!

いつでもお手軽に青森の生姜味噌おでんを楽しめる生姜味噌も!

そしてこの中谷のたれも大人気!超おススメ!

 

しょっぺ~ものの紹介の後は。

あめ~もの食べて~な~(甘い物食べたいな~)

あるよ!

 

 

うわ~お、スイートポテトはABA青森朝日放送の番組「ハッピー」で放送されてたもの!

この餅も めったらだ~(美味しそう)!

アテンダントの餅女王みきてぃにここで、「一日中谷の餅売り場女王」やらせたいですね。

青森県のニンニクは質も良くて高級ですがこのお安さ!これは買いですよ!

 

そして店内にはインパクトのある津軽弁メッセージが!

 

でた、難読津軽弁?秘密のケンミンSHOWもお手上げ?

そうでもないけどね。

それではアテンダントティーチャーが解説しましょう。

まず一枚目。

「あつあ、安魚(やすさかな)こはいってらでぁー」

これを買い物に来た金木マダム風に訳すると

「あら~、安いお魚が入荷しているわあ~🌹💖」

です。

「あつあ」の部分は「あっつあ」「わいは」「わい」「おんろー」「すっつあ~」

などでも表現され、人によって変わりますね。

例えば、「~かしら?」という疑問もアテンダントでも分かれます。

「~だぎゃあ?」派がおゆきです。

「~だべが?」派がちえっちー、とみきてぃです。

津軽弁を覚えようとしている方、頑張ってくだい!

 

2枚目、

「おらほの手づくり総菜食べれば、まだすぐ食べてぐなるよー、

1つよげ買(か)らさってまるず~」 こちらは簡単ですね。

「わたしたちの手づくり総菜を食べれば、またすぐ食べたくなるよー。

1つ余計に買ってしまうの~」

です。「まるず」の部分は私だと「まるんず~」と「ん」をいれますね。

 

さあ、こんな感じで食と津軽弁のパラダイススーパー中谷

いつか行ってみてくださいね~。

ネットも発見ありました!➡➡スーパー中谷ホームページ

 

★★★★スーパー中谷お店情報★★★★

金木本店 電話0173-52-3473 青森県五所川原市金木町芦野216-9

五所川原店 電話0173-35-2077 青森県五所川原市鎌谷町112-1

営業時間 朝8:30~夜7:00

年中無休

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ, 五所川原市情報 
Copyright© 2010–2020 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.