うそ八百ほら吹き大会!

2015年4月6日

 

みなさん、こんにちは!みっちょんです(*´▽`*)

今日はあいにくの曇り空。全国各地では桜の便りがあちこちで届いている様子。

こちらはまだまだですが、それでもいつもよりはつぼみの膨らみが大きいような…

今年は早いらしいですからね。後はウソ(鳥の名前)に食べられていませんように。。

 

ウソという鳥がいて、桜の花芽を食べてしまうらしいです。花芽がなければ花は咲けませんから…どうか!と祈るばかりです。

そして。今日の話題はウソはウソでもほら吹きのウソ。

 

昨日、津軽鉄道の終着駅「津軽中里駅」内にある駅ナカにぎわい空間にて開催されていた「中泊町うそ八百ほら吹き大会」に潜入してきました~。

なんと今回は記念すべき第一回。

審査員の方たちも気合が入っております!

DSC_2034

紹介された時の挨拶が「既にほら吹き大会は始まっているのではないか!?」と思わせるほどの話っぷり。

会場は大いに笑いに包まれておりました。

 

そして出場者のみなさん。

今回の挑戦者は6名。

DSC_2036

中泊町  加藤 優成くん

 

 

DSC_2039

青森市  本堂 莉理さん

 

 

DSC_2042

中泊町 秋元 正美さん

 

 

DSC_2043

つがる市  鈴木 敬二さん

 

 

DSC_2044

中泊町  成田 道史さん

 

DSC_2045

青森市  三津谷 あゆみさん

 

「立佞武多を中泊でも!それも634mにしてはどうか!?」

「柿とブルーベリーを勾配させて、大粒で美味しいブルーベリーをつくるべし!」

「わたしは今日、ある人の命を受けてここにやってきました。その人は…徐福さんです!」

などなど、それぞれのほらに会場一同大笑い。話に引き込まれていきます。

 

そして、審査員による厳正なる審査の結果…

柿とブルーベリーの勾配話をした秋元さんが優勝しました!!!

軽快な津軽弁が会場一体を笑いに包んで、みなさん本当に良い顔をしていましたもんね。

地域の人が元気になる、そんなイベントだったのではないかなぁ、とみっちょんもしあわせな気持ちになって帰ってきました(*^_^*)

 

このほらがいつか本当になったら…すごいですね☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ, 中泊町情報 
Copyright© 2010–2017 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.