3.日本最古のりんごの木【つがる市】

平成25年で樹齢135年を迎えたこのりんごの木は、1960年(昭和35年)に青森県指定天然記念物文化財に指定されました。 1878年(明治11年)、本県りんごの先覚者である弘前市藏主町・菊池三郎氏から譲り受けて植栽したものだそうで、当時は20アール程栽培していたそうですが、この場所にある木だけ長生き?しました。通常のリンゴの木は50年くらいだそうです。周りの地形からみても少しだけ高くなっていて、そこだけ水はけがよかったのだろうか?と思われると畑の持ち主が話してくれました。現在もりんごは60箱ほど収穫しています。 また、入場料をとって営業しているわけでないので、畑の仕事中こられると対応しかねるということでしたので、行かれる方はご配慮ください。

住所 〒038-3104 青森県つがる市柏桑野木田地内
電話番号 0173-42-2111(つがる市商工観光課)
営業時間 10:00~15:00(閉園)
定休日 不定休
ホームページURL

http://www.aptinet.jp/Detail_display_00000547.html

入場料 無料
その他 作業をしているので対応ができない時あり/足を運ぶ際は事前につがる市商工観光課へ要問合せください

【アクセス】弘南バス 五所川原-鶴田行(廻堰経由)乗車、「つがる市役所柏支所前」停留所下車徒歩5分

カテゴリー: つがる市, 観光 
Copyright© 2010 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.