NO2.「立佞武多の館」と「津軽金山焼」(五所川原)半日コース

 

 スタート
 行き先01    HP-top-立佞武多
1迫力ある立佞武多を見学できる

立佞武多の館 

 uKGeMeBxwzByf0z3Oj36SqEF2ZgYluGtaU15ExdExSRmDD9iF3ILSsTgVNzok4wz7Zr3G7E06r7vaJfdFHN1PWQZGA--  VTLFqhNxwzB_vx96CADe31Lgko6aeaHEsGFAcr0MAovyiKrYdZhRobUpM06sxj1lRMW
 五所川原市の暑い夏を彩る[立佞武多]は高さ23mもある迫力ある勇壮な姿が見応えです。その立佞武多を常時展示し、見学でき体験や食事まで出来ます。
 立佞武多の館紹介   
 立佞武多の館ホームページ ※入場料などはこちらをご参照ください。

 

 行き先02 五所川原駅前から弘南バス(乗車時間:約30分)か、タクシー(乗車時間:約15分)で移動

弘南バス(津軽能開短大環状線:北回り・南回り)時刻表

 行き先03    HP-top-津軽金山焼
 2新しいのに、懐かしい。

津軽金山焼

  津軽金山焼 (3)   tennai
 「焼き締め」の手法で、深みのある独特の風合いをそなえた焼き物が[津軽金山焼]。土と炎と、作家の情熱が現代に生きる私たちの心を潤す温もりがあります。
 津軽金山焼の紹介  津軽金山焼のホームページ 
Copyright© 2010–2017 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.