2月, 2018年

雪と光のページェント2018の終了レポ🎆

2018年2月16日

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

2月も半ば、天気も冬最後の猛威をふるってるかのようにここ3日間くらい吹雪・・吹雪・・・

でも、今日はくもりです。

少しほっとします。

と言ったそばから雪が降ってきました💦

このように冬の津軽はコロコロ天気が変わりますので、寒さ対策、雪対策万全でお越しくださいね!

 

思えば・・・おゆきがあのイベントをゆっくり見に行った日・・・

恐ろしいくらい猛吹雪で前が何も見えなかった。

そのイベントとはこちら↓

 

津軽まつり~雪と光のページェント~

平成30年2月5日(月)~2月12日(月㊗)

場所:芦野公園(青森県五所川原市金木町芦野84−170)

 

今年のテーマは「芦野公園と『小さな光の復活』」。

 

残念ながら行けなかった!

という方のために今日はダイジェストでお届けします!

 

日中の芦野公園。

入口にはとても心温まる地元の子供たちの画が飾られています。

 

 

 

そんな微笑ましい画のそばで、雪像づくりもしました。(これは未完成の画像)

後に「赤~いりんご」津軽半島観光アテンダントで展示しました。

ちえっちー作成の葉っぱがついた完成の画像、いい画像がとれず・・・あえなく。

 

 

 

近くには大きな滑り台があり、日中は小さな子供たちが喜んで滑っていました♪

 

 

 

そんな芦野公園もライトアップ(17:00~20:30)すると・・先ほどの可愛らしい地元の園児の画も雰囲気が変わります♪

 

 

夜も更けて・・木々も彩られます。

 

 

 

地元の園児たちの灯篭も素敵にライトアップ✨

 

 

 

花や・・

 

 

 

雪だるま・・・戌年なので犬の雪だるまのようです。

 

 

 

たくさんのハート♥

 

 

 

幸せの青い鳥?でしょうか・・・

 

 

 

遠くに見えるのは津軽富士と呼ばれる岩木山にペガサス?!

 

 

 

小さな家に・・

 

 

猫たち・・・

 

 

!!!

 

 

 

おっとびっくり!かまくらでした(笑)

 

 

 

今年も素敵な教会が!

恋人たちはラブラブなベルを鳴らしたことでしょう💕

 

 

 

ん?さっきの画像…後ろに見える赤いりんごの頭は!五所川原市のキャラクター【ごしょりん】。

ということは・・・

やっぱりいた!!!

津軽鉄道のイメージキャラクター【つてっちー】。

衣装はもちろん、今の時季ストーブ列車バージョン。

 

 

2月11日(日)は特別イベントとしてゆるキャラが集合したり、雪上運動会が開催されたり、キャンドル点灯やみんなでバブリーダンスを踊ったり(そう!再度ブレークした荻野目洋子さんのあの歌ですね!)、このように花火が打ち上げられたりしたのです。

 

 

 

そして同日、芦野公園駅のホームは素敵な灯りがともされていました・・。キャンドル?

 

 

いえいえ、LEDのライトで照らされていたのです。

 

 

近くで見ても、まるで炎のようですよね🔥

 

 

 

この素敵な炎を演出してくださったのが、津軽鉄道の陰のプロ職人T氏です。

11日の1日限定だったので、見れた方はラッキー!

おっと、津軽鉄道の列車がやってきました。

 

 

期間中はこのようにイルミネーション点灯された走れメロス号。

 

 

 

 

また来年もこうご期待!

せばね(^^)/

 

 

いまべつ冬牛(とうぎゅう)まつりに集まれ~!

2018年2月14日

皆さま、こんにちは!みっちょんです(*´▽`*)

ハッピーバレンタイン♡

お天気も一段落してくれて、今日は寒いけど吹雪にはならなそう。

皆さま、素敵なバレンタインをお過ごしください★

 

さて!

二月の寒い最中ではありますが、今別町でこんなイベントが開催されます♪

 

いまべつ冬牛(とうぎゅう)まつり

 

開催日時:2018年2月17日(土) 9:00~14:00

開催場所:今別町活性化センター

 

冬の牛と書いて「とうぎゅう」

どうやら牛を戦わせるわけではなさそうです。

冬に牛(牛肉)を食べよう!ということですね。お肉って元気が出ます。

寒い冬、牛肉を食べてみんなで元気に冬を乗り越えましょうよ!

 

いまべつ牛と言えば…

焼肉や…

 

贅沢にステーキ♡

などのメニューが道の駅アスクルで楽しむことができます♪

肉!!!という主張が口の中に広がるほどの贅沢なお肉。それでいて柔らかジューシー★

今別生まれ、今別育ちの牛たちをぜひとも味わっていただきたい。

当日は牛肉の販売もあります。なかなか手に入らないいまべつ牛をぜひこの機会にゲットしてください(*´▽`*)

牛肉販売は9:00から。

そしてナント!!!12:00からは牛鍋の無料振る舞いもあります!

食べたいわー。みっちょんも行きたい!シフトチェックだわ( ̄ー ̄)笑

 

 

この日のイベントは牛肉だけでないですよー。

雪ソリレース(10:00~)にチャレンジしてみませんかー?

二人一組でタイムを競うレース。

一人がソリに乗り、一人がそれを引っ張る。ソリから落ちないように、いろんなところに力がはいりそうですね~。

親子の部と一般の部があるので、ぜひご家族で参加してみてください♪

そして!数字が書いてあるみかんを拾って景品をゲットするトレジャーオレンジ(13:00~)というゲームもあります。

楽しみながらぜひ景品をゲットしましょー★

 

雪遊びもして、いまべつ牛の牛鍋を堪能して…今別町で一日遊び倒しちゃいましょう~。

津軽鉄道で向かう方は津軽中里駅から奥津軽いまべつ駅までのバス半額券もありますので、駅等で発行してもらってぜひご利用くださいね~( *´艸`)

 

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★あじがさわキャンドルナイト2018★

2018年2月12日

こんにちは、ちえっちーです。

今日の津軽も寒いですよー。最高気温が氷点下です。

キーン冷えた空気の日の夜、実はとても静かでロマンチックです。

鯵ヶ沢駅前一帯にキャンドルが灯りとてもきれいな連夜となります。

あじがさわキャンドルナイト2018

30年2月14日(水)15日(木)

鯵ヶ沢駅前広場にて

17:30~19:30

両日とも来てくれたみなさんに数量限定で甘~いプレゼント差し上げます!

①キャンドル点灯時間にご来場の方へ

各日、100個限定でバレンタインチョコをプレゼント!

②駅前広場にて17:30~各日、50食限定でお汁粉振る舞い!

温まる~♪

 

当日は舞戸保育所の園児の皆さんが「わたしたちの家」を

テーマにつくった作品の展示もあります。

イベントのお問い合わせは 鯵ヶ沢観光協会まで(0173-72-5004)

 

少し離れている所にお住まいの方でしたら、

からせっかくなので列車で行くのもお勧めです。

JR五能線、普通列車に乗って弘前発なら13時6分発五所川原発が13時55分、

鯵ヶ沢着が14時25分です。せっかくなので鯵ヶ沢で遅い昼ご飯でも

食べませんか?

東能代方面からは東能代発7時23分、ウェスパ椿山発9時10分

深浦発9時30分に乗れば鯵ヶ沢着が10時32分で

夕方のキャンドルナイトまでたっぷり鯵ヶ沢を満喫出来ますね。

 

それでは、ちえっちーの鯵ヶ沢満腹・満喫おススメスポットを御紹介!

①鯵ヶ沢のチキンボーは2店舗食べ比べるべし!

まずは鯵ヶ沢駅前「たこやき西海(さいかい)」→「あじ行く?」紹介ページ。

そして、はまなす公園横の「たこやきのふくい」→「あじ行く?」紹介ページ。

はっきり言って、どっちも

「め」

②地元のスーパーのぞぐべ。駅前10mくらい、そして右むいて下さい。

あります。そうだ、「パル」行こう。

鯵ヶ沢のスーパーと言えばここ、ほほえみのショッピングセンター「パル」。

ここには鯵ヶ沢名物がざっくざく。鯵ヶ沢名物イガメンチあります!

ヒラメのづけどんあります!たつやのケーキは鯵ヶ沢発祥。パンもケーキも

沢山あります。西海岸唯一の酒蔵、尾崎酒造のお酒を買おう!でもでも、ん~

「安東水軍」が有名だけど、お酒好きなら他のお酒の銘柄もあって迷ってしまうかも。

何種類か買ってしまいましょうか!

③鯵ヶ沢の温泉にも入りたいな~

鯵ヶ沢駅から一番近い温泉は、宿泊もできる「水軍の宿」。

女湯の露天風呂は船ですよ!

 

お帰りの列車は

深浦方面行は鯵ヶ沢発18時25分発が深浦着19時21分。

東能代行きは20時9分深浦出発です。

鯵ヶ沢発20時36分が深浦着21時32分です。

 

五所川原方面行は鯵ヶ沢発18時25分が五所川原着18時55分、弘前着19時43分で、

鯵ヶ沢発19時35分が五所川原着20時05分、弘前着20時56分です。

 

夜なので鯵ヶ沢での宿泊もお勧めです。

ご予約はお早めに~。

 

 

 

 

 

 

2018年も夜汽車BAR in ストーブ列車で良い🍻を☆

2018年2月9日

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

 

2月9日。

清々しい朝で今日は晴れ間も見えそうです。

そして・・・肉の日です。

おゆきはせっかくなので、肉を食べてお酒も飲もうと計画中です💛

とはいえ、一見酒豪に見られることが多いおゆきですが、実はカクテル🍸1杯で顔真っ赤というくらいの弱さです。

そんなおゆきですが、雰囲気でお酒が飲みたいな~と思う時はあるのです。

そう!

こんな素敵なBARだったら、なおさらです!

 

 

 

お待たせしました!

恒例になってきましたこのイベント…

2018年に入って初めての開催…

 

 

夜汽車Cafe BAR in ストーブ列車

2018年2月24日(土)

18:30~21:30

津軽五所川原駅4番線停留列車内

青森県五所川原市大町39

乗車料 500円(おつまみ付)

 

今回も大好評ということで、地元五所川原市にある高校、

五所川原商業高校 商業クラブ特製 ストーブ列車型アップルパイ夜汽車CafeBAR限定でご提供!!

青森県産のりんごをふんだんに使った特製アップルパイをコーヒーと一緒にいただくのもいいですよ♪

車で呑めないとかお酒が苦手な方もジュースなどありますので、ご安心くださいね💛

キャンドルで素敵に変身した夜ならではのストーブ列車内でぜひ乾杯を🍻

 

 

 

さらに

 

 

 

もちろん、今回も

夜の客車シアター

も開催!!

 

時は同じく・・

2018年2月24日(土)

18:30~21:30

津軽五所川原駅 4番線停留列車内

青森県五所川原市大町39

乗車料:無料

 

 

昼とはまた趣の違うレトロなストーブ列車内で、少しレトロな懐かしいあの津軽鉄道の映像の数々をご覧いただけます♪

津軽鉄道の歴史を知っている人も知らない人もひとときのタイムトリップをお楽しみください。

映像は毎回違います。

今回もT氏の選りすぐりの映像をお届け予定ですので、こうご期待を!

そして、客車シアターでは隣りの車両【夜汽車CafeBAR】で購入したカクテルなどのドリンクをこちらで楽しんでもOK!

しかも、飲食物の持ち込みも自由!

ゆっくりお過ごしできますね!

 

では、たくさんの皆さまが津軽鉄道の夜の客車を楽しんでいただけますように🍻

 

せばね(^^)/

 

🍴ランチ&脳トレ✨

2018年2月7日

 

 

 

こんにちは、みきてぃです。

 

 

昨日の午後からの雪☃すごかったですね!!

五所川原地区は夕方にはひざ下くらいにまで積もっていました。

‟これ、もしかして一晩降るの!?”ってビビッていたのは私だけではありませんよね(;´Д`)

私の予想は外れ、夜中は晴天だったようです、よかった~

 

そして、今日も晴れ!!気持ちいい(´▽`*)

しかも、昨日の積雪のおかげで、なんと素晴らしい雪景色

今朝のアテンダント室でも話題になっていましたよ、

‟ゆぎ降ったあど天気いいば、おぐの山だの木の枝さゆぎ積もったけしぎってほんとに綺麗だよな~”

(雪が降った後、天気がいいと、奥に見える山の景色や木の枝に雪が積もっている景色って、本当に綺麗ですよね)

 

 

さて、雪の話でいくらでも盛り上がってしまいますが、そろそろ本題へ(笑)

寒い冬だけど、とってもホッコリしちゃうこんなイベント!!

 

飯詰を元気にする会が主催する

 

お昼を食べる会

そして、午後は「折り紙」で脳トレ!!

 

 

【開催日】 2月11日(日)

 

【時 間】 10:00~14:00頃

     🌺10:00~11:20 ビジョントレーニング

     🌺11:30~ 食事、歓談

     🌺12:30~ 「折り紙」で脳トレ

 

【会 場】 飯詰コミュニティーセンター大広間

      (飯詰郵便局向かい)

 

【参加費】 お一人様300

      (大人、子供同一料金・食事・保険料含む)

      ※お子様だけの申し込みはできません。

 

【申込先】 iidume2012@yahoo.co.jp

       又は080-1833-9316(岡田さん)

 

【締 切】 2月8日(木)

※締切後でも、問い合わせてみて下さい!

       参加できる場合があります!

 

【定 員】 約30~50人

 

 

食事の前に行われるビジョントレーニング

なかなか聞き慣れない言葉ですが、今、話題の目の体操だそう👀

何歳からでもできて、視覚機能が向上するんだそうですよ!!

日頃溜まっている目の疲れも和らぎますね、気になる~( *´艸`)

 

しかも、大注目は和らいだ目も飛び出るその安さ!!

300円!?そうです、300円!!

食事も催しも込みで、これは参加しない手はないです✨

 

この「お昼を食べる会」は来月もあります(3月4日(日))が、

今回は食後に脳トレ!として折り紙をみんなでやります!!

折り紙って奥が深いんですよね~

私も凄く複雑なものに挑戦したことがありますが、本当に難しい💦

出来上がった時の達成感なかなかのものです👍

 

さぁ、2月11日(日)

みなさん、飯詰に出かけてみませんか!?

 

今回は急だなぁっていう方、安心してください!!

この「お昼を食べる会」、3月4日(日)も予定しています!!

 

 

 

 

 

 

 

 

りんごの里の雪まつり🍎

2018年2月5日

こんにちは、ちえっちーです。

今、外は深々と雪が降っています。

雪国育ちでも、やはりこのような情景は飽きることなく、

何度見ても美しく思います。

列車に乗って1日2往復から3往復しますが、

雪の降り方、岩木山の見え方、それにともなう津軽平野全ての

表情が毎回違います。

皆さんにもぜひ、津軽の雪を「楽しんで」欲しいです。

りんごの里、板柳では雪まつりが開催されます。

 

りんごの里いたやなぎ

第31回 雪まつり 

平成30年2月11日(日)

時間 10:00~14:00

場所 板柳町ふるさとセンター イベント広場

⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄⛄

~~ イベントスケジュール ~~

10:00  雪まつり開会式

10:05  みかんまき🍊

景品が当たるクジ付き!

10:15  もちつき

11:00  未就学児レース

11:10  キックターゲット(小学生対象)

ゴールめがけてシュート!高得点を目指そう!

受付 10:30~10:55

12:00  もつけ鍋🍲

無料!今では板柳名物。大好評の豚汁です!

12:20  親子トライアル(2人1組)

親子で協力してゴールを目指そう!

受付 10:30~12:05

13:00  抽選券配布

当日ゲーム受付テント前にて

先着1000名 1人1枚抽選券を配布

13:30  大抽選会 豪華商品が当たるかも!

 

その他にもお楽しみコーナーが沢山です!

★ ジャンボ滑り台 

アノラックさげでまるだげ滑へ~(アノラック裂けてしまうほど滑ってね~)

★ 商工会青年部OBコーナー

ゲーム1回100円。輪投げやダーツなど楽しいゲームあり。

素敵な商品もあります。私が気になるのは~青年部のOBってことは~

もう青年ではないのかな~というところです 😀

★りんごワーク研究所コーナー

来場者の皆様にリンゴジュースの試飲サービス!

★商工会女性・JA女性部 とれたて市 販売コーナー

フランクフルト、焼きそば、おにぎり、おでん、コーナーなど

★建築組合コーナー

先着10名様に「ひばの入浴剤」プレゼント。

住宅相談、質問受け付けます。

フリーマーケットや、1丁500円の包丁研ぎチャリティーあり。

 

すべてのお問合せは主催者まで

りんごの里いたやなぎ まつり実行委員会

板柳町商工会 電話0172-73-3254

板柳町役場 商業振興課 電話0172-73-2111(内線313)

 

当日はあったかくして、いってらっしゃ~い

 

 

 

 

 

 

 

りんご王国・青森に欠かせないもの、りんご箱。

2018年2月2日

皆さま、こんにちはー。みっちょんです(*´▽`*)

今朝は冷え込んだ!寒い!とみきてぃもTwitterに早速画像をアップしていましたが。

みっちょん、基本的に徒歩で移動するので歩いているうちに暑くなっちゃって(;´∀`)

一人で「暑い💦」と言っています(笑)

太陽が出るとねー、日向は結構あったかいです。風もなく、穏やかなので「それなりに」暖かく感じられて気持ちが良いです~。

 

さて!本日のお題は、りんご王国青森に欠かせないもの「りんご箱」です。

先日、留学生の皆さんと一緒にツアーで津軽半島を巡った際、板柳町にある「青森資材うばさわ」さんにお邪魔してりんご箱についていろんなお話を聞かせていただきましたー。

 

まず目につくのが、この幾重にも重ねられたりんご箱!!

弘前方面から五所川原へ向かって国道339号線を車で走ってくると左側に、この積み重なったりんご箱を目にするのですが…みっちょんはずーっと気になっていたのです。

姥澤社長が手にしているのはusedのりんご箱。

りんご農家さんがたくさんのりんごを入れ、市場へ運び…そうして何度も何度も使い込まれたりんご箱たちは一箱一箱味が出てこれもまた様々な需要があるようです。

 

さぁ!りんご箱制作現場です!!

製作所ではリズミカルな金槌の音が響き渡っています。

職人さんの周りには木が山積みになっていて…まるで個室にいるよう。

金槌で大きな音がするからか、耳栓をしている方、イヤホンで何やら聴いている方…様々。

箱をつくっていく手順も職人さんによって違うと教えてくださいました。

まだ乾燥していない、水分が多い木の板をクギで打ち付けていきます。

あっという間に箱が完成し、積み上げられていきます。

箱の形になっても、これで本当の完成ではありません。

木箱を乾燥させて完成です。木に含まれる水分を抜くと軽くて丈夫なりんご箱の完成✨

うーん、りんご箱って奥が深い。

子どもの頃から家には当たり前にあって、バーベキューの時には椅子にも早変わり。

今、りんご箱はお洒落なインテリアとしても注目されているとか。

板柳駅の目の前にはmonoHAUSという木箱を中心としたインテリアショップもあります。

木のぬくもりって良いですよね(*´▽`*)

ぜひサイトも覗いてみてください★

monoHAUS

 

製作所等を見学した後、留学生のみなさんはミニ木箱づくりに挑戦!!

慣れるまで苦戦していましたが、それぞれの出来には満足そうでした(*’ω’*)

 

りんご箱の制作現場。

誇りを持って仕事をする男たちの姿はとっても素敵でした☆

 

 

 

 

 

Copyright© 2010–2018 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.