7月, 2017年

つがる市木造夜の歩行者天国で元気になろう!

2017年7月21日

こんにちは!ちえっちーです。

この季節はどうしてこんなに暑いのでしょうね。

夏だから。言ってしまえば簡単です。夏は暑く、冬は寒くが一番正しい形なのでしょうが、

過ごしやすい気温の方がうれしい、が本音です。

でも、夏はやっぱり祭りの季節!暑い日に熱く熱くなりましょう!!

三新田まつり2017

 

1日目!

7月22日㈯ 18時30~21時00

夜店まつり

 

つがる市木造有楽町と千代町を歩行者天国にして元気ストリート2017と銘打ち、

とても賑やかな2日間のお祭りです。

22日土曜日、花火の合図でスタート!!

沢山のパフォーマー達が歩行者天国のあちこちで素晴らしい技を見せてくれます!

 

出演はこちら☟☟☟

☆総合格闘技(T-Peasure)     ☆ジャズ演奏(青森ジャズクラブ)

☆クマの肩車マジック(森田むらお) ☆ストリートダンス(ELMスーパーダンスチーム)

☆ダンス(女舞姫「メブキ」)    ☆JAZZ(弘大ジャズ研)

☆ブレイクダンス(スーパー高校生) ☆バルーン(クラップ)

☆ヒップホップ(青中短ストリートダンス)☆スーパーマジック(ISAMI「イサミ」)

☆獅子舞(五一高獅子舞同好会)   ☆ギター弾き語り(おれんじ)

☆歌・ダンス(アイドルパフォーマー)☆スーパーダンス(スペシャルブレイク)

 

18:30 地元園児たちによるパフォーマンス(青森県信用組合様隣ステージB)

19:00~つがるライオンズクラブによるかき氷無料振る舞い(島野様隣)

19:00~2日連続木村牧場「つがる豚」による来場者特典(ぎんれい様前)

①170食限定、1カップ100円のサイコロステーキ販売(お1人様2カップまで)

②先着150名様、モツ焼き タレ味無料配布あり(お1様1パック)

 

他、歌謡ショー、グルメ屋台、ビアガーデンなどあり!

 

日曜日も祭りは続く!

2日目!!

7月23日㈰ 18時30~21時00

AOMORI花嵐桜組がやって来る!!

🌸花嵐桜組のステージは、アート印刷様隣のステージCにて20:00から、

ぎんれい様隣のステージDにて20:30からの予定です🌸🌸

23日は三新田神社前で18:30~甘酒無料振る舞い、

19:00~カワキ様隣にてスーパーダンスショーあり

 

パフォーマンスも土曜に引き続き盛り沢山。(一部日曜のみの出番の団体もあります。)

あちらこちらでビアガーデン、出店、歌も引き続き盛り上がります!!

 

せっかくの歩行者天国です。あっちへ行ったりこっちへ行ったり、食べて、飲んで、

観て、歌ってと忙しいと思いますが、それも楽しいですね~。

皆様!小雨決行です!!大いに楽しんでくださいね~!

 

🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇

7月24日(月)には歴代弘前藩主の祈願所として崇敬庇護され、境内には藩主が手植えしたと

伝わる推定樹齢300年の銀杏の大木(夫婦イチョウ)が残されている、三新田神社の例大祭が

13:00~14:30まで行なわれ、13:30~拝殿にて津軽神楽の奉納があります。

🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇🏇

 

津軽(西北五地区)&交流都市のうめぇもの大集合するよ~🎵

2017年7月19日

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

今日は風もあり涼しく過ごしやすい津軽です。

今朝のアテンダント室の気温は26.5度。

あの30度越えの日々に比べるととってもHappy!

ただ、梅雨明けしていないのに雨が少ないのが心配です。

なぜって?

田んぼや畑はもちろんですが、今降らないと立佞武多の祭り期間に降ったりするから

それは避けたいですよね!

だってだって・・・

今年は・・・

五所川原立佞武多運行20年目!

 

 

 

という記念すべき年ですから、今年の立佞武多も五所川原の歴史にちなんだ作品になっていますね!

こんな特別な年ですから、いつもの立佞武多まつりとは違います!

五所川原市を中心に近隣都市(西北五)&交流都市のめぇもの(美味しいもの)を集めた物産フェアを開催します!

西北五&交流都市

物産フェア

平成29年8月4日(金)8月5日(土)8月6日(日)

開催時間 15:00~21:00

開催場所 市場中食堂駐車場(五所川原市大町502-5)

 

 

西北五地区(西津軽郡・北津軽郡・五所川原市)の美味しいもののみならず、交流都市の物産までラインナップ!

楽しみ~♪

交流都市である千葉県船橋市と茨城県鹿嶋市の物産は、日にち限定ですのでご注意を!

では出店先をご案内ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

 

☆千葉県船橋市 ふなばし産品ブランド協議会 ▶8月5日(土)・6日(日)限定

 ●市立船橋アスリートウォーター

 ●船橋にんじんドレッシング

 ●ボーソーの米油

 

☆茨城県鹿嶋市 ▶8月4日(金)限定

●釜揚げしらす

 

★五所川原市 コミュニティカフェ でる・そ~れ

 ●中まで赤~いりんごジュース各種

 ●中まで赤~いりんごジャム

 ●ルージュエスペランス ほか

 

★五所川原市 かなぎ元気村「かだるべぇ」

 ●馬まん(みそ味・しょうゆ味)

 ●しとぎもち

 ●ぐるごま

 ●うんぺい

 ●米っ娘 ほか

 

★五所川原市 福士とうふ食堂

 ●とうふイカめんち

 ●豆乳プリン

 

★つがる市 津軽ブランド推進会議、JAごしょつがる

 ●小玉スイカ

 ●メロン

 

★鯵ヶ沢町 赤石川の金の鮎塩焼き

 ●鮎の塩焼き

 

★深浦町 漁師のおやつ屋さん&広福丸直売所

 ●海鮮おやき

 ●漁師のたこやき

 ●マグステ海鮮串

 ●水産加工品 ほか

 

★板柳町 Ringo Work

 ●アップルジュース

 ●クールアップル

 ●アップルジャム ほか

 

★鶴田町 津軽ぶどう村スチューベンジュース

 ●完熟スチューベン現役

 ●スチューベンジュース

 ●鶴の舞橋通行手形

 

★中泊町 川山商店

 ●焼きイカ

 ●スルメ

 ●揚げ物

 

★中泊町 中泊町特産品直売所「ピュア」

 ●冷やしトマト

 ●ブルーベリー

 ●きゅうり一本漬け ほか

 

 

め~もの(美味しいもの)が勢ぞろい!

迷ってまるな~

 

 

ふわふわの豆腐入ったイカめんち とか・・・

 

 

幻の赤石川の金の鮎の塩焼きも最高!

 

 

喉渇げば、しゃっけ~飲み物あるし!(喉渇けば、冷たい飲み物あるし!)

五所川原市でしか栽培されない赤~いりんごジュースに

ニューヨーク生まれ鶴田町育ちのスチューベンジュース、

りんごの町板柳の微炭酸で大人の🍎ジュース、クールアップルもおススメ!

つがる市のメロンも食べたいなあ!

海鮮おやきも気になる・・

小腹が空いたら馬まん!

少しほろ酔いで焼きイカや冷やしトマト、きゅうり一本漬けを肴にしてもヨシ🎵

 

と・・おゆきのように迷っちゃってください!

でも、現地には迷わなず行ってくださいね(笑)

場所はコチラ↓

五所川原駅より徒歩約3分ほどです。

 

お問合せ先:五所川原市 観光物産課

      ℡0173‐35‐2111(内線2557)

 

では、お楽しみに~

せばね(^^)/

 

 

 

暑くなったらやっぱりコレよね~🍧

2017年7月17日

 

 

皆さんこんにちは、みきてぃです。

 

暑い日が続いていた津軽も、昨日ので一旦クールダウン☂

梅雨時期の本格的な雨は昨日が

農作物にとっては恵みの雨でしたね!!

 

さて、暑くなってきたら食べたくなりませんか?!

そう、アレです。

 

かき!!

 

先日も「マツコの知らない世界」でかき氷が特集されてました。

私も拝見しておりましたが、どれもおいしそうだったなぁ(◍>◡<◍)✨

暑いし、みんな食べたくなってきているはず・・・

 

ということで、金木地区、取材に行ってまいりました~!!

この取材当日は気温30℃越え、日差しも容赦ないかき日和

 

まず、芦野公園の食堂

 

🌸桜の駅🌸

 

何味があるのかなぁ~

 

 

種類、っ!!

散々迷った挙句、やっぱり”赤いりんご”(^^)/

 

写真のカップ 200円
通常のかき氷カップ(大) 150円
(小) 100円
ミルク +50円

 

この甘酸っぱさがイイ!!

食べ進めていると、店主が「ミルクもかげれるんだ(かけられるよ)」と、

練乳好きの私は、すぐにかけてもらいました。

 

 

甘酸っぱいのもさっぱりとしていて良かったですが、

ミルクでまろやかになったのもやはり美味しい😋

甘いのが苦手な方でも、この赤いりんご味ならさっぱり召し上がれると思いました!!

 

「桜の駅」

住所 青森県五所川原市金木町芦野84-171

電話 0173-26-5227

営業時間 9:00~18:00(夏時間、季節により変動)

不定休、冬季休業

 

 

さて、つづいて~

こちらも芦野公園の食堂

 

🌸秋食堂🌸

 

津軽鉄道の線路脇の、

そう!カレー味噌おでんのお店です!

 

おでんに見とれていて、はっ!今日はかき氷!!と我に返りメニューを確認。

 

 

このメニュー表もいい味でてますね~(´-`)✨

再び散々迷いオーダー、

昔ながらのかき氷機で丁寧に仕上げていきます。

 

 

 

メロン(大150円)あずきミルク(250円)!!

ボリュームも満点でしたが、裏切らないおいしさでペロリ完食でした(^_-;

毎日でも食べたいかき氷!!

 

「秋食堂」の詳細はこちらからどうぞ。

秋食堂

 

 

それでは、最後は津軽鉄道 芦野公園駅隣のコチラです。

 

🌸赤い屋根の喫茶店「駅舎」🌸

 

早速、メニュー発見!

 

 

メニューはこの2種類

りんごも気になるところですが、

店主の「ミルクセーキおいしいよ~」の一声でそれを注文(^^)/

 

やってきました!

 

ミルクセーキかき氷 500円

 

さくらんぼ🍒がイイ!!

そして、粗目の氷が何か懐かしく頂いていると、新しい発見が!!

もともと昔、ミルクセーキはかき氷だった!とのこと。

え~!?恥ずかしながら、甘~い飲み物だとばかり思ってました!!

こんな感じ。

そんな思いにふけっている間に、完食!!

 

 

このミルクセーキかき氷は想像ほど甘くなくて、

お店のレトロな雰囲気とマッチして、どこか懐かしい感じがしました(*^-^*)

 

「駅舎」の詳細はこちらからどうぞ。

喫茶 駅舎

いかがでしたでしょうか?!

金木地区かき特集☆彡

皆さん、食べたくなったんじゃありませんか?!

 

 

あっつい夏は、かき氷で決まり!!

 

 

あ、最後に駅舎で取材中に来たメロス号(^^)/~

 

 

 

 

 

 

いよいよお目見え、五所川原立佞武多2017

2017年7月14日

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

毎日暑い日が続きますが、ニュースでは熱中症で死亡など出ています。

なんでも喉が渇いたと感じてから水分補給だと遅いみたいですね。

とにかく口を潤すことを第一にこの夏を乗り切りましょう!

 

夏を乗り切る・・・

五所川原はこれがないと夏じゃない!

という夏のシンボル、それが五所川原立佞武多です。

今では五所川原市民のみならず訪れる方々を魅了してしまう、立佞武多。

今年のテーマは「纏まとい」。

下絵がこちら↓

 

制作者への思いはコチラ↓

 

立佞武多、高さ23メートル重さ19tという大きなねぷたをまつり期間5日間のために1年かけて製作する。

はっきり言って、すごいことです。

熱い魂がないと出来ない偉業だと思います。

 

五所川原市民のその情熱はどこからくるのか?

 

制作者の説明にもあるように、昭和19年11月、東北一の豪邸と言われた「布嘉御殿」を含む市街地の大半700戸余りが火災により焼失しました。

鎮火したのは出火から約6時間後のことでした。

焼野原と化した五所川原市の市街地。

戦争そして敗戦という暗い時代背景の中、五所川原市民は再建にむけて努力していました。その矢先の昭和21年11月のことです。

再び大火が起こりまたもや700戸あまりが焼失してしまいました。

どん底から這い上がる精神、成し遂げた再建・・・これが五所川原市民の魂に受け継がれているのでしょう。

 

その立佞武多の制作が大詰め!

2017年7月12日から始まり、本日14日ついに完成となったのです!

その模様をご紹介します!

 

平成29年7月12日(水)

立佞武多の土台となる台座が完成!

 

 

この上に立佞武多の主軸・佞武多部分が乗っかります。

 

 

 

平成29年7月13日(木)

立佞武多の組み立てです。

みきてぃが行った時は、このように火消しの男性(ねぶた部分)は完成していたそうです。

 

 

 

 

 

これが纏(まとい)の部分です。

 

 

上の部分がどんどん組み立てられます。

 

 

炎の部分と纏も合体です。

 

 

 

 

平成29年7月14日(金)

今日は昨日合体させた纏・炎部分を佞武多本体と組み立てする日です。

纏は注意深く微調整。

 

 

クレーンで運ばれる纏・・。

 

 

乗っかりました~!!

 

 

 

ついについに!

初お披露目!

今年の新作立佞武多「纏(まとい)」完成!!

 

 

 

後ろの見送り画もクローズアップ!

 

 

 

 

五所川原市街地一面を焼けつくす炎に立ち向かった先人の姿がそこにあります。

ぜひ、その雄姿を生でご覧ください!

 

≪立佞武多・ねぷた合同運行≫

平成29年8月4日(金)~8日(火)

午後7時~9時

 

その他の期間は立佞武多の館(JR五所川原駅より徒歩5分)

立佞武多展示室(入館料 大人600円)でご覧くださいね!

詳しくは 立佞武多の館ホームページ 

 

をご覧くださいませ。

 

本日のブログは

取材:みっちょんみきてぃ

文責:おゆき

でお送りしました。

せばね(^^)/

 

 

 

 

 

飯詰で座禅体験してみませんか?

2017年7月12日

皆さま~、こんにちは!みっちょんです(*´▽`*)

突然ですが、皆さんの趣味は何ですか?

好きなことをやっている時って本当にしあわせな気持ちになりますね~。

楽しくて、時間も忘れてしまう。みっちょんはいろんなことに興味があって、やってみたいことがたくさん!

今日はその中の一つをご紹介しましょう。

 

座禅体験

 

日 時:2017年7月23日(日)  10:00~13:00頃

場 所:長円寺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加費:2,000円(座禅体験、食事、保険料含む)

募集人員:60名

申込締切:7月16日(日)

申込先:飯詰を元気にする会 岡田さん 080-1833-9316 iidume2012@yahoo.co.jp

 

座禅指導と講話は長円寺の副住職・清野暢邦ちょうほう)氏が行ってくださるそうで、何とこのお方。

世界各地へ布教に歩いているというすごい方。

今回の講話では「終活」についてもお話いただけるそうですよ。

 

そして、お料理もまたすごいらしい…(@ ̄□ ̄@;)!!

日本料理店「かぐら」の料理長であおもり食命人でもある、玉川幸広氏

※写真はいずれも前回のもの。イメージしやすいよう、ご紹介させていただきます。

 

座禅体験ができて、有り難いお話も聞けて、その上超豪華な精進料理まで食べられる!!

こんな良いことってありますか!?

毎回、タイミングが合わずなかなか体験できないみっちょんですが…今回はいかにっ!!!

体験できたら、高校の修学旅行で京都のお寺に行った時に体験して以来。

あぁ…想像だけで心が洗われた気になってきた…☆ 笑

皆さんもぜひご参加くださいー!!

先着60名だからね。お申込みはお早めに★

 

 

 

 

ホタルはこれからが見頃!

2017年7月10日

皆さ~ん、こんにちは!みっちょんです(*´▽`*)

こちら津軽でも連日暑い日が続いています。

6月末まで暖房をつける日も多かったのに…さすがにもう必要なさそうです(笑)

上がるとなると一気に上がるんだもんなぁ。困っちゃう(;´・ω・)

まぁでも暑いのが苦手な雪国仕様の身体を持つみっちょんたちとは違って、蒸し暑いの大好きー!

なホタルたちはまだまだこれからが見頃★なので、皆さまぜひとも一度観ていただきたい♪

 

先週末の土日に運行された津軽鉄道ホタル列車に揺られながら行って来た、中泊町「ホタルまつり」は地元の人を中心にとっても盛り上がっていましたよー!!

その時の様子をお届けしたいと思いまーす♪

 

18時ちょうどに津軽五所川原駅を出発した列車内では、津鉄応援直売会のイネ子さんが車内販売を行っていました。

最近、テレビや雑誌を賑わせているミサオおばあちゃんの笹餅や炊き込みご飯、きゅうりの漬物など旅のお供に最適な品々がたくさん!みなさん車内で腹ごしらえをしながら中里へ~。

何やらお客様がボードを持っているのがわかりますか?

ホタルの一生ってどんなかなぁ?そんな話をみきてぃからしてもらいました。

お客さまはボードを見ながら一生懸命聞いてくれていたのがとっても印象的でした☆

みっちょんがこんなことをして遊んでいる間もみきてぃは真剣そのものです。

 

さぁ。津軽中里駅についてからはバスに乗り換えて、ホタルまつり会場へ。

ホタルの幼虫の大好物・カワニナの放流が行われていました!

役場の方たちが補助をしてくれるので、安心して参加できます(*´ω`*)

 

先着70名ということもあり、長蛇の列です(@ ̄□ ̄@;)!!

ホタルはもちろん夜に飛ぶので、しばし出店やステージイベントを楽しんで…

 

20時過ぎ頃からホタルが飛び始めます。

そろそろかなぁ…と、まつり会場からバスが待っている場所まで暗いところをゆっくりと歩いていくと…

あちこちから「わぁ…!」「見えだ!」「いだいだ!」などと、歓声が聞こえてきます。

小さい身体で明るい光を放ちながらたくさんのホタルたちが飛び交っていました。

草むらに目を移してみると、そこでも光っているホタルたち。休憩中か、もしくはメスか…

今、飛んでいるのは主にゲンジボタルとのこと。ヘイケボタルはもう少ししたら飛び始めるよー。

と、教えてもらいました(*´▽`*)

中泊町はヒメボタルも見ることができますよ~。

今月いっぱいくらいはホタル観賞を楽しめるので、ゆっくりと行ってみるのもいいかもしれませんね★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月16日は外ヶ浜町で「港まつり」だよー!!

2017年7月7日

こんにちは!みっちょんです(*´▽`*)

今日は爽やかな暑さ…いや、気温は上がりそうですが(;´∀`)湿気がなく幾分過ごしやすい気がします。

いよいよ夏本番!という感じでしょうか~。

夏と言えば海!

青森は三方を海に囲まれているので海関連の催しも結構多い。

今日はそんなイベントのお知らせです♪

 

外ヶ浜町 港まつり

開催日:2017年7月16日(日)

場 所:外ヶ浜町蟹田漁港

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太宰治が友人たちと花見をした場所・観瀾山公園。

この文学碑の先(下の方)に見えるのが蟹田漁港です。トップマストが目印。

【トップマスト】

 

9:40からはホタテ抽選会なるものがありますよー。

新鮮ホタテをゲットするチャンス♪

お買い物をすると抽選券をもらえるそう。3枚の抽選券で一回抽選!

ステージプログラムも面白そうではないですか~。

12:25からの中年オールスターズショーって一体!?

と思ったら…横山ひできさん、ささきまことさん、エルビス・トッキーさんという豪華メンバーではないですか!!

これは楽しみ♪ (´艸`*)

 

もちろん、物販も。

10:00からのイカ釣り(100円)やヒラメつかみ取り(500円)なんてもう!

昨年からイカが獲れないと大騒ぎしているくらいですからねぇ…ちょーお得☆

カヤック体験も気になるところ。

フェリー見学会もあります!

懐かしい写真を使ってみたりなんかして★

 

無料コーナーがかなり充実!

ホタテ焼きにホタテ釣り、米粉の棒パン焼き、じゃがいも焼きとこれはもう全部やってみるしかないんじゃない~??

 

三連休の中日、まだ予定が決まっていない方はぜひとも外ヶ浜町へお越しください~!

 

 

 

 

太宰治・小説「津軽」の世界を楽しもう♪

2017年7月5日

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

今日は風があって気温も最高25度の津軽ですが、さすが梅雨時期むしむししています!

湿度が高いだけで、体感温度も変わりますね~

こんな時海の近くは涼しい風が吹いているのでしょうか・・・。

海と言えば、鯵ヶ沢、深浦・・・小泊!

その海処小泊に太宰治の小説『津軽』の像記念館があるのはご記憶でしょうか?

そう!

小説「津軽」の舞台ともなったこの場所。

小泊は小一時間もあればぐるっと周れる小さな漁師町ですが、

その太宰と思い出深い地で興味深い写真展を開催中!

何の写真展か?

それはこちら☟

 

北海道新幹線奥津軽いまべつ駅開業一周年記念

名作をポケットに

太宰治・小説「津軽」に登場する男性写真展

平成29年3月26日

~平成30年3月25日

(※10月1日~3月31日は月・火曜日休館)

 

 

開催場所:小説「津軽」の像記念館

開館時間:午前9時~午後4時30分

入館料 :小学生・中学生 50円、高校生・大学生 100円、一般 200円

<お問合せ先>

小説「津軽」の像記念館

(詳しい場所はコチラ↑をクリックしてくださいね)

℡0173‐64‐3588

青森県北津軽郡中泊町大字小泊字砂山1080‐1

 

 

太宰治が友人たちと津軽を旅行した様子などが克明に記されている小説「津軽」。

読んだことがある方は、N君やM君などイニシャルで登場する人物がどんな容貌なのか想像していたことと思います。

それがこの写真展を見ると判明します!

顔がわかるとまた登場人物が身近に感じられるし、小説「津軽」も実際に太宰治が辿った記録であることも実感するのではないでしょうか。

写真展を見た後、実際に太宰同じルートをたどってみるのも楽しそうですね。

爽やかな風を感じながらドライブも良さそう🎵

長い期間開催している写真展ですが、ぜひ雪のない今の季節に行ってみませんか?

 

★おまけ★

七夕列車は7月7日まで。今週はアテンダント浴衣乗務。

今日の浴衣アテンダントは私、おゆきでした。

 

せばね(^^)/

 

 

 

賑やかにあでやかに開催!オルテンシアフェスティバル

2017年7月3日

こんにちはちえっちーです。

今日の津軽は雨模様です。全国的にも雨が大変強く降るところもあるということで、

心配しております。皆さん、お出かけの際は十分ご注意下さいね。

雨が似合うものと言って思い浮かぶのは何ですか?

やはりアジサイではないでしょうか。

ご存知の方も多いと思いますが、あの綺麗なお花の色づいているところ、

じつは花弁ではなく、がくなのです。

品種も実に多数存在しますね。私も今年の母の日に栃木で生まれた「きらきら星」という

品種の紫陽花をプレゼントしました。売り場にあった島根生まれの「万華鏡」という紫陽花も

とっても素敵で来年はそちらにしようかなと思っています。

さて、五所川原市にはふるさと交流圏民センター「オルテンシア」という施設がありますが、

オルテンシアという名前はイタリア語で「アジサイ」を意味するのだそうです。

ですのオルテンシアにはアジサイが100種類1400株植えられています。

毎年、アジサイに囲まれて賑やかに催されるこちらのイベント。

いよいよ、今週末の開催です!

オルテンシアフェスティバル2017

日時 7月8日(土)、9日(日)

場所 五所川原市オルテンシア

(住所:青森県五所川原市幾世森24-15 ☎0173-33-2111)

色々なイベントが盛りだくさんで大変な賑わいをみせるフェスティバルです。

一部ご紹介します!

 

水上ステージ

8日(土)りんご娘・風西鶴・新谷隼平・他

9日(日)グルービンジャズオーケストラ・斉藤治・MSG・うたい人味季・阿部トリオ・他

 

何と!8日は愛踊祭(あいどるまつり)2016日本一になったりんご娘さんと

2013年のNHK第16回熱血オヤジバトルで日本一になった風西鶴さんが出るでは

ありませんか!W日本一で豪華ですね~見ねば!!

 

♪ロビーでもコンサートがあります。(リーディングサークルさくら他)

🚙オールドカーの展示は車好きにはたまりませんね~。

🍅農家の方のマーケットもあります!

トマト、タマネギ、ハーブ、さくらんぼ、屏風山メロンと屏風山スイカ

 

●植物観察会あります 講師 津軽植物の会 木村先生(雨天決行)

日時 9日㈰ 1回目10時~11時30分/2回目 13時~14時30分

 

★水辺のお子様縁日 1回50円 ハズレなし

スーパーボールすくい

射的場

輪投げ

 

他にアジサイ写真コンテストや舞台設備見学もあります。

同時開催はアートクラフト展あじ彩も開催です。

県内外から陶芸、ガラス、染色、木工、布織、アクセサリー作家さんが大集結です。

 

食べ物屋さんも出るので、私も食べ物片手にいろいろ楽しみたいですね。

皆さんもぜひ、お仲間を誘って行ってみてください。

楽しいですよ~

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2010 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.