1月 18th, 2017年

H29.2.27 アテンダントと行ぐべ!津軽の地酒と鍋でぬぐだまるツアー

2017年1月18日

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

昨年の12月からお正月にかけてほぼ雪がなかったここ津軽。

ようやく雪化粧されたいつもの津軽の冬景色になりました。

でも、最近、今日のように日中は0度を上回り2~3度と気温が上がっております。

早く来ないと雪が解けちゃうかも(笑)

 

 

さて

 

 

1月、2月は津軽地方が最も雪深い時期です。

その寒い時期にあえて、参加していただきたいツアーがあります!

それがこのツアー・・・津軽半島観光アテンダントプレゼンツ!

 

 

 

ツアーチラシ

 

 

~津軽半島観光アテンダントと行く~

冬本番!奥津軽の文化を味わう 

あったか鍋と地酒のストーブ列車旅

平成29年2月27日(月) 0泊1日

 

今回のツアー、簡単に言うと

さんび~津軽でめ~鍋食って、酒っこ呑んでぬぐだまるべ!という企画です。

え?わがんねがった?

仕方ない、訳すが(笑)

寒い津軽で美味しい鍋を食べて、お酒を飲んであったまろう!という企画です。

 

 

気になる行程は次の通りです。

津軽鉄道・津軽五所川原駅前 8:50集合 9:00出発

奥津軽いまべつ駅 10:30集合

道の駅いまべつ「半島ぷらざアスクル」(見学・休憩)

★今別町はイノシシや昆布などの海藻類が名産!

イノシシフランクなどここの道の駅でしか買えないものがあるのが魅力💛

お酒のお供さがしもgood!

金木げんき村かだるべぇ(旧傍島家)にて

冬の定番ご当地グルメ「じゃっぱ汁定食」(昼食)

★金木元気村かだるべぇは実は冬期間(12月~3月)お休み中なのですが・・・

特別に開放していただきます!

そして、こちらは旧傍島家。傍島家(そばじまけ)は太宰治の叔母きゑの娘ふみの嫁ぎ先であり、

ふみの夫正守氏は太宰の尋常小学校時代の恩師であり、太宰の文才をいち早く見抜いた人なのです。

そんな太宰治のゆかりの地でもある古民家で、

囲炉裏を囲みながらいただく津軽のご当地グルメじゃっぱ汁!最高ですよ~

※写真はイメージです。

津軽鉄道・ストーブ列車乗車(金木~津軽五所川原)

金木駅13:16発 津軽五所川原駅13:42着

★呑みたい人はお待たせしました!ここから呑めます(笑)

昭和20年代の貴重な車両に揺られながら冬の津軽の雪原を走ります。

列車内ではオリジナルの地酒・ストーブ酒やスルメなどを販売!

アテンダントがスルメは車内の備え付けダルマストーブの上で美味しく愛情をこめて焼き上げます💛

きっとあなた様の頭ではお好きな演歌がこだまするでしょう。

🎵津軽~平野に~雪降~る頃はヨォ~♪

🎵さかなはあぶった~イカでい~い~♪

🎵津軽~海峡~ふ~ゆげ~しき~♪

立佞武多の館(見学)

★やはり奥津軽に来たからには、この迫力を感じていただきたい!

青森ねぶたや弘前ねぷた、はたまた黒石ねぷたにつがる市の馬ねぶた・・

ねぶたの種類は様々ですが・・・なんといっても五所川原の立佞武多はスケールがでかい!

高さ23m、重さ19tもある巨大ねぷたを人力で引っ張って街を練り歩く大きなお祭り。

去年の8月4日~8日迄に使用された立佞武多を実際に生でじっくりご覧いただけます!

~津軽最古の酒蔵~

竹浪酒造店(酒蔵見学と試飲)

★ここは津軽で一番古い酒蔵。酒蔵見学をした後、美味い地酒を試飲できます!

そして、ツアーの特典である「美味しい地酒をプレゼント!」はこちらの清酒でございます♪

お酒の販売も行っているので、お好みのお酒の購入も可能ですよ~

津軽の酒はめ~はんで(美味しいから)お楽しみに!

道の駅つるた「鶴の里あるじゃ」(見学・休憩)

ご当地の美味しいものが安く手に入る道の駅。

鶴田町はミューヨーク生まれ津軽育ちのぶどう・スチューベンが特産品。

特産品の加工品他、鶴田町特産の小麦「ゆきちから」を使用したびっくりパン他バケツ豆腐などジャンボなものがあるのが面白い!

※品切れなどの際はご容赦くださいませ。

新青森駅(解散)

17:05~17:15

津軽五所川原駅前(解散)

18:00

 

どうですか~!

これだけ盛りだくさんの日帰りツアーなのです!

募集人員は20名!

最小催行人員は10名なので、こじんまりと小さなバスで移動します。

少人数で仲良く一緒に旅しませんか?

この津軽の冬でぬぐだまる嬉しい内容で、参加費はお一人様

13,000円です!

呑みたい方でなくても、楽しめる内容です!

全ての行程は津軽半島観光アテンダントがご案内します!

しゃべりに磨きをかけておきます(笑)

ぜひともたくさんの皆さまのご参加をお待ちしております!

宜しくお願い致します。

 

ツアーの約款

ツアーお申込みのご案内(約款)

 

 

※お申込みはこちらの申込書をお使いくださいませ。

 申込み書をご記入の上、お申込み先へFAXをご送付くださいませ。

ツアー申込書

 

<お申込み先>

〒037-0063

青森県五所川原市字大町38

青森県知事登録第2-18号 全国旅行業協会会員

弘南観光開発株式会社 五所川原営業所

℡0173‐35‐3211

fax0173‐35‐3556

営業時間:9:30~18:00

土・日・祝日休み

 

<お問合せ>

〒037‐0063

青森県五所川原市字大町39

NPO法人津軽半島観光アテンダント推進協議会

℡0173‐26‐7520

fax0173‐26‐7521

営業時間:8:00~17:00

定休日なし

 

 

せばね(^^)/

 

 

Copyright© 2010–2017 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.