1月, 2017年

GO!GO!恋人の聖地❤

2017年1月20日

 

こんにちは、みきてぃです。

 

お正月があっという間に過ぎたと思ったら、

1月も残すところ1/3・・・

そんなに月日が経った記憶はないのですが・・・

早いですね~(-_-;

 

既に、巷では雛人形のCMも流れていますが、

その前に!!

忘れちゃならないイベントが控えていますね!!

豆まき、もそうですが、

ほら、ほら~♪

恋人同士お友達家族など

み~んな甘い幸せな気持ちになれるヤツですよ~

そう、バレンタイン

 

そして、今年もやります!

ポッキー恋人の聖地LOVEコラボしたこの企画

バレンタイン フォトコンテスト2017

 

日本各地の「恋人の聖地&サテライト」で撮影した、

全国のラブラブ❤ツーショットを募集!!

恋人同士はもちろん友人・家族なども可

 

【応募期間】

2017年1月14日(土)~2017年2月28日(火)

 

【応募条件】

①日本全国にある「恋人の聖地」「恋人の聖地サテライト」周辺で撮影された記念写真

②カップル(二人)で写っていること(友人・家族なども可)

 

【応募方法】

WEBによる応募、投稿(専用サイト、Facebook、Twitter)

 

【受賞発表】

2017年3月19日(日)

 

応募写真はなんとスペシャルサイトに掲載されます!!

さらに優秀作品に選ばれると、宿泊券ペア入場券特産品など豪華賞品が~(^^)/~~~

 

【その他、フォトコンテストの詳細、応募はコチラ

 

そして、この辺の恋人の聖地は

「立佞武多の館」

ですね!!

 

え?!そうなの!!?と思われた方!

そうともでございます!!

2014年に認定されているんですよ~

当時、「恋人の聖地」銘板授与式には

我らがみっちょんも参加させていただいております(^u^)/

 

さ~ら~に~

スペシャルバレンタイン

ってことで

2017年2月1日(水)~2017年2月14日(火)

バレンタインウィーク期間中、

「恋人の聖地&サテライト」では

スペシャルプレゼント

ポッキーまたはポッキーシューター(ポッキー型の風船)

が貰えちゃいます!

 

【スペシャルバレンタイン実施の恋人の聖地、サテライトはコチラ

 

ちなみにポッキーはこの企画限定パッケージだとか・・・

その一部の画像を入手しましたのでご覧あれ~

 

さらに別バージョンもあるみたいですよ~

さぁ、どれが貰えるかはあなたの次第!!

貰ってからのお楽しみですね~(^^♪フフフッ

 

もちろん、立佞武多の館でもスペシャルプレゼントの配布が行われます!

恋人の聖地、立佞武多の館やその周辺で写真を撮った、

また応募したなど、受付カウンターにアピールして頂いた方に、

プレゼントを差し上げるそうですよ~(^^)

 

※プレゼントはなくなり次第終了でございますので、

 あらかじめご了承願います。

 

さあみなさん!

素敵な写真を撮って豪華賞品やスペシャルプレゼント狙っちゃいましょう!!

 

 

 

 

 

 

アテンダントと行ぐべ!津軽の地酒と鍋でぬぐだまるツアー

2017年1月18日

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

昨年の12月からお正月にかけてほぼ雪がなかったここ津軽。

ようやく雪化粧されたいつもの津軽の冬景色になりました。

でも、最近、今日のように日中は0度を上回り2~3度と気温が上がっております。

早く来ないと雪が解けちゃうかも(笑)

 

 

さて

 

 

1月、2月は津軽地方が最も雪深い時期です。

その寒い時期にあえて、参加していただきたいツアーがあります!

それがこのツアー・・・津軽半島観光アテンダントプレゼンツ!

ツアーチラシ

 

 

~津軽半島観光アテンダントと行く~

冬本番!奥津軽の文化を味わう 

あったか鍋と地酒のストーブ列車旅

平成29年2月27日(月) 0泊1日

 

今回のツアー、簡単に言うと

さんび~津軽でめ~鍋食って、酒っこ呑んでぬぐだまるべ!という企画です。

え?わがんねがった?

仕方ない、訳すが(笑)

寒い津軽で美味しい鍋を食べて、お酒を飲んであったまろう!という企画です。

 

 

気になる行程は次の通りです。

津軽鉄道・津軽五所川原駅前 8:50集合 9:00出発

奥津軽いまべつ駅 10:30集合

道の駅いまべつ「半島ぷらざアスクル」(見学・休憩)

★今別町はイノシシや昆布などの海藻類が名産!

イノシシフランクなどここの道の駅でしか買えないものがあるのが魅力💛

お酒のお供さがしもgood!

金木げんき村かだるべぇ(旧傍島家)にて

冬の定番ご当地グルメ「じゃっぱ汁定食」(昼食)

★金木元気村かだるべぇは実は冬期間(12月~3月)お休み中なのですが・・・

特別に開放していただきます!

そして、こちらは旧傍島家。傍島家(そばじまけ)は太宰治の叔母きゑの娘ふみの嫁ぎ先であり、

ふみの夫正守氏は太宰の尋常小学校時代の恩師であり、太宰の文才をいち早く見抜いた人なのです。

そんな太宰治のゆかりの地でもある古民家で、

囲炉裏を囲みながらいただく津軽のご当地グルメじゃっぱ汁!最高ですよ~

※写真はイメージです。

津軽鉄道・ストーブ列車乗車(金木~津軽五所川原)

金木駅13:16発 津軽五所川原駅13:42着

★呑みたい人はお待たせしました!ここから呑めます(笑)

昭和20年代の貴重な車両に揺られながら冬の津軽の雪原を走ります。

列車内ではオリジナルの地酒・ストーブ酒やスルメなどを販売!

アテンダントがスルメは車内の備え付けダルマストーブの上で美味しく愛情をこめて焼き上げます💛

きっとあなた様の頭ではお好きな演歌がこだまするでしょう。

🎵津軽~平野に~雪降~る頃はヨォ~♪

🎵さかなはあぶった~イカでい~い~♪

🎵津軽~海峡~ふ~ゆげ~しき~♪

立佞武多の館(見学)

★やはり奥津軽に来たからには、この迫力を感じていただきたい!

青森ねぶたや弘前ねぷた、はたまた黒石ねぷたにつがる市の馬ねぶた・・

ねぶたの種類は様々ですが・・・なんといっても五所川原の立佞武多はスケールがでかい!

高さ23m、重さ19tもある巨大ねぷたを人力で引っ張って街を練り歩く大きなお祭り。

去年の8月4日~8日迄に使用された立佞武多を実際に生でじっくりご覧いただけます!

~津軽最古の酒蔵~

竹浪酒造店(酒蔵見学と試飲)

★ここは津軽で一番古い酒蔵。酒蔵見学をした後、美味い地酒を試飲できます!

そして、ツアーの特典である「美味しい地酒をプレゼント!」はこちらの清酒でございます♪

お酒の販売も行っているので、お好みのお酒の購入も可能ですよ~

津軽の酒はめ~はんで(美味しいから)お楽しみに!

道の駅つるた「鶴の里あるじゃ」(見学・休憩)

ご当地の美味しいものが安く手に入る道の駅。

鶴田町はミューヨーク生まれ津軽育ちのぶどう・スチューベンが特産品。

特産品の加工品他、鶴田町特産の小麦「ゆきちから」を使用したびっくりパン他バケツ豆腐などジャンボなものがあるのが面白い!

※品切れなどの際はご容赦くださいませ。

新青森駅(解散)

17:05~17:15

津軽五所川原駅前(解散)

18:00

 

どうですか~!

これだけ盛りだくさんの日帰りツアーなのです!

募集人員は20名!

最小催行人員は10名なので、こじんまりと小さなバスで移動します。

少人数で仲良く一緒に旅しませんか?

この津軽の冬でぬぐだまる嬉しい内容で、参加費はお一人様

13,000円です!

呑みたい方でなくても、楽しめる内容です!

全ての行程は津軽半島観光アテンダントがご案内します!

しゃべりに磨きをかけておきます(笑)

ぜひともたくさんの皆さまのご参加をお待ちしております!

宜しくお願い致します。

 

ツアーの約款

ツアーお申込みのご案内(約款)

 

 

※お申込みはこちらの申込書をお使いくださいませ。

 申込み書をご記入の上、お申込み先へFAXをご送付くださいませ。

ツアー申込書

 

<お申込み先>

〒037-0063

青森県五所川原市字大町38

青森県知事登録第2-18号 全国旅行業協会会員

弘南観光開発株式会社 五所川原営業所

℡0173‐35‐3211

fax0173‐35‐3556

営業時間:9:30~18:00

土・日・祝日休み

 

<お問合せ>

〒037‐0063

青森県五所川原市字大町39

NPO法人津軽半島観光アテンダント推進協議会

℡0173‐26‐7520

fax0173‐26‐7521

営業時間:8:00~17:00

定休日なし

 

 

せばね(^^)/

 

 

金木のたこ焼き~♪

2017年1月16日

 

こんにちは。

今日はお天気が良くてとっても嬉しい気持ちのみきてぃがお送りします♪

 

そうなんです!

最近降り続いていた雪もなんとか一段落(?)して、

今日は津軽平野の遠くまで見渡せましたね~

また、雪の影響でセンター試験にも各地で影響が出ていましたが、

受験生のみなさん、2日間本当にお疲れ様でした!

まだ、これが終わりではないと思いますが、

体調など崩されないで、力を発揮してくださいね!!

 

さて今日は!!

おいしい情報をお送りすべく私が降り立ったのはこちら!!

 

金木~金木~金木だよ~♪♪♪

天気が良かったので、道路に雪は残っていないですね~

 

この金木駅を背に少し進むと、

運命の分かれ道(笑)

 

駅から斜陽館まで歩いたことのある方でしたら見覚えのある分かれ道ですね。

これを左へ進むと、

あ!!見えてきた!!!

 

え?見えない?!

じゃあ、もう少し進んでみましょう。

 

と、その前に!

見過ごせない太宰治スポットが現れましたね~

“太宰治疎開の家(旧津島家新座敷)”

 

立ち寄りたいところですが、

今日は目的地へと足を進めたいと思います。

 

でも一つ!

気になっている方もいらっしゃるかと思います・・・

側溝のふた開きぱなし~!!

 

安心してください!

この側溝は流雪溝で、集めた雪を捨てるところなんです!!

ちょうど雪かきをしているところだったんですね~

誤って、落ちないように気を付けないといけませんね!!

冬、散策をするときはボーっと歩いてたらだめですよ(◎o◎)!

 

少し脱線している間に、

目的地へ到着~!!

 

今日ご紹介する

「多古軒」さん

です(#^^#)

 

昔から地元民に愛される懐かしの味を提供しています!

看板にもあるように、

なんと言っても外せないのが、

みんな大好き

“たこ焼き(450円)”♪

 

そう、マヨネーズはかかっていません!

甘辛いソースプリプリのたこ青のりの風味

もう手が止まりません(^^)

シンプル イズ ベスト!!

 

そして、もう一品☆

“焼きそば(420円)”

 

これもウマイ!!

キャベツと豚肉のシンプル焼きそば(*^^*)

昔から変わらない味なんですよ~

紅ショウガがいいアクセント♪

オススメで~す

 

他にも好み焼ゃが丸君など、

目移りしちゃいますね~

全部食べたい~(^u^)

 

お近くまでいらっしゃいましたら、

ぜひお立ち寄りくださいませ~♪

 

★多古軒★

〒037-0202 五所川原市金木町朝日山418-4

営業時間: 11:00~19:00頃

定休日:不定休

電話:0173-52-2052

 

 

 

 

【追記】

現在、じゃが丸くんは販売していないとのこと。訂正し、お詫び申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

凧・たこ揚がれ~♪

2017年1月13日

こんにちはー。みっちょんです(*´▽`*)

1月ももうすぐ半分というところ。

雪が積もらず「冬らしくないねぇ」なんて話していたのも懐かしく感じてしまう程…ここ数日は吹雪・ふぶき・吹雪…の荒れ模様でしたね。

全国ネットのニュースにもなったりして。

「降る時期だから」や、「この時期はいつもこんな感じだから」とインタビューに応えている雪国の人たちを見て「流石だ」と思ったみっちょんです。

そう、当たり前なのですよ。今年の今までが降らなかっただけで。

雪国とは、これが当たり前の風景なんです。

そして、雪が降り積もった田んぼの中で楽しむ遊び…

 

第6回奥津軽凧揚げ大会

 

今年もやります、凧揚げ大会。

津軽凧は雪の中でこそ映えるものなので~、雪が積もったこれからは最高ですねぇ♪

 

開催日時:2017年2月5日(日)

     9:30~ 開会式  10:00~ 凧揚げ大会競技開始

 

A.子供の部  B.創作凧の部  C.津軽凧一般の部(西の内8枚版以下)  D.津軽凧一般の部(西の内9枚版以上)  E.団体の部(西の内20枚版以上)  F.レディースの部

参加料:無料

場所:五所川原市七ツ館三輪小学校前水田

申し込み締め切り:2017年1月25日(水)必着

※当日も受付可能とのこと。

 

 

【お問合せ・連絡先】

 奥津軽凧揚げ大会実行委員会事務局

  五所川原津軽凧連合会会長  外崎 勝博さん

 五所川原市長橋字藤島261-2  電話:090-4881-1336

 

 

津軽凧はねぇ、奥が深いのですよ!

7年前にみっちょん取材させていただきました。

 

半紙2枚分が1枚凧ですから、8枚版以下だとしても…半紙16枚分!

うん!半紙16枚分がどれくらいの大きさかもはや想像できない!!(;´∀`)

とにかく大きいということですよ。

そして、骨組みに青森ヒバを使っているという贅沢さ☆

凧について詳しく知りたい方は、コチラをクリック(^_-)-☆  奥津軽トレインアテンダント 2010年11月11日ブログ

 

 

ブンブンと音が鳴るので子どもの頃は「ブンブン凧」って言っていたような…

小学校の時、図工の時間につくったことがありますが…見事に揚がりませんでした(-_-;)

あの時につくった凧はどこにいっただろうか。。

 

みなさんも自慢の凧を揚げに、そして観に!行ってみましょ~♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの立佞武多が街を練り歩く!!

2017年1月11日

 

こんにちは、みきてぃです。

 

外は鳥肌が治まらないほどの寒さですが、

毎年アツイ立佞武多アツ過ぎるコンテストをご紹介します!!

 

年を重ねるごとに盛り上がっていく五所川原立佞武多。

約80年ぶりに復活をとげ、

祭りとして運行が開始されてから今年で20年を迎えます。

立佞武多20周年の今年、

新作立佞武多(まとい)」の制作も

既に始まっていますね!!

記念すべき節目の今年はどんな迫力を見せてくれるでしょうか!?

今からとてもとてもとっても楽しみですヽ(^^)ノ

 

そして、

やります20周年記念事業!!パッパラ~♪

子供たちを対象とした、

立佞武多下絵コンテスト

パチパチパチ~

 

 

なんと、

最優秀作品は小型立佞武多(高さ約5m)として制作し、

今年のお祭りでの運行、

さらには立佞武多の館内に展示したり、

PRイベントなどでの利用も予定されています!

 

あなたの立佞武多が祭りに出陣するんですよ!!

これは凄い!!

さすが20周年だわ~

 

対象

小学校1年生~中学校3年生(市内外問わず)

 

募集内容

・未発表のオリジナル作品、1人1作品。

・白黒の作品、アニメなどのキャラクターを使用したものは審査対象外です。

・題材は自由です。

・四つ切画用紙(54cm×38cm)を縦に使用し、人形部分のみに色をつけて描いてください。

・作品は折り曲げずに応募用紙と一緒に立佞武多の館受付にお持ちください。(郵送可)

・応募用紙は立佞武多の館、五所川原駅前案内所に設置しています。また、近日中に立佞武多の館、五所川原市観光協会のホームページよりダウンロードも可能となります。

 

各賞

最優秀賞1名(実際に小型立佞武多を制作、運行!)

優秀賞1名(賞状+副賞)

立佞武多制作者賞3名(賞状+副賞)

 

応募締め切り

2017年2月12日(日)まで

 

その他

発表は2月下旬を予定しています。

・応募作品は原則返却いたしません。

・応募作品の著作権は立佞武多の館に帰属します。

・制作監修は大型立佞武多師です。

・受賞作決定後、制作は立佞武多の館1Fホールでの公開制作と致します。

 

お問合せ

立佞武多の館

TEL 0173-38-3232

 

と、こんな感じ!!

凄い!自分の描いた絵が実際に形になり、

さらには運行されるなんて\(◎o◎)/!!

 

みきてぃも応募!!・・・と思いましたが、

残念、惜しくも(?)年齢が対象外ですね(^^;

 

さぁ、子供たち!!

こんなチャンスそうそうないですよ~

未来の立佞武多師のご応募待ってます!!

 

今年のお祭、また一つ楽しみが増えましたね♪

 

 

 

 

祝30周年 地吹雪体験ツアー近日スタート

2017年1月9日

こんにちは、ちえっちーです!

津軽は今夜あたりから雪になりとうとう積もりそうです。

水曜日からはしばらくマイナスの気温がつづき冬本番到来という感じがします。

ちえっちーの卒業した小学校は今はもうないのですが、冬は賑やかに雪上運動会なるものが行われておりました。

歩くスキー、雪上サッカーなどが行われたものです。

サッカーと言えば今、この時間、開催中の全国高校サッカー選手権大会!

青森山田高校の皆さんに今度こそぜひ優勝していただきたい!

思いおこせば私がまだ小学生だった頃、青森県の高校サッカーはそれほど強くありませんでした。

そんな中、珍しく勝ち進んで私が興奮したのを憶えているのが五戸高校の手倉森兄弟です。現在大活躍中の手倉森監督ですね。

あの頃から考えたら、青森県のサッカーレベルの向上は本当にすごいですよね。

青森の深い雪藪をこいで足腰を鍛えているであろう山田の皆さん!ちえっちーに優勝するところを見せておくれ!

さあ、このように雪の深い藪をこぐことで足腰の鍛錬になりますが、雪でこんな事もできま~す。

金木で地吹雪体験!

 

⛄ 地吹雪体験ツアー ⛄

 

 

平成29年1月21日~2月下旬まで

開催場所 青森県五所川原市金木地区

■体験日程
1月21日(土)
1月22日(日)
1月29日(日)
2月5日(日)
2月12日(日)
2月18日(土)
2月19日(日)

料金 中学生以上2500円  小学生以下 500円 尚、13歳未満は保護者の同伴が必要です。

お支払い方法 当日現金でお支払い下さい。

予約は1日前の10時まで受付

開催条件・体験の中止について

雨天でも開催しますが、荒天の場合は中止になり、その場合現地までの旅費の賠償はできませんので、ご了承下さい。

雨でも晴れでも催行はありますが地吹雪がない日もあります。

当日のキャンセルは体験料金の100%かかりますのでご注意下さい。

開催条件・天候不良による中止やその際の交通費・キャンセルなど注意事項がありますので

詳しくはこちらのホームページからご確認頂くか、下記お問合せ先にて十分ご確認願います。

お申込み、お問い合わせ先

津軽地吹雪会 

〒037-0202
青森県五所川原市金木町朝日山272-5
営業時間 9:00~18:00
定休日 月~木曜日

電話 080-3195-4036

 

今年で早いもので30周年を迎える金木での地吹雪体験ツアー。

今年は鯵ヶ沢町、平内町、今別町でもそれぞれ1日ずつ地吹雪体験が行われるということで、仲間が増えつつあります。

近年では多くの外国人のお客様にもお楽しみ頂き大評判です。

月曜深夜の人気番組で日本各地の何故か外国の観光客の皆さんが大勢集まっている場所の一つとしても紹介された程の地吹雪体験です。

角巻やかんじきを用意してお待ちしておりますので、バチバチ顔に当たって息できない程の地吹雪を体験しに来てください!

 

 

今年も熱き戦いが始まる!ゴニンカン世界選手権大会!!

2017年1月6日

明けまして、おめでとうございます。

今年の目標も痩せること(キレイに)、ちえっちーでございます。

本日も津軽の天気は穏やかで気持ちが良いです。

雪が見たい観光のお客様には本当に申し訳ないことですが、もう少しすると将軍様がやって来るらしいので

気持ちはいつも町娘の私はブルブル震えております。

すごい雪を見たい方は下町のナポレオン将軍様的なものをひっかけてあったまってから、

将軍様と津軽にお越しいただいても良いかもしれませんね。

でも、こちらにいらっしゃったら飲むのは津軽の地酒でお願いしますよ~。い~っぱいありますからね。

私も正月に、お酒をほとんど飲まない実家から、津軽の地酒をこそらっと拝借しようとしたのですが、

もっと太ると阻止されました。

糖質はあるけど、悪者扱いの日本酒さんごめんなさい。

母親はあれを料理に使おうとしている。もったいない、むしろそれを阻止せねば!!

「将軍様」「阻止する」など戦いが連想されましたところで今年もこちらの世界大会の開催でございます!

 

第23回 ゴニンカントランプ世界選手権大会

 

平成29年1月15日(日)開催

会場 五所川原市民体育館

(住所:五所川原市栄町20-1)

※スリッパはご持参下さい。禁煙です。

 

入場受付時間 8:00  開会式 9:00 

大会終了16:00

 

競技種目 

団体戦(1チーム6人)、個人戦(有段者、一般)

 

参加資格

性別、年齢、国籍問わずどなたでも参加できます。

遊び方が全くわからない方やプレイに全く自信が無い方には体験コーナーもあります。

 

募集人員 

1000名(先着順)

参加料

1人2000円(当日登録は1人3000円) 団体登録の場合1チームにつき1000円(チームにトランプ1個進呈)

ゴニンカン体験は、お1人1000円(高校生以下無料)

 

申し込み締め切り 平成29年1月10日(火)

 

【注意】申し込みには申込書の提出や参加費を事前に口座へ振り込む等、諸手続きがありますのでご注意ください。

 

詳しいお申し込み方法はこちらをご覧ください

↓ ↓ ↓

第23回ゴニンカントランプ世界選手権大会公式サイト

 

競技方法

団体戦・・・個人戦での6人の得点を合計して順位を決定

個人戦・・・クラス別に1回戦1時間を4回戦い、合計点数により順位を決定。尚、同点の場合、高年齢順とします。

 

各賞もりだくさんの商品あり

 

うわ~募集人数は1000人、盛りだくさんの入賞商品!って興奮しますね~

私の父も昔、大晦日から正月まで、しょっちゅうトランプ大会参加で忙しそうでした。

仲間と楽しめる良い思い出をあなたもつくってはいかがでしょうか?

 

 

 

冬の幻想的な世界…雪と光のページェント★

2017年1月4日

皆さま~、こんにちは!みっちょんです(*´▽`*)

思ったより雪が少ないんですねぇ。と、県外からいらしたお客さまに言われます。…そうなんです。

今年は雪の降り始めは早かったものの、降ったと思ったら気温が上がりあっという間に溶け、また積もり、また溶け…と、何だか天気が落ち着きません(;´∀`)

気が付けば年が明け周りにはうっすらしか雪がない状態です。

雪を見に来た県外からのお客さまにとってはちょっと物足りなさを感じるかも?

地元民は雪かきがなくて「楽ちんだ~♪」と思っていますが…ね(^^;

昨日、天気予報を見ていたら雪マークも出ていたのでそろそろ積もってくれるかなぁ?

 

雪がなけりゃ困るイベントもありますからね☆

そう、今年もあります!このイベント♪

 

雪と光のページェント

 

開催日:2017年2月6日(月)~2月12日(日)

 

毎日イルミネーションの点灯があります!

点灯時間: 17:00~20:30

この期間中は津軽鉄道でもイルミネーション列車が走ります♪

 

今回のテーマは「FLOWER~希望~」

地元の中学生からイルミネーションのアイディアを募集し、地元高校生が一生懸命制作する。

そんな地域密着型のイベントです☆

年々イルミネーションの腕が上がっていて、今度はどんなものが登場するだろう?と毎回わくわくしています。

昨年は「愛」がテーマでした♡

 

2015年は「芦野公園と小さな宇宙の星灯り」

雪とイルミネーションてどうしてこんなに素敵だと思ってしまうのでしょうね(´▽`*)

真っ白な雪の中に灯るイルミネーションたちを今年もどうぞ堪能してください♪

 

更に!

最終日の2月12日(日)14:00~18:30は限定イベントも開催します!!

雪上運動会、ゆるキャラ写真会、ステージイベント、冬の花火など催し盛りだくさん!

日中の雪上運動会は毎年子どもたちが賑やかに参加してとっても楽しそう!

みっちょんたちはそれを津軽鉄道車内から「楽しそう…」と眺めているという(笑)

 

冬の花火も素敵ですね♪

皆さま、ぜひとも津軽の素敵で幻想的な冬を観に、そして楽しみにいらしてください!

アテンダントも今年は何の雪像つくるか考えねば~。

綺麗な雪像をつくるためにも…雪よ降れー。

 

【お問合せ先】

太宰ミュージアム運営委員会

事務局  特定非営利活動法人かなぎ元気倶楽部

  電話:0173-54-1616

雪と光のページェント公式ホームページ

 

 

 

 

 

 

✿正月のめぇもの✿

2017年1月2日

 

皆様、改めまして、

 

新年あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いいたします

 

新年の幕開けブログをお送りしますのは、

I❤おもちみきてぃです。

 

さて、

年末年始、たくさん食べたり飲んだりする機会が増えると思いますが、

皆様、どんな美味しいものを食べましたか??

 

なになに~

おせちカニ尾頭付きの鯛お寿司ステーキカレーどん兵衛・・・次々に出てきますねぇ!!

これは、お住まいの地域によって多少の違いがありますよね。

様々な地域の美味しいものに興味津々の私ですが、

今日は、お正月、津軽でよく食べられているものをいくつか紹介しちゃいます(^^)

 

まず、

茶碗蒸し!

 

これはだいぶ浸透してきたんじゃないですか!?

そう!!甘いやつです

そして、何と言っても知っていただきたいのは、

そのだくさんっぷりなんです。

えび、たけのこ、しいたけ、板麩、しらたき、鶏肉、なると等・・・

そして、肝心の

栗の甘露煮!!

 

茶碗蒸しの中身はこんな感じになってます♪

 

賑やかですね~

いいですね~

 

だしの効いたたまご液には、栗の甘露煮の汁も入れますよ!

これは癖になる美味しさ!!

個人的には通年食べています(^^)

 

2番手は、

馬肉の煮込み!

 

わい~めったらだじゃ~

(あらまぁ、おいしそうね)

たけのこ、高菜、ごぼう、凍み豆腐、味噌がベストマッチです!

よく煮込んであるので馬肉もプルプル柔らか

箸が止まらないという事故が起こります(^^;

 

3番手は、

子和え!

 

人参切るの大変だけど・・・

真鱈の時期といったらこれ!

たらこの塩味プチプチ感、人参の甘みシャキシャキがいいんです!!

素朴で美味しい一品♪

 

そして締めくくりは、

けの汁!

 

もっと切るの大変・・・

材料や切り方、味付けは家庭により異なりますが、

だいこん、人参、ごぼう、わらび、ふき、油揚げ等々・・・

優しい味噌味のこれは、暴飲暴食になりがちな今の時期、

弱り切った胃腸の救世主ですね!!

このけの汁は、何日も食べられるように濃いめに味付けし、

大量に作り置きをして、

食べる時に好みの味に薄めて調理し、いただきます。

※材料を切る際、腱鞘炎にはお気を付け下さいね♪

 

皆様、だいぶ食べたくなったんじゃありませんか?!

アテンダント一同お待ちしております、

美味しいものいっぱいの津軽で(^^)/

 

まだまだ紹介しきれない正月のめぇ~(おいしい)もの、

い~っぱいあるんですが、

それはまたの

み~

 

 

 

おまけのきな粉餅♪

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2010 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.