11月, 2016年

五所川原市観光施設がお得になるよ★

2016年11月30日

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

今日は11月30日。11月最後の日になりました。

明日からは12月師走突入です。

明日は津軽鉄道ストーブ列車も運行ですね。

一番列車は153列車から津軽五所川原駅11:45発ですが、10:40~津軽三味線演奏などのセレモニーがあります♪

詳しくはこちらをご覧くださいね→津軽鉄道ホームページ

 

さて

 

明日、

12月1日~始まるもの

・・・他にもあるんです!

それがコチラ↓

scn_0001

 

 

 

五所川原市の主要観光施設の入館料がお得な周遊券です!

参加施設は全部で3つ!

①立佞武多の館

〒037‐0063 青森県五所川原市大町506‐10

TEL:0173‐38‐3232

FAX:0173‐38‐4646

HP:http://www.tachineputa.jp/

【休  館  日】1月1日

【開館時間】4月~9月 9:00~19:00

      10月~3月 9:00~17:00

【入  館  料】大人:600円  高校生:450円  小中学生:250円

※五所川原市の夏祭りである高さ23mもある立佞武多を展示。迫力ある立佞武多をさまざまな角度から見学できる施設です。

 

 

②Y.C.M 吉幾三コレクションミュージアム

〒037‐0063 青森県五所川原市大町508‐4(立佞武多の館向い)

TEL:0173‐26‐6686

FAX:0173‐26‐6687

HP:http://www.ikuzo-cm.jp/

【休  館  日】8月13日、12月31日~1月1日

【開館時間】10:00~17:00(※8月4日~8月8日は21:00迄)

【入  館  料】大人・大学生:800円  中学生・高校生:450円  小学生以下:無料

※オリジナルグッズの販売他、本人直筆の書やステージ衣装・愛用楽器を展示。

プライベート映像の上映や無料でステージ衣装の試着体験もできます。

 

 

③まちなか「思ひ出」パーク 太宰治「思ひ出」の蔵

〒037‐0063 青森県五所川原市大町501‐2

TEL・FAX:0173‐33‐6638

HP:http://www.machinaka-go.co.jp/

【休  館  日】12月31日~1月2日、8月13日~8月14日

【開館時間】10:00~17:00

【入  館  料】大人:200円  中学生・高校生:100円  小学生以下:無料

※五所川原市出身の文豪・太宰治が幼少の頃慕った叔母きゑ一家の蔵を再築した資料館。

小説「津軽」にも登場する蔵。

 

五所川原まちなか周遊券

<税込み価格>大 人:1,100円

       高校生:600円

       中学生:450円

 

周遊券の便利なポイントは次の通り🎵

■とにかく料金がお得!最大500円割引に!

■3施設どこでも購入可能!

■ご利用期限なし!

■周り切れなかったところは次回利用可能!

■どの施設も徒歩1~2分圏内!

 

尚、3施設すべて駐車場を完備しています。①立佞武多の館以外は無料開放しています。

大型車での周遊券ご利用で留め置きされる場合は、立佞武多の館へご相談ください。

駐車場の場所は五所川原まちなか周遊券チラシでご確認くださいね★

五所川原させっかく来たんだば、この周遊券利用してお得に全部周ってみへ~~~~

訳:五所川原にせっかく来たのなら、この周遊券を利用してお得に全部周ってみてね~~~~

 

せばね(^^)/

 

☆青森ひばのお仕事☆

2016年11月28日

 

 

こんにちは、みきてぃです。

 

先日の雪、11月にしてはすごかったですが、

皆様いかが過ごされましたでしょうか?

寒がりの私は・・・

ストーブを背負って歩きたい気持ちでした・・・

 

 

さてさて、今日は青森ひばにスポットを当ててお送りいたします!!

 

青森ひばと言えば、まな板を筆頭とした調理小物、お風呂用品やおもちゃ、インテリア、香りに関するものまで日常的に幅広く使われていますよね。

皆さんにも身近な存在ではないかと思いますが、当たり前すぎて実は知らないことがいっぱいあったりします。

 

そんな青森ひばに触れるフォーラムが開催されます!!

 

scn_04

scn_0005

 

青森ひば生業(なりわい)づくりフォーラム

Viva!Hiba!-未来への提言-

 

平成28年12月10日(土) 13:00 ~ 16:00

主会場 : 青森市森林博物館(青森市柳川2丁目4-37)

募集定員 : 40名(各コース10名)

参加費 : 無料!!

締切日 : 平成28年12月2日(金)

 

参加申込書はコチラ

 

 

県木である青森ひばを生業に生きる各分野の“巨匠”たちとの交流を通して、

青森ひばの魅力に触れてみませんか?

 

第1部 13:00 ~ 14:00

“巨匠”たちによるトークセッション

「青森ひばまるごとミュージアム構想について」

 

第2部 14:15 ~ 16:00

“巨匠”たちと交流しながら学ぶ(分科会)

①青森ひばのあるライフスタイルを一緒に語ろう!(森林博物館)

講師 市川総合設計室<青ヒバの会>代表

市川皓一氏

②青森ひばの香り(セラピー)実践・体験!(森林博物館)

講師 リラクゼーション&タカラ貝マッサージサロン フロリエイド代表

久保田薫氏

③青森県で唯一の青森ひば曲げ物師の技を学ぶ!(森林博物館)

講師 ひば曲げ物職人 境勇三氏

 

④日本三大美林青森ひば林を実際に歩いてみよう!(眺望山県民の森)

講師 奥津軽トレイル倶楽部代表 伊藤一弘氏

 

 

第2部は各コース定員が10名なんですね!

そうなんです!!

早く申し込まないと満員になっちゃいますね!

その通りなんです!!

 

でも、どれも気になる・・・

え~っと、う~ん、そーだな~、でも~・・・

私が一番気になるのは・・・

青森ひば曲げ物!!

せいろ、おひつやひしゃくなどいろいろありますが、

ん?見たことないという方、こんなイメージです。

scn_000

手書きかよ!!

って思った方、ご了承くださいませ。

詳しくはネットで検索してくださいね~

 

これは、使うたび味が出てきて、

手にも馴染み、愛着がでてくるやつですね(^_^)/

 

そこで!

曲げ物について少し調べてみました。

曲げ物はひばの木目を生かし、手に優しく馴染む一品で、

材料として使われるひばは耐久力があって、

樹脂成分が多く、水分がしみにくいのが特徴。

そのひばを型枠を使わず、

「ロゴ」と呼ばれる丸太に巻きつけるように少しずつ転がすことで、

ゆるやかな曲線美が生み出されている。

 

ふむふむ、まず、すごい手間がかかっているようですね・・・

だからこそ!

曲げ物の道具たちは、長きにわたりいい仕事をしてくれているわけですね!!

 

青森ひば、曲げ物について調べたら他のことも知りたくなっちゃいましたね~

今回紹介したフォーラムで青森ひばの魅力にどっぷりつかっちゃいましょう!!

 

 

 

 

 

みっちょん、モニターツアーを案内する。の巻

2016年11月25日

皆さま~、こんにちは!みっちょんです(*´▽`*)

昨日は東京方面でも各地で雪が降っていましたねぇ。

慣れない雪道。怪我などしないよう、気をつけて歩いてくださいね。

こちらは、というと22日夜から雨が雪に変わり今も雪が降ったり止んだり。

大人の休日倶楽部パスも昨日から始まっています。青森にいらっしゃる方は温かくしてきてくださいねー。

 

さて!

今日の話題は、タイトル通りです(笑) 先日行ってきました「モニターツアー」

その時の様子をお届けしまーす♪

今日は長いです。写真多めでお届けしたいと思います☆

 

 

まず、みっちょんが向かったのは…

16-11-22-09-47-55-881_deco

すっかりお馴染み「奥津軽いまべつ駅」

みっちょんが巨人のようです(笑)

駅の改札で参加される皆さまとご対~面!して、まず始めに行ったのが中泊町は小泊漁港です。

dsc_4742

dsc_4745

 

小泊漁港婦人部のみなさんのレクチャーによる「のしいかづくり体験」

スルメを炙って、機械で大きく引き伸ばされたイカを受け取ります。

スルメのサイズ変化に「おぉ~」という声が上がっていました(´▽`*)

 

のしいかという自分でつくったお土産をゲットした後は、漁港へ向かいます。

dsc_4749

活ハマクラブの方の案内で小泊漁港で水揚げされた魚の話やどんなことがここで行われているのかなどの

説明を受けながら進んで行きます。

そしたらナント!!

ちょうどブリが揚がってきて漁師さんたちが作業中(≧◇≦)

なかなか見る機会のない光景にみっちょんが一番興奮していました!(笑)

良いブリの見分け方も教えてくれましたヨ☆

 

そして、この後はお待ちかね!試食タイム~♪

dsc_4752

dsc_4753

大粒のサザエの串焼きと、寒い冬には欠かせない津軽の郷土料理・じゃっぱ汁‼!

じゃっぱ汁は鱈のあら汁ですが、今回は身を多めに入れてくれましたー。

絶っっっ品★

 

今回のツアー参加者は北海道の方が多かったのですが、北海道ではサザエが獲れないらしく「初めて食べた!」

という方が多かったです。

dsc_4751

今回ご案内してくださった活ハマクラブと小泊漁港婦人部の方。

お料理の説明もしてくださいました。

心温まるおもてなしをありがとうございました♡

 

この日は風が強く(地元の人はまだ良い方だ~、と話していましたが(;´∀`) さすが日本海!)

漁港歩きの後の暖かいじゃっぱ汁は身体に染み渡るようでした(´▽`*)

お腹も満たされた皆さんですが、続いてお昼ごはんタ~イム!

中泊町の名物・メバルの刺身と煮付け膳

ふぅ~、お腹いっぱい♪と、いうことで続いては津軽鉄道・津軽中里駅へ。

金多豆蔵人形芝居を堪能です。

 

dsc_4754

津軽鉄道車内では、車掌さんとアテンダント・ちえっちーが大活躍!

乗り合わせていた地元の方も楽しんでくださっていて、嬉しくなったみっちょんです(*´▽`*)

 

その後、ご一行は立佞武多の館へ。

大きな山車に感動しているようでした。

ここまでが一日目。

 

そして、二日目のスタート!!!

まず行った先は五所川原市は金木地区。

dsc_4758

dsc_4765

前日の夜から雪に変わった津軽地方。

うっすらと積もった雪の上を、そして時々舞う雪の中を歩いていきます。

金木の街を案内してくれるのはもちろんかなぎ元気倶楽部の皆さん!

楽しいお話に参加者の方々は終始笑顔です☆

 

雲祥寺を見学した後は太宰治疎開の家「旧津島家新座敷」へ。

ご主人・白川さんの話に引き込まれていく皆さま。

dsc_4767

お話に引き込まれていったところで、ちょっと休憩。

地元のお菓子と共にお茶タイム♪

続いて向かったのは…太宰治の生家・斜陽館

大きなお家にこれまた皆さん感動していました。

引き続き案内人はかなぎ元気倶楽部のお方☆

dsc_4771

 

そして、お昼ご飯タイムを挟んで向かった先は…

dsc_4776

dsc_4778

今年放送された「大人の休日倶楽部」のCMで吉永小百合さんが訪れていたこの場所・鶴田町は鶴の舞橋

地元で街歩きガイドを務める岡さんがご案内。

鶴の「へぇー」な話をたくさん聞くことができて、みっちょん含めみなさん満足そう(*´▽`*)

雪が積もってしまったため、残念ながら橋を渡ることはできなかったけども、撮影スポットを教えてもらって

一生懸命カメラのシャッターを切っていました。

と、そこに登場したのが…

 

dsc_4781

ツル多はげます会のみなさんですー。

はげます会の皆さんの自己紹介に一同爆笑(笑)

寒い中、元気に法被姿でお出迎え。岩木山をバックにしたがえ、見事な吸盤綱引きを見せてくれました!

dsc_4783

見ている全ての人を笑顔にしてくれる。そんな光り輝く人たちが鶴田にいます。

 

あー、面白かった。ということで最後は道の駅「あるじゃ」でお買い物タイム♪

皆さん思い思いのお土産品を手に入れて、雪降る中新青森駅へ向かいあっという間の一泊二日の

津軽人情旅は終わりを迎えたのでした。

 

参加された方、どの方も青森のいろんなものに興味を持ってくださり行く先々で前のめりで話を

聞いてくださったり楽しそうに笑っている姿がとても印象的な旅でした。

二日間、案内役として同行させていただきみっちょんはしあわせです。

楽しませていただきありがとうございます。

これから更に寒い季節になりますが、津軽旅を計画されているアナタ。

ぜひともご紹介したところを参考に楽しい旅を津軽でお過ごしください♪

地域の方たちと一緒に皆さまのお越しをお待ちしています☆

これからは寒さと雪の対策をしっかりしてお越しくださいね(*´▽`*)

 

長いブログにおつきあいいただき、ありがとうございました。

へばね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっつーままさ漬物!🍚漬物まつり開催!!

2016年11月23日

こんにちは~、ちえっちーです。🍵

寒い、寒い、雪がつもっているもんね~(津軽弁訳→さんび、さんび、ゆぎつもってらもんな~)

こんな日は猫もコタツで丸くなりますね。私はむしろ丸くなった猫に埋もれたい。猫布団。

この季節になると津軽の家庭では大量に野菜を漬け込みはじめます。

その家ならではの味、テクニックを駆使して色々な漬物が出来上がりますね。

あんまりしょっぺ物、食べればまいねと思いつつ手が伸びてしまいますね。

色々な漬物を楽しめる日が今年もやってまいりました!

 

scn_0003

駅舎漬物まつり 

平成28年12月4日(日)

津軽中里駅「駅ナカにぎわい空間」で開催!!

時間 10時20分~14時まで

問い合わせ先 佐藤イネ子様(電話090-7070-9615)

漬物・農水産物等の即売会(10:20~14:00)

いろいろな漬物、野菜類、けの汁、こんにゃくおでん、イカめし、赤飯、餅類、豆腐、笹餅、おからドーナッツ、ぽん菓子、おにぎり、そば、手芸品など

いろいろは物を販売します!

そして!

当日は漬物の販売だけではなく、作っているところも見せてくれる実演もあります!本当に見せてしまっていいのでしょうか!?いいんです!

漬物の実演「漬物名人の手っこを紹介」(10:45~)

はやとうり他3種らっきょう酢漬

 

そしてこちらも毎年恒例のお楽しみ!

親子参加大歓迎!

もちつき大会!!

1回目 11:15~きな粉もぢ

2回目 12:30~おしるこのもぢ

 

津軽鉄道サポーターズクラブ応援で2種類のもぢっこの振る舞いですよ。あの~両方食べるには変装して行けばいいですか!?

買ったものを食べるお席も交流コーナーにご用意しています。あったか~いお茶もありますから、喉つまりしないで

ゆっくり食べて下さいね。

そして当日津鉄では1日フリーパスの切符を1,200円で販売しますので、ぜひご利用ください!各駅停車を満喫したい方にもピッタリですし、中里駅を往復する方にも断然お得です!

私もお友達に教えます!ただしフリーパスはストーブ列車は対象外ですのでご注意ください。

もちろん当日はお車でのご来場もOK!駐車場もあります。

★列車の時刻、駐車場は津鉄にお問合せください。(電話0173-34-2148)

 

この祭り、どういう雰囲気なのかは以前の漬物祭りのブログをご覧下さい

いや~おいしそうですね。では皆さん、塩分に注意しながら買った漬物は少しずつ食べましょうね。

では足元十分気を付けて、祭りに行ってらっしゃ~い。

 

 

 

 

ストーブ列車点火祭!!

2016年11月21日

みなさん、こんにちは~。みっちょんです(*´▽`*)

あっという間に11月も下旬。

と、いうことは…アレが始まりますね☆

津軽鉄道の冬の風物詩、そしてアテンダントが大活躍する!(*´з`)あの列車。

 

そう!ストーブ列車です。

どれくらいの方が正解したかしら~?

そのストーブ列車運行スタートを前に、これまた毎年恒例で開催されているイベント。

 

ストーブ列車一番列車プレフェスタ「点火祭」

scn_0001

 

平成28年11月27日(日)に開催です!

 

二部構成で豪華ですよ~。

 

第一部は…活動報告

13:10~14:30 会場は津軽中里駅「駅ナカにぎわい空間」

津軽鉄道サポーターズクラブが今年で10周年ということで、近年の活動報告と共に現在進行中の活動などを皆さまにご報告。

ご興味のある方はどなたでも参加できますので、津軽鉄道サポーターズクラブはどんなことをしているのかな?

と興味を持っている方はぜひこの機会に参加してみてください♪

 

そして、第二部

こちらがみなさん興味あるんではないでしょうか~?

会場は同じく、津軽中里駅「駅ナカにぎわい空間」

14:30~16:30(津軽鉄道 津軽中里駅 17:00発の列車あり)

 

第二部は楽しい楽しい交流会♪♪♪

木花咲耶会のみなさんによる踊りの披露や津軽スコップ三味線演奏!

ナント!家元の舘岡屛風山氏が出演ですよ~。

何を隠そう…みっちょんとおゆきは家元の弟子ですから。

スコップ三味線を体験した方は誰でも弟子なんですが、ね…(;´∀`)

歌謡ショーもありますよー。

スイングアーツによる演奏に岡元隆氏、太田栄子氏、夏原謙二氏、加藤のり子氏の歌で大いに盛り上がり、12月1日からのストーブ列車スタートを温めましょう!

 

参加費はどちらも無料です。

会場である「駅ナカにぎわい空間」でお酒あおつまみ等販売しますので、それぞれ自分で食べたいものを現地調達しましょう★

 

お申込みは津軽鉄道サポーターズクラブ事務局まで。

電話/FAX  0173-34-9022

 

 

点火祭でストーブ列車運行スタートに向け、心にボッっと火をつけたところで…

ストーブ列車のダイヤもお知らせ~。

scn_0002

 

 

いよいよですねぇ。

アテンダントたちもそろそろスルメ焼きの慣らし運転をせねばならぬ時期です。

毎年のことながら、一年振りというのはやはりちょびっと最初は緊張するもので。スルメ焼きの感覚も思い出さないと

いけないのですよ。今年も皆さんにめぇスルメっこを食べていただくために!

良い軍手を手に入れてお待ちしております☆

 

ストーブ列車の運行時間にご注意ください。

時刻の横に☆印がついている便がストーブ列車が走る時間です。

ただし、12月中の平日は9:35発はストーブ列車でなく、走れメロス号が走りますので特に注意してください!

今年の冬もたくさんの方にお会いできるのを楽しみにしています♪

dscf5300

 

 

 

 

 

 

 

アテンダント研修 in山形🌸フラワー長井線🌸

2016年11月18日

こんにちは~、ちえっちーです。

あっという間に雪がちらつく季節になりましたね、私の車もとうとう冬タイヤになりました。

一週間後の週間天気を見ると最低気温が氷点下で雪マークが付いているので、とうとう冬が来てしまうのかとビクビクものです⛄

先週津軽の平地に雪が降った時、私は山形に向かっていました。毎年恒例のアテンダント研修に参加するためです。

第7回トレインアテンダント・スキルアップ講座in東北(山形鉄道フラワー長井線)

平成28年11月9日(水)~10(木)

 

今回の研修の旅は私にとって初めて&久しぶり尽くしのことばかりでしたので、ドキドキものでした!

まず、初めての新青森駅上陸。森久美子さんも大好きで花まるカフェの「おめざ」でも紹介した、

アルパジョンの美味しいチーズケーキ「朝の八甲田」が買えると聞いて行きたい行きたいと思ってから早何年。

でも駅に到着してもお店を探す余裕は私にはありません!

なぜなら盛岡から最後に新幹線に乗ってから何年たったでしょう。

思い返すと20年とは言わないまでもそれに近い久しぶりの新幹線、ましてや初めての駅、緊張しております。

畳みかけるように話す自動音声アナウンス?の女性の声をこれは1人の人なの?2人なの?と分析しようとする余裕はありましたが判らず、そうこうしているうちに新幹線到着です。そして出発です。スーっと流れるような走り出しでございますね~。

二戸では雪が結構ふっていました。

そして仙台到着。福島行きの新幹線に乗り換えるとき、何やら声が聞こえました、そちらを向くと、

おそろいのバッチを付けている方がこちらを見ています。

アテンダント研修に参加される方なんだとわかりましたが、いっぱいいっぱいで一言挨拶はしましたが、

気の利いた声掛けはできず、乗り込みました。

後で伺ったところ研修の参加者名簿を見ていたので気づいたのだそうで凄い!

福島到着後、初めての山形新幹線、停車位置を探して探してやっと発見。

あまりに端で本当にここで良いのか不安でした。山形新幹線で赤湯駅へ到着。初山形でございます。

先程私に気づいてくれたIGRいわて銀河鉄道の皆さんが最初から気さくに話しかけてくださいました。

その後、みんなでフラワー長井線沿線の2つの町と2つの市のシンボルがデザインされた、きれいなラッピング列車に乗車して研修がスタート。ラッピング列車は全部で4つあるそうです。

行きは南陽市のさくらと白鷹町の紅花のデザインでとってもキレイ!

%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%88%97%e8%bb%8a%e3%80%80%e7%b4%85%e8%8a%b1

%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%88%97%e8%bb%8a%e3%80%80%e3%81%95%e3%81%8f%e3%82%89

 

車内では研修にも参加する山形鉄道の車掌、吉田さんがアナウンスをしてくれました。

拡声器を持って面白おかしい方言ガイド。他の山形鉄道の方が、うちは特に絶景は無いので、お笑いを目指していた吉田さんのお話が売りと言っていましたよ( *´艸`)

ん~、駅にいらっっしゃった、職員さんや吉田さんの顔、皆さんよく似ていらっしゃる。

山形のお顔、なのでしょうか?そして、その発達した御エラ様、わたくしのお仲間とお見受けした。

どうりで、9月ころ津軽鉄道にご乗車いただいたお客様とひとしきり会話が盛り上がった後、しみじみと私に「いや~いい顔だね~」とおっしゃっり「おしんに出て来そうだよねー」と続けましたものね~。

オッケー、山形のべりーフェイマスパーソンですね、光栄です!

おしんのどの配役でしょうね~、昔確かに、おしんに良くしてくれた大奥様の声マネの練習はしたことがあります。

%e8%bb%8a%e5%86%85%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b9%e4%b8%ad%e3%81%ae%e5%90%89%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93

フラワー長井線、30.5km、17駅、片道約1時間。

元々は映画『スイングガールズ』の舞台になった場所で、観光のお客さんが来た時、ズーズー弁が聞きたいということで、車掌がガイドを始めたのがきっかけだそうです。

吉田さんはアナウンス歴3年位とのこと。

途中「宮内駅」はうさぎさん駅長もっちーと駅員、てんとぴーたー計3羽がいる駅としてテレビに出たりするそうです。助役の亀、カメ吉もいるのだとか。

この日は水曜日であいにく定休日とのことでしたが、車窓から駅に注目していてくださいと言われましたので見ましたら、こんなすてきなセクシーもっちーがホウキでお掃除中でした。

せっかくなのにホウキも写ってないし写真も下手で御免なさい。初雪で曇ってて~。(;´∀`)👊

 

%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%81%ae%e3%82%bb%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%82%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%83%bc

 

途中田園風景や柿の木があるところでは吉田さんが、柿も稲も渡り鳥の為に少し残しておくんだと

言っていました。素敵ですね。後になって聞いたところによるとその風習は青森県内でもあるのだそうですね。

一つ一つ駅の丁寧な説明を聞きながら終点の荒砥駅に到着。折り返しはあやめ号、こちらもとっても綺麗な列車です。

 

%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%88%97%e8%bb%8a%e3%80%80%e3%81%82%e3%82%84%e3%82%81

長井駅に着いてからは長井黒獅子の里案内人さんにガイドをしてもらいながら街歩きです。

長井は競技用けん玉生産量日本一、けん玉連続成功記録でギネス世界記録認定のまちなので、けん玉のお店もあり、級の取得も出来ます。

%e3%81%91%e3%82%93%e7%8e%89%e3%81%ae%e6%a3%9a

%e3%81%91%e3%82%93%e7%8e%89%e4%b8%ad

お店の名前は「スパイク」、東京から長井に移住した秋元さんがけん玉の普及に頑張っていらっしゃいます。

ステキな街並みなのに、あいにくのみぞれの降る寒いなかの街歩きで、本当に残念でしたが、発見しました、それいいですよ吉田さん!吉田さんはいつもこんな感じでもっちーと歩いているのだそうです。

私も真似したいと思い買ってきました~。安全ピン2つあるといいそうです。

つてっちーのこういうぬいぐるみ、あるといいのにな~津鉄さ~ん。ちなみにもっちーは餅のように白いからもっちーといいます。

 

%e5%90%89%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%a8%e3%82%82%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%83%bc

 

やませ蔵美術館は多くの美術品ももちろん素晴らしいのですが、私が気に入ったのはこのお庭!

実際に見るともっと色鮮やかで、京都の庭園を模したそうですが♪そうだ京都行こう、のメロディーが聞こえて来そうです。きれいな水草の生い茂る水路では吉永小百合さんの大人の休日倶楽部の撮影も行われたそうです。

 

%e3%82%84%e3%81%be%e3%81%9b%e8%94%b5%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8%e3%81%ae%e5%ba%ad

ホテルに到着してからやまがた長井観光局の事務局長 平様の講演を聞き一日目は終了。

二日目は3班に分かれてワークショップと発表を行いました。ワークショップというものも初めてで緊張しました。

色々な鉄道の方のお話を楽しく聞かせていただき、勉強になりました。

%e7%99%ba%e8%a1%a8%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90

終了後の赤湯までの列車ではまたサプライズ演出がありました。

長井線に乗ったというお客さんから以前聞いたことがあるこれ

 

%e3%81%8a%e5%85%84%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e6%97%97%e6%8c%af%e3%82%8a%e6%ad%93%e8%bf%8e

駅員さんのご兄弟による粋な演出、屋根の上からの旗振りです。すごい💦

帰りの長井駅で私が写真を撮っていると「撮ってあげますよ」と声をかけてくださった、やさしい秋田内陸縦貫鉄道のアテンダント伊藤さ~ん、ありがとうございました!

私の内なるパワーが何かを狂わせたのでしょうか、2枚くらい撮っていただいたのに、

1枚も写っていませんでした、ん~んミステェリィア~ス✌

今度、秋田美人ライン秋田内陸縦貫鉄道に追っかけて行って写真撮ってもらおうと思いま~す!

 

帰りの福島駅で私の好きな歌、『ああ栄冠は君に輝く』を聞けたのも嬉しかったです!

きっと行きもかかってたのにそれどころじゃなくて気づかなかったんですね。

 

本当に今回色々な、鉄道の方々と出会いましたので、すべての鉄道に乗りに行きたくなりました!!

いつか行きます、待っててね~✋

 

 

アテンダント新聞2016秋 出てました!!

2016年11月16日

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

温かな日があったと思ったら、今日のように雪になったり・・

とその日によってコロコロかわる秋の空。

よく「女心は秋の空」と言いますが、先日お客様とお話していたところ、

「いやいや男の人のほうが心変わりするよ」という意見もありました。

揺れ動く恋心はわかる気がしますが、皆さまはどうでしょうか?

おゆきは秋の空ではないと思います(笑)

 

さて

 

秋!

私たち、津軽半島観光アテンダントは季刊誌を発行しているのですが・・・

実は、津軽の秋をご紹介している

今年の季刊発行第2号・津軽半島通信

が発行していました~~~~~~~~~~!!!

過去形で大変申し訳ございません!

それがこちら↓

omote

津軽半島通信 2016秋号(表面)

 

 

ura

津軽半島通信 2016秋号(裏面)

 

 

今回は津軽の秋!がテーマなのですが、津軽の冬!も同時にご紹介しています。

津軽の秋では、深浦町にある日本一の大イチョウの木をご紹介。

黄金に輝く迫力ある大イチョウをぜひ生で見ていただきたいものです。

夜はライトアップされ、見る方を魅了します。

11月30日までの予定ですが、葉っぱの状況により早まるので、ぜひともお早めに!

 

津軽の冬といえば、12月1日から始まる津軽鉄道ストーブ列車に1月下旬~2月下旬に始まる地吹雪体験。

津軽に行ったら雪を見ないと!という雪にこだわりたい方はこの2つは外せないですよね!

 

他にも、津軽に来たら会ってもらいたい人をご紹介する「津軽に来たら、この人に会いたい」。

今回は、県内外のイベントで聞いたこともあるかもしれない元気な声の持ち主をご紹介しています。

津軽半島の「今が旬」やアテンダントのイチオシ!では、津軽の美味しい食べ物が!

また、津軽半島(今回はこの期間イベントが無かった蓬田村を除く9市町村)の来年2017年1月14日までのイベント日程をご紹介しています。

終わってしまったのもありますが、まだ間に合うイベントもありますのでぜひご参考になさってくださいね。

 

ともかく!

津軽を知るには「津軽半島通信」から。

まだ読んでいない方はぜひ💛

尚、「津軽半島通信」は津軽鉄道の各車両、JR東日本五所川原駅、五所川原市観光協会、津軽半島の各道の駅、観光施設等でも手に入れることができます。

また、津軽半島以外だとこちら↓からどうぞ★

◆青森県観光物産館アスパム   〒030‐0803 青森県青森市安方1‐40

◆道の駅 浅虫温泉 ゆ~さ浅虫 〒039‐3501 青森県青森市浅虫字蛍谷341‐19

◆【青森県】東京事務所     〒102‐0093 東京都千代田区平河町2‐6‐3 都道府県会館7階

◆【青森県】大阪情報センター  〒530‐0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3番地1‐900号

◆【青森県】名古屋情報センター 〒460‐0008 愛知県名古屋市中区栄4‐1‐1 中日ビル4階

◆【青森県】福岡情報センター  〒810‐0001 福岡県福岡市中央区天神2‐8‐34 住友生命福岡ビル1階

◆あおもり北彩館 東京店    〒102‐0071 東京都千代田区富士見2‐3‐11 青森県会館1階

◆函館地域交流まちづくりセンター 〒040‐0053 北海道函館市末広町4‐19  

 

次の津軽半島通信は2017年1月15日発行予定です★

どうぞお楽しみに!

せばね(^^)/

 

おいしいお店み~つけた!

2016年11月14日

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

今日は秋晴れ☀

気温も日中は15度と温かな日です。

天気がいいとぶらぶらと歩くのも苦じゃないですよね。

歩くと新しい発見もあります。

あれ?こんな店あったっけ?

 

そう!

日ごろ気付かなかった素敵なお店が出来ていたりするものです。

そんなお店を五所川原市で見つけちゃいました~~~♪

ご紹介します!

お食事処 かいどう

kimg0973

 

 

扉を開けると・・・

 

 

4人掛けのテーブル席が3つにカウンターがあり、こじんまりといい雰囲気🎵

dsc06127

 

 

こちらはカウンター席。マスターが一人きびきびと次々お料理を仕上げていきます。

dsc06125

 

 

玄関マットもかわいい💛

dsc06128

 

 

メニューをどれどれ・・気になるものばかり★

kimg0976

※メニューは2016年4月取材時のものです。若干変わっている場合がございます。

 

 

から揚げが美味しいと聞きおゆきが頼んだのが、から揚げ定食 800円

ネック、ポンジリ、モモのそれぞれの味が楽しめます!

少し甘めなたれのから揚げがなんとも美味!

付け合わせもその時期にあったものなのがうれしい。

kimg0978

 

 

 

こちらはみっちょんが頼んだ オムライス 500円

なんとワンコイン!!卵がふわふわで美味しかったそうです。

dsc_0751

 

 

ボリュームがあり、美味しいとなれば食いしん坊おゆきは黙っておれません。

別の日またまた行ってきました!

 

 

前回メニューを決めるのに迷っていた最有力候補だった

豚丼(豚バラ トントロ 煮卵付き) 700円 

とろけるトントロ!に豚バラときたら男性なら一気にガツガツいっちゃうでしょう!

半熟の煮卵がまんだめんだ~(また美味しいんだ~)

dsc06116

 

 

こちらは 唐揚げ丼 600円

唐揚げ大好きにはたまらないボリューム!

飽きない美味しさに満足満足!

dsc06118

 

 

そしてそして・・・

 

 

うれしいことに!

ランチを頼んだお客様にはコーヒーのサービスが💛

kimg0979

注)おゆきがミルクを入れてから写真を撮ってないことに気づきました。

もちろんブラックで頼めますのでご安心を。

 

美味しいうえに、この値段で、こんなに食べて、

さらにはコーヒーまで飲ませていただいちゃっていいの?

という懐にもお腹にもありがたいお店です。

あ~今度何食べるがな~~迷う~~

皆も行ってみへ!

せばね(^^)/

 

 

 <お店情報>

お食事処 かいどう

〒037‐0035 

0173‐26‐7707

営業時間:昼 11:30~15:00  

     夜 17:00~21:00

休業日:毎週月曜日 

※日曜日は昼のみの営業

JR五所川原駅より徒歩10分

 

 

鶴の町のアツイ戦い~吸盤綱引き~

2016年11月11日

 

こんにちは、みきてぃです。

 

毎度のことながら、寒くなりましたね~

岩木山も裾野まで白くお化粧が済んだようで、

へまっしぐらというところです。

 

でも、寒いからといって、

私のようにこもってばかりいたらNO!NO!ですよ!!

 

外に出たらほら、そこにはアツイ戦いが…

「第2回 吸盤綱引き 全国大会」

~2016年 日本最強のハゲ頭を決める夢の祭典~

 

開催日時 : 2016年11月19日(土) 15:00~

場所 : 鶴田町公民館

 

え?吸盤綱引きって?!日本最強のハゲ頭って??!

と、思われた方もいるでしょう。

それは、ツル多はげます会による夢の祭典!!

お互いのハゲ頭に吸盤を貼り付け、

ひもでつないで引っ張り合うという、

全国的にも珍しい綱引き競技なのあります!!

年齢、性別、階級などは一切なしの戦い、

その衝撃の光景は一見の価値ありです!!

 

想像がつかない…と言う方、ご心配なく!

昨年の様子がコチラ!!

 

dsc05464

 

dsc05480

 

和やかな会場の雰囲気とは裏腹に、その対決は真剣勝負!?

外の寒さなんて吹っ飛んでしまうこと間違いなしですね!!

 

ちなみに、この「第2回 吸盤綱引き 全国大会」は、

「鶴田町町民文化祭 いのちまつり」のイベントとして開催されます。

 

「鶴田町町民文化祭 いのちまつり」

テーマ ~満開の 笑顔の花咲く 鶴の里~

開催日 : 2016年11月19日(土)、20日(日)

会場 : 鶴田町内6カ所

201611fes-1500x21161 201611fesmap1

 

吸盤綱引きの他にも、以下のような催し物がありますよ~(^^)

◆津軽塗の展示販売

◆米とりんごの料理実演

◆りんご即売会

◆「つるりん」を探せ!スタンプラリー

◆スチューベンぶどう棒パン体験

などなど・・・書ききれないほど盛りだくさんです!!

 

開催日時、場所など詳細は下記URLをご覧くださいませ。

2016年11月19日・20日 第35回鶴田町民文化祭・いのちのまつり 開催

 

最後に!!

我らがみっちょんの勇姿をご覧あれ~

 

1475140638545

16-09-29-14-03-47-814_deco

 

 

お問合せ先

鶴田町公民館 TEL:0173-22-2818  町民文化祭開催中お問い合わせ先
鶴遊館 TEL:0173-22-3394
鶴田町生きがいセンター TEL:0173-22-5416
鶴田町国際交流会館 TEL:0173-22-2111
【事務局】鶴田町教育委員会 TEL:0173-22-2111 (内線211.212)

 

 

 

 

 

 

シナリオ募集「太宰治への伝言」

2016年11月9日

皆さま~、こんにちは!みっちょんです(*´▽`*)

とうとう空から白いものが降ってきました。先日もちらちらと降っていましたが…今日のはそれとは比べ物になりませんよ。吹雪いてますから(*´ω`*)

 

うっすら白くなっているところもあるようですね。

と、言ってる側から五所川原駅前がすごいことになってきました!

dsc_4656

明日も雪の予報らしいので、皆さんあったかくしてお出かけくださいね(*’▽’)

 

 

さて!今日の話題。

先月末から太宰ウィークや文豪ストレイドッグスなどで盛り上がっている五所川原周辺。

そして同時にシナリオ募集もしているって…知ってました?

 

「太宰治への伝言」

        ~斜陽館と金木の街を舞台にした家族・絆の物語~

↑↑↑ 当にこれがテーマです!

scn_0001 scn_0002

 

ショートムービー用のオリジナルシナリオ募集中。

決まりがいくつかあります

★完成尺は5分以内を想定した未発表の映像用シナリオに限る!

 ★著作権・上映権・出版権等が応募者本人にある、日本語によるシナリオ

 ★2017年9月に青森県五所川原市金木地区において撮影ができる方!

 

ご応募いただいたシナリオの中から最大3作品を採択し、シナリオを撮影し映像化する場合の経費(上限30万円)を事務局が負担します。

撮影や編集については、千村利光監督(予定)がサポートすると共にNPO法人かなぎ元気倶楽部が作品づくりから公開までをプロデュースします。

(サポート内容は応募者の希望と作品内容を加味して調整)

 

応募方法は以下の通り。

【応募方法】

◇応募シナリオはパソコン等で作成し、手書き原稿でおご応募はご遠慮ください

 ◇A4サイズの用紙に20字×20字のページ設定でプリントしたもの、かつ全てのページにはページ番号を

  ふってください (縦書き、横書きどちらでも可)

 ◇1枚目は表紙にして「作品タイトル」と「氏名(ペンネーム可)」を記載してください

 ◇2枚目からシナリオ(本文)を記載

 ◇最終ページ(シナリオ本文の次のページ)には次の事項を明記

   ▫氏名(本名を記載し、フリガナをつける) ペンネームを使用する場合は併記

   ▫年齢  ▫職業(学生の場合は学校迷及び学年)  ▫郵便番号・住所

   ▫電話番号(日中に連絡のとれる番号)  ▫電子メールアドレス

   ▫その他、過去の作品歴や受賞歴、応募の理由などアピールすることなど自由に記載

 ◇応募原稿は返却しません。原本が必要な場合は必ずコピーをお送りください

 ◇郵送先

   〒037-0202 青森県五所川原市金木町朝日山189-3 かなぎ元気倶楽部

     「太宰治への伝言」シナリオ募集事務局

 

電子メールでもご応募可能です!

その場合は、データ形式を「マイクロソフトオフィス・Word形式」もしくは「PDF形式」としてください。

オフィス互換ソフトを使用しても構いません。

 ◇応募先  dazai-m_c@kanagi-gc.net

 

 

尚、著作権及び使用権については以下の通りです。

1.ショートムービーの著作権は製作者に帰属します

2.NPO法人かなぎ元気倶楽部は、この事業により作成したショートムービーについて、映像撮影誘致や地域活性化を目的とした非営利活動の範囲において、製作者に対して無償かつ自由に上映、貸出、配布、複写を行うことができるものとします

3.公開から1年間は斜陽館にて上映します

4.公開から2年後にインターネット上での公開を行うことができるものとします

 

【その他注意事項】

 1.締め切りを過ぎて到着した応募作品は審査対象外です

 2.応募した脚本原稿等は返却しません

 

 

 

皆さん、斜陽館や金木の町を舞台にした、心温まる家族や絆の物語が思いついたらぜひご応募を!!

自分の書いたシナリオが映像化されるチャンスです☆

 

みっちょん、シナリオではないけども以前読んだ原田マハさんの「奇跡の人」という物語が大好きです。

金木に住む耳が聞こえず、目も見えず、言葉を話せない少女…そう、日本版ヘレン・ケラーのお話。

この本には津軽鉄道や金木の豪邸、川倉の賽の河原地蔵尊など、馴染みのある場所がたくさん出てきます。

みっちょん、一気に読みました。頭の中に映像で浮かんでくるから不思議です。

本を読みながら空想の世界へ飛んでいく、そんな時間が大好きです。

 

たくさんの方の力作シナリオ、たくさんのご応募をお願いします!

あ。みっちょんは審査員ではありません(笑)

 

 

主催:NPO法人 かなぎ元気倶楽部

    〒037-0220 青森県五所川原市金木町朝日山189-3

     電話:0173-54-1616  メール:info@kanagi-gc.net

 

応募締め切りは

  2016年12月31日(土)

 

 

 

 

 

~つがるの秋で甘いひとときを~つがる市で出会えるかも💛

2016年11月7日

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

秋ですね~。

というか気温はぐんぐん下がり、もう冬?!と思うほど。

今日は日中8度のようですが、最低気温が1度。

明日が少し気温が上がり、また気温が下がり9日10日はいまのところ天気予報で雪マークです(;´∀`)

こんな凍える寒さを吹き飛ばすのは、温かなこ~んなイベントではないでしょうか💛

 

scn_0001

第2弾 つがる市出会いイベント

Cafe  dans  Tsugaru

~つがるの秋で甘いひとときを~

2016年11月26日(土)

11:00~16:30

💛開催場所:つがる市生涯学習交流センター「松の館」(つがる市役所向い)

     JR木造駅より徒歩約16分

💛参加対象:男性 つがる市に住所を有する20歳から45歳の独身の方

      女性 つがる市内外の20歳から45歳の独身の方

💛定  員:男女各10名

💛参  加  費:2,000円(軽食、ソフトドリンク)

💛応募締切:11月11日(金)17:00まで ※定員になり次第締め切ります

💛申込方法:参加申込書をご記入のうえ、メール、電話、郵送、FAXのいずれかでお申込みください。

💛💛💛当日は身分が証明できるものをご準備ください。(免許証、保険証等)

 

 

scn_0002

参加申込書 ←参加申込書はコチラをダウンロードしてくださいね。

 

 

気になる当日のスケジュールはこちら↓

11:00~11:30 受付

11:30~13:00 立食パーティ、自己紹介等

13:00~14:30 ●つがる市「お菓子の工藤」さんによるスイーツ作りを体験

        ●野辺地町「自遊木民族珈琲」さんによるこだわりのおいしいコーヒーの入れ方

14:30~15:30 みんなで作ったスイーツを食べながら

       自分で入れたこだわりのコーヒーを飲みながら

       みんなでお話ししながらコーヒーブレイク

15:30~16:30 カップリング

16:30    終了

 

つがる市お菓子の工藤さんですが、有名な銘菓「カメコ柿」をはじめ和・洋なんでもおまかせの伝統を守りつつ頑張っている地元のお菓子店です。

その工藤さんに伝授されたお菓子はさぞ美味しいはず🎵

おゆきもお菓子作りにハマっていた時期がありますが楽しいですよ~

また、お菓子もさることながら美味しいコーヒーが飲めるだけでなく、県内のさまざまなイベントにひっぱりだこ

自遊木民族珈琲」さんよりこだわりの美味しいコーヒーを直伝ときています!

美味しいお菓子に美味しいコーヒー・・・。

さぞさぞ素敵なコーヒーブレイクに違いありませんね

 

「出会い」と聞いちゃうとひいてしまう貴女の気持ちもわかります。

でも、その一歩進んでしまうとたいしたことないです。

体験者は語る(笑)

それで誰か仲良くなれそうな人が見つかればもうけものくらいでいいんです。

2000円は安いですよ~

締め切りは11月11日!もうすぐです。

お急ぎくださいね~

 

せばね(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

津軽鉄道でムーディーな夜を…つてっちーに会えるかも♥

2016年11月4日

皆さんこんにちは。ちえっちーです。秋もますます深まって来て気持ちもしっとりしてきますよね。

だからいつも変な文章を書くちえっちーも今回はしっとりとお送り致しましょうか…。

秋の夜長に皆さんはどうお過ごしですか?秋の夜というと青春時代を思い出しませんか?

中学・高校の頃は文化祭の準備で遅くまで学校に残ったり、後夜祭でキャンプファイヤーをしてフォークダンスをしたりという経験をした方も多いのではないでしょうか?あの時の「夜」「灯」「終わらないでほしいと思う楽しい、でも物悲しい雰囲気」を大人になった今もう一度味わってみてはいかがでしょうか。

 

津軽鉄道の4番線に停車中の昔ながらの列車の中をのぞいてみてください。

そこは、カフェバーとシアターに変身しています…。

 

web%e7%94%a8_%e5%a4%9c%e6%b1%bd%e8%bb%8a%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc201610

28年11月26(土)18:30~21:30

津軽鉄道 津軽五所川原駅 4番線停留列車内(青森県五所川原市大町39)

乗車料 500円(おつまみ付き)

お問い合わせ 合同会社ミミック 電話090-2991-1339 / 津軽鉄道株式会社 電話0173-34-2148

 

列車内で青森県産りんごジュース、津軽鉄道ストーブ酒などを使用した特製カクテルがお楽しみいただけます。今回は温かいコーヒーなどのカフェメニューが新登場いたしました。

当日はキャンドル作家「YoakenoAkari」さんによるライトアップがあります。

たくさんのキャンドルが灯る、幻想的な様子は大変美しく、毎回大好評です。

日常の色々なことで疲れている方は、そのともし火を見るときっと癒されることと思います。

 

同日、同時刻に開催は「津軽鉄道 夜の客車シアター」でございます。

web%e7%94%a8_%e5%ae%a2%e8%bb%8a%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%82%bf%e3%83%bc201610

お問い合わせ 津軽鉄道株式会社 電話0173-34-2148

 

こちらは乗車料無料でございます。

津軽鉄道に関する懐かしの映像や、過去の「夜汽車バー」開催時の様子などさまざまな映像をご鑑賞いただけます。

そして嬉しいことに客車シアターには飲食物の持ち込みが自由でございます。

ですので、夜汽車バーの飲み物を持ち込むことも、もちろんOKでございます。

そして、当日は津軽鉄道のかわいいキャラクターつてっちーがその辺を散歩するようです。

そろそろ人気が沸騰しそうでキャラクターグッズも売り切れ続出の、つてっちーちゃんですので、会いたい方

はお早めに。

お一人でも、お仲間でも、ご家族でも色々な楽しみ方ができる夜汽車バー&シアター

津軽鉄道のレトロ空間でお待ちしております…

 

今年の船橋は…11月19・20日の二日間!!

2016年11月2日

皆さま~、こんにちは!みっちょんです(*´▽`*)

11月ですねぇ。急に寒さが増してきたような気がしますが…風邪などひいていないですか?

今年も残すところあと二ヶ月。

 

秋の味覚を存分に楽しんで、寒い冬に向けて蓄え…すぎないように堪能しましょ♪

さて!その秋の味覚も含めた津軽の美味しいものが今年も千葉県船橋市に大集合します!

 

第17回 青森県津軽観光物産首都圏フェア

scn_0003 scn_0004

 

毎年恒例のこのイベントは五所川原市金木出身の作家・太宰治が船橋に滞在していたという縁からこのイベントがスタートしたそうです。

嬉しい縁ですねぇ。

 

開催日時:2016年11月19日(土) 10:00~18:00   20日(日) 10:00~16:00

会  場:JR船橋駅北口おまつり広場

 

津軽で採れたりんごのプレゼントもありますよ~。(合計300名)

 

その他、催しものとして津軽三味線演奏や立佞武多のお囃子披露、おらのふるさと自慢クイズなどがあります♪

dsc_0035

 

津軽三味線演奏では、津軽民謡や津軽手踊りも楽しむことができますよー!

dsc_0039

毎年、会場にいる皆さんも一緒に踊ってますからぜひ遊びに来てくださいねー。

 

そして…クイズコーナーではアテンダントが登場!!今年もでーす♪

20151121_111043

昨年の様子です☆

毎年前のめりで答えてくださるので、みっちょんもPRのしがいがあります!

今年も前のめりの参加、お待ちしております♪

 

美味しいものももちろんありますよー!

img_5022

津軽の漬物や…

 

dsc_1269_1

とうふのイガメンチなど…昨年に引き続き美味しいものがたーくさん揃っています♡

※写真はいずれもイメージなので、ご了承ください。

昨年は青森の特A米「青天の霹靂」も登場しました!今年はどうかなぁ~?

dsc_0037

秋に収穫されたばかりの津軽の旬のものや、その他この辺りでは馴染みのある食べ物がたーくさん船橋に登場しますので

ぜひぜひ遊びに来てください♪

もちろん、お腹すかせてね♡♡♡

 

 

 

 

Copyright© 2010 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.