赤~いりんごのお花見ツアーに参加しませんか?

2017年4月17日 / 2017年度イベント, イベント, イベント情報, イベント情報, ブログ, 五所川原市情報

こんにちは!みっちょんです(*´▽`*)

日に日に桜のつぼみが膨らむ津軽。

ウェザーニュースで発表された、お花見にかける予算ナンバーワン(しかも不動の)青森県。

恐らく多くの県民が納得していることでしょう。

長い冬が明け、よううやく訪れた春。田植え前の忙しさを前に楽しまないと!

二位との予算差は何と約1000円!!

トゲクリガニやガサエビ(シャコ)など、花見は贅沢をするという印象が確かにあります。

 

これからが花見で盛り上がる季節♪

ですが…今回は桜ではなく、りんごのお花見ツアーのご案内です☆

 

 

中まで赤~いりんごの

  お花見ツアー

開催日は5月6日(土)7日(日)の二日間!

参加料: お一人4,860円(税込)

 ※津軽鉄道往復運賃、ガイド料、お食事代含む

募集人員:両日ともに10名(最少催行人数2名)

応募締切:5月1日(月)

集合時間は…9:00です!9:00にでる・そーれ(津軽鉄道本社1階)にお集まりくださーい!

受け付けをします。

 

でる・そーれの美味しい特製お花見弁当付きですよ♪

これは五所川原駅側にある赤~いりんごの木に咲いた花ですが…

お花見ツアーで訪れるのは木村農園さん。一面に拡がるりんご畑で咲いている様子は想像するだけでウットリします。

りんご畑で食べるお弁当もまた格別♪

春のお花見から始まって、今度は秋の収穫体験もぜひ参加してほしい。

りんごのお花見も楽しめるなんて、青森って…素敵だなぁ(*´ω`*)♡

 

お申込み、お問合せはコチラまで!

コミュニティカフェでる・そーれ

 〒037-0063 青森県五所川原市大町39 津軽鉄道㈱1階

 電話・FAX 0173-34-3971

 

 

 

 

 

 

 

 

春爛漫🌸お花列車スタート!

2017年4月14日 / 2017年度イベント, アテンダント関連, アテンダント関連, イベント, ブログ, 中泊町情報, 五所川原市情報, 津軽鉄道沿線情報

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

今日は、☀。

風は強いものの、昨日とは打って変わって暖かい日です。

昨日は冬のコートを着てもいいくらいで、津軽は雪が降ったくらいですから!

でも、今日は春らしい天気に戻ってこの日を迎えるにはいい陽気です♪

 

そう!今日は、津軽半島観光アテンダントが企画したこちらの列車がスタートしたんですよ~

お花列車 2017

 

 

お花列車2017の一番列車はこの列車の企画担当でもあるちえっちー

今年のお花列車のテーマはズバリ「春の花」。

ですから、桜だけでなくたくさんの花の競演になっております。

この列車に登場する春の花は全部で12種類!!

各BOX席、ロングシートにてそれぞれのお花観賞ができます。

ではご紹介しますね!

 

まずは

桜(ソメイヨシノ)

 

 

続きまして・・

毘沙門~嘉瀬駅付近には黄色い水仙がちょうど今咲いていますよね。

水仙(すいせん)

 

 

4月16日(日)には、津軽飯詰でミズバショウ観賞会がありますね!

詳しい情報は過去ブログにて➡新緑の飯詰で自然を満喫しませんか?

今がちょうど季節!

水芭蕉(ミズバショウ)

 

 

 

5月14日(日)は何の日?

母の日です。母の日にはかかせない!

カーネーション

 

 

 

ソメイヨシノの散り始めてもこれがある。

八重桜(ヤエザクラ)

 

 

桜が終わった・・・後の津軽の花と言ったら

りんごの花

 

 

 

ただ今、この花は綺麗に咲いています。

牡丹(ボタン)

 

 

踏まれても踏まれても力強さが魅力の野の花。

たんぽぽ

 

 

 

一言でいうと、『可愛らしい』がぴったりな花。

チューリップ

 

 

 

「姿がしなやかで優しいさま」という意味を持つ美人の象徴。

芍薬(シャクヤク)

 

 

春の女王ともいわれる、ユリ科の凛とした美しい花。

カタクリ

 

 

実はマメ科の植物。

美しい紫色がいいですよね。強い日光を好むということで、直射日光が当たるロングシートに藤棚として登場。

藤(フジ)

 

 

ソメイヨシノ以外は全てアテンダント手作りです!

どうですか~?

春のお花見にいらっしゃいませんか?

では詳細です。

 

<お花列車2017>

🌸運行期間:2017年4月14日(金)~5月7日(日)

🌸場  所:津軽鉄道「走れメロス」1両

🌸基本ライン:津軽五所川原駅9:35発(5列車)~

      ※但し、その日の車両運用上の都合により変更する場合がございます。予めご理解の上、ご了承くださいませ。

🌸運行状況のお問合せ:津軽鉄道株式会社 本社 ℡0173‐34‐2148

 

 

最後に、このちえっちーの力作の看板にもご注目を!!!

アテンダント4人と津軽鉄道の社員が勢ぞろいしています。

探してみるのも楽しいかも♪

たくさんの方のご乗車お待ちしておりますね💛

せばね(^^)/

 

 

 

 

太宰さんと一緒に写真を撮ってみませんか~?

2017年4月13日 / お知らせ, その他, ブログ, 五所川原市情報, 外ヶ浜町情報, 深浦情報

皆さまー、こんにちは!今日は水曜気分♪のみっちょんです(*´▽`*)

 

先日「春めいてきたわね~♪」なんて陽気なことを言っていたのに…

昨日、今日とうって変わってお天気下り坂。

今朝は何と吹雪いていました!!もう4月も中旬になるというのにぃー!

びっくり、びっくりの朝でした(@ ̄□ ̄@;)!!

お昼頃からお天気は上がってきましたが、風が強い!そして冷たい!!

みなさん、風邪などひかないように気を付けてくださいねー。

 

さて、皆さま。

突然ですが、太宰ゆかりの地で太宰さんと一緒に写真が撮れるって…知ってました?

等身大パネルとかではないですよー。

いろんな技術が進んでいる現代ならではの方法で!

今日はその写真の撮り方をー…レッツゥ!スタディー!

……ちょっと言葉選びが違う気もしますが。。

ちなみに、こんな写真が撮れます。

龍飛岬観光案内所・おゆきと太宰バージョン。

 

ARアプリなるものがあるわけです。

そもそも「ARアプリって何!?」とお思いでしょうが…、実際みっちょんも「何?何の略??」なんて、今でも思ってます(笑)

その説明はさて置いて。

太宰ゆかりの地であるいろんな施設でこの写真を撮ることできるのですが…今回はわかり易く、太宰治の生家「斜陽館」にしましょう。

 

館内に、上にあるチラシに掲載されている「太宰ミュージアム 太宰治と記念撮影」と書かれた紙っこが貼られたポールが何箇所かに置かれています。

その下に、ARアプリをダウンロードする為のQRコード(もじゃもじゃっとした四角いもの)があるのでそれを読み込んでくださいまし。

大事なところなので、もう一度言います。

「まずはARアプリをダウンロードしてください」

そう、気づきました?アプリをダウンロードするということは、スマホ(しかもARアプリ対応機種)である必要があります。

ダウンロードが無事にできたら、アプリを立ち上げます。

 

アプリを立ち上げると、こんな↑↑↑画面が登場します。丸いのがグールグルしています。

この丸いのを太宰さんのシルエットにかざします。

シルエットを読み込むとこの丸っこいのがすごい勢いでグルグルグルグル回り出し……登場するのが!

じゃん!!

太宰さん~♪ 当にポールがある場所に太宰さんが出現ー。

あとはパシャリと撮ればいいだけ★

撮ってくれる人にちょうど良い位置などを指示してもらえば、こんな風に向かい合っているような写真だって撮れてしまう!!

なんということでしょう~( *´艸`)

バーチャルとは言え、太宰さんと一緒に写真を撮れるだなんてー♡

皆さん、ぜひとも一度お試しあれ♪

あ。ポールからあんまり離れすぎると、せっかく出現した太宰さんが消えてしまうのでご注意を。

 

ちなみに、斜陽館だけでなく太宰治にゆかりのある11施設で撮影可能

①太宰治記念館「斜陽館」

②太宰治疎開の家「旧津島家新座敷」

③赤い屋根の喫茶店「駅舎」

④芦野公園駅(無人駅)

⑤かなぎ元気村かだるべぇ(旧傍島家)

⑥津軽鉄道津軽五所川原駅

⑦太宰治「思ひ出」の蔵

⑧小説「津軽」の像記念館

⑨太宰の宿「ふかうら文学館」(旧秋田屋旅館)

⑩太宰治まなびの家(旧藤田家住宅)

⑪龍飛岬観光案内所(旧奥谷旅館)

※まだ設置されていない箇所もある可能性があります。ご注意ください。

 

皆さまのとっておきの一枚をぜひ★

 

 

 

 

新緑の飯詰で自然を満喫しませんか♪

2017年4月10日 / 2017年度イベント, イベント, イベント情報, イベント情報, ブログ, 五所川原市情報, 津軽鉄道沿線情報

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

雪も溶け、あちこちでバッケ(ふきのとう)が見られる季節になりました!

お天気もいい日が続き、外を散歩したくなるのではないでしょうか。

自然を満喫できたらいいですよね~

ちょうどいい企画がありました!

毎年恒例にもなってきています。

コチラ☟

新緑の飯詰

ミズバショウと野鳥観察会参加者募集

 

日  時:4月16日(日) 10:00~14:00

集合場所:東北能開大青森校駐車場 10:30 出発

観察場所:『萢ノ沢ため池』周辺

準備するもの:山歩きの服装(長袖・長ズボン・帽子・長靴など)雨具。飲み物。

※昼食は東北能開大青森校にて、「ご飯」と「けの汁」「漬物」を用意します。

※小雨決行

申込先:飯詰を元気にする会 岡田

    ℡080‐1833‐9316

    飯詰を元気にする会メール iidume2012@yahoo.co.jp

締め切り:平成29年4月13日(木)

参加料:1,000円(昼食・保険料含む)

植物解説員:福井 絢子 さん

野鳥解説員:東北能開大青森校 井口 先生

主  催:飯詰を元気にする会   

 

 

コチラのイベント、単純に山歩きするわけではありません。

よく野道や山を歩いていてきれいな花や鳥に遭遇することがありますよね。

これなんだろう?

と思うことはありませんか?

この『新緑の飯詰 ミズバショウと野鳥 観察会』では、

植物や野鳥に詳しい方と一緒に歩くので、安心!

気持ちよく春の自然を感じながら、歩いて勉強にもなる!なんて一石二鳥ですよね。

 

木々の美しさに目を奪われつつ・・

 

 

時折、観察するのも良し。

 

 

野に咲く美しい花たちに出会うのも楽しみです。

ちなみに、昨年はこんな花たちに出会えたそうです。(一部)

①シュンラン

 

 

②ナニワズ

 

 

③タネヅケバナ

 

 

④ミズバショウ

 

 

 

楽しく歩いた後は、待ってました!

ランチタイムです♪

 

「ご飯」「けの汁」「漬物」を召し上がれます。

けの汁はたくさんの野菜と山菜がたっぷりなヘルシーな津軽の郷土料理です。

※画像はイメージです

 

おゆきは聞いただけでワクワクしてきました。

しかも昼食・保険料含んで1,000円!安いです!

 

さらに!

 

津軽鉄道(津軽五所川原駅 9:35発)でいらっしゃる方は申込時にお話くだされば・・・

津軽飯詰駅でお出迎えします!

集合場所がわからない方も安心ですね☆

 

ぜひとも津軽・飯詰に住む自然たちに出会ってみてはいかがですか~

せばね(^^)/

 

 

 

 

アテンダント研修レポート~~~ 西津軽編♪

2017年4月7日 / アテンダント関連, つがる市情報, ブログ, 深浦情報

 

 

 

こんにちは、みきてぃです。

 

 

さ~て、

アテンダント

明日から津軽鉄道への乗務再開です!!

 

みなさんとお会いできるので、

アテンダント一同ルンルンです

また、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

さて、乗務をお休みさせていただいた間、

津軽名人」のレベルアップすべく、

津軽をぐるっと巡ってまいりました!!

 

Facebookでもチラホラとレポートしておりますが、

総まとめ”ということで、

その様子を西津軽東津軽グルメに分けお送りしたいと思います

 

今回は・・・

西津軽編

 

朝から晴天の津軽☀

 

車内の様子ですが、

みなさんご想像の通り、

アテンダントが4人集まると話が尽きる事はありません(笑)

あっっっという間に目的地へ

 

まずは、千本鳥居が何とも幻想的

高山稲荷神社

つがる市牛潟町

 

 

結構、階段多いです!!

 

 

初めはトコトコ調子よく登っていきましたが、

後半はひどかった・・・

運動不足の私が次の日筋肉痛を発症したのは言うまでもありませんね(^^;)

みなさん、お出かけの際は動きやすい恰好で!!

 

 

続きまして、

「日本の夕陽百選」に選ばれている

千畳敷海岸

深浦町大字北金ヶ沢

 

 

1792年の地震で隆起したと伝えられる岩床の海岸で、

その昔、殿様がここに千畳の畳を敷かせ、

酒宴を開いたとされることからその呼び名があるのだそう。

 

 

作家 太宰治の小説「津軽」にも登場する海岸ですね。

天気が味方してくれると、

本当に、本当に綺麗な夕陽を見ることができます!!

今回は時間帯が合わず、私たちは見られませんでした(;_;)

 

 

続いて~、

津軽家の祈祷寺

春光山 円覚寺

深浦町大字深浦

 

 

こちらのお寺には、貴重な宝物がたくさんありました!

細かいお経の文字で書かれた絵

髪の毛で縫い付けられた絵など・・・

見終わった後は、

なんだかとても有難い気持ちでいっぱいになりました(^^)

詳細は、以前ブログでご紹介しておりますのでコチラをどうぞ!!

 

そして!なんと来年、

平成30年7月17日~7月31日

33年目ごとのご本尊開帳記念大法要という大イベントがあるんです!

これは見逃せないですね!!

 

 

さて、西津軽編、いかがでしたか!?

すべて書ききれないのがもったいないのですが、

見どころ満載ですね(^^)/

 

もっと色々な西津軽を多くの方にお伝えできるよう、

アテンダント一同頑張ろうと誓った貴重な研修でした!

 

JR驫木駅

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒラメと幻の魚イトウをランチでいかが?🐟

2017年4月5日 / ブログ, ランチ, 鰺ヶ沢情報

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

今日の津軽は快晴です☀

こんな晴れた日は、今日のFacebookのちえっちーみたいにドライブしたくなりますよね!

Facebookを見れないという方のために今一度画像を。これこれ!

国道101号線を走っていると、JR五能線リゾートしらかみと遭遇!なんてこともあるんです。

 

 

 

海や山を見ながらドライブ・・・

青森県の西海岸・鯵ヶ沢に向かうアテンダント一行。

鯵ヶ沢に来たからには名物のアレを食べなきゃ始まらない!

お昼にドライブインしたくなりました!

到着したのはココ!

 

ドライブイン汐風

 

 

 

ご当地ゆるキャラ「ヒラメとヅケどん」がお出迎えしてます💛

玄関を入ります。いきなり地図が!鯵ヶ沢の場所を確認できますね。

 

 

テーブル席4人掛け×6、小上がり(お座敷)4人掛け×14といったところでしょうか。

店内奥、お座敷のほうへ進むと・・そこはオーシャンビュー🌊

海を見ながらお食事が出来るわけです。

※残念ながら逆光のため撮影できず(;^_^A 想像でお願いします。

 

さて、メニューをおおおおおお!

豊富すぎる!これは迷うではないですか!

 

 

 

でも、そこはやっぱり海処にきたわけですから、ご当地の名物丼を食べなきゃ津軽半島観光アテンダントがすたる!

ということで鯵ヶ沢名物「ヒラメのヅケ丼」「幻の魚 いとう丼(しょうゆ味)」を頼むことにしました。

お茶をすすり、海を待つこと数分。

キターーーーーーーーーーーーーーーー!

 

ヒラメのヅケ丼(1,080円税込)

 

 

見ました~?

このヒラメのツヤ感!

おゆきはお寿司で最初に食べるのが白身の魚でヒラメなんです!

だって青森県のヒラメは美味しいんですもの!ヒラメのエンガワも最高🎵

そのヒラメがヅケになっている・・もちろん味も最高に決まってるじゃないですか!

実際、身もプリプリしてちょうど良い歯ごたえがあり、一同納得!

めがった!(美味しかった)

ちなみに、ご当地丼「鯵ヶ沢ヒラメのヅケ丼」は町内10店舗の他お弁当を町内2店舗で提供しています。

お店ごとの違った味を楽しむのも良しです。

詳しくはコチラのホームページをご参照ください。

http://www.ajiiku.jp/dukedon.html

 

 

続いてでてきたのが・・・

待ってましたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

幻の魚いとう丼 しょうゆ味(税込1,980円)

 

 

おゆきはこの日を待っていた!

幻の魚と言われるイトウを養殖に成功した鯵ヶ沢町。

淡水魚の王様の「イトウ」。

現在日本では北海道の一部の河川や小沼に生息するのみといわれています。

本州では絶滅ないし絶滅に近い状態の「イトウ」。

なになに?

「どうせ養殖でしょ?」

その発言に・・・

「喝!」

なぜなら、イトウの養殖は難しいんです!

育てるだけでも大変なのに、さらに味をよくするためにとなるとかなりの技術がいることでしょう。

その点、鯵ヶ沢のイトウ養殖施設は、世界自然遺産白神山地エリア(赤石川上流部)に位置しとても環境が整っています。

さらに飼料は魚やエビを粉末にしたもののみを与えているため、寄生虫の心配がありません。

サケ科のイトウ。安心して刺身を食べれますね。

さらに抗生物質などの薬品を使用していないのもこだわりとのこと。

安心・安全!

 

じゃあ、肝心の味はどうなの?

そうでしたね!

味は・・期待を裏切らない!

川魚って臭みのあるイメージがありませんか?

でも、この鯵ヶ沢のイトウは全く臭みがありません!

甘味があり、脂がほどよくのっています。

鮭のようで鮭じゃない。

トロみたい!と思ったら、「川のトロ」と呼ばれるそうです。

黄身の醤油漬けがまた美味しいの!一緒に食べると一味違ってイイ🎵

さらにはがごめ昆布醤油が合う合う!

ああ箸が止まらない・・。

美味い!

 

二つ食べたい?

そんなわがままなこと・・・

出来ちゃうんです!

鯵ヶ沢町代表「ヒラメ」と幻の魚「イトウ」のコラボレーション!

ドライブイン汐風の限定メニュー「イトヒラ丼」(税込1,500円)もあります。

 

さあ、軽やかな季節がやってくる津軽、西海岸・鯵ヶ沢で名物丼を堪能しちゃいましょう!

また食べにこようっと🎵

せばね(^^)/

 

ドライブイン汐風

〒038-2731 青森県西津軽郡鯵ヶ沢町大字赤石町字大和田38-1

℡0173-72-3401

営業時間:夏期 10:00~18:00(LO 17:30)

     冬期 10:00~16:00

定休日:12月31日・1月1日

駐車場:有(30台)※大型車両もOK

アクセス:JR陸奥赤石駅より徒歩約20分

 

五所川原にネパールがやってきた!!

2017年4月3日 / おすすめの夕食, ブログ, ランチ, 五所川原市情報

皆さま~、こんにちは!みっちょんです(*´▽`*)

4月に入り、初めてのブログです。

新年度ですね。寒い、寒いと思っていたらもう春です!

2017年度のアテンダントも走り続けますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします☆

 

さて!

実は、3月に新しいお店がオープンしたのです♪

五所川原駅より徒歩5分ほど…

本格的なカレーのお店( *´艸`)

 

早速、行ってきましたよー♪

DIYO(ディヨ)

というお店。「灯」という意味の言葉だそう。

 

元の山口靴店、と言えば五所川原市民の方にはわかっていただけるでしょう。

 

みっちょんはティッカマサラ(990円)というチキンが入ったトマトベースのカレーを注文。

でっかいナン、もしくはご飯がついてきます。

「おかわりは100円よー」とお店の人に言われたけども…この大きさでおかわりする人がいるのだろうかという疑問が先に立ったのでした(;’∀’)

具のチキンはタンドリーチキンが入ってました♪

お肉も柔らかくって美味しー!!!

 

ナンは店内で手作り。

みっちょん、お願いして厨房でナンをつくるところを見せていただきましたよー( *´艸`)

大きく伸ばした生地…これ、テレビとかで見たことあるー!!

それをペタっと丸っこい板(?)につけて、釜の中へ。

壁際にペタっと器用につける姿は「おぉ…」と思わず声が漏れていました(笑)

そして、このナンをつくっているお兄さん、ブッタさん!!

笑顔がとっても素敵でした☆

 

ナンは半分のキッズサイズもあるとのこと。小食の方はご利用ください♪

 

ち・な・み・に。

カレーの辛さは甘口~インド人も限界の10段階から選ぶことができます(^_-)-☆

みっちょんは初めてだったので、中辛を選んでみました。程よい辛さ♪

インド人も限界の辛さが一体どれほどの辛さなのかが気になる…

誰か、挑戦した方がいたら教えてください。

 

ネパール人のスタッフが一生懸命慣れない日本語を話して接客してくれます。

五所川原駅からもほど近いこの場所にいいものができたなぁ、と思っています。

近くを通るとスパイスの香りがします(*´▽`*)

お得なランチメニューもあります。

 

カレーは20種類以上あるので、次は何を食べようか?と今から悩み中(笑)

皆さまもぜひ~。

 

 

【DIYO(ディヨ)】

五所川原市本町25‐8

電話 0173‐26‐1108

営業時間  11:00~15:00(昼)  17:00~21:00(夜)

      11:00~21:00(土・日・祝)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よし、行くぞ~コレクションミュージアム✨

2017年3月31日 / その他, ブログ, 五所川原市情報

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

3月31日はストーブ列車運行最終日ですね!(来年もありますよ、もちろん)

今年もこんな風に頑張りました。

 

 

 

冬の車窓からはこんな吹雪も見えました・・・

 

 

ああ、なんだかあのメロディーが・・・

🎵逢いたくて~ 夜汽車乗る デッキの~窓に~♪

🎵とめどなく頬つたう 涙の~あとを~♪

🎵追いかけて~ 追いかけて~ 追~いかけて~ 雪国~♪

 

 

というフリで、今日紹介するのはココ!

Y.C.M 吉幾三コレクションミュージアム

※画像は移転してリニューアルオープンした当時のものです。

 

 

誰でもわかる!この大きな看板が目印☆

 

 

 

そして中に入ると・・吉幾三さんの愛用ギターコレクションがずらり!

他にも吉さんが実際に着用した衣装も展示していましたよ。

 

 

でも!

観るだけじゃあないんです!

おススメが・・・

このカラオケルーム!

 

 

 

おゆきのように吉さんに囲まれ、熱唱!

できちゃうんです!

しかもよ~く見てください。このおゆき着用のこの衣装。

吉幾三さんの実際に使用した衣装です💛キャー💛

試着できる衣装もあるんです☆

尚、歌う曲は吉幾三さんに限ります。

 

 

あ~歌ったら喉が渇いた・・。

おっと!

フロントに吉幾三さんのオリジナルりんごジュースがあるじゃないですか!

吉さんは自分のりんご農園持ってますものね。

2個セット330円。※通信販売でも購入可能。

 

 

りんごジュースはお土産でいいよ。

他にないの?って?

ありますよ、ちゃんと自動販売機が。

ほら!

 

 

普通?

ノンノノン!

よく見てください!

カップまで吉幾三さん☆

 

 

 

あれ?前に吉幾三コレクションミュージアムが移転したって見たような・・・

と思った方、

ありがとうございます!

私たちのFacebookをよくご覧になってくださってるということですね(^^)

そうです。オープン当時Facebookでご紹介させていただいているのです。

ただ

今日はこ~んな楽しみ方があるよ~ということで改めて紹介させてただきました!

 

 

ちなみに!

吉幾三さんのカラオケの練習は無料。

CDに入れる場合は1曲1,500円。追加1曲ごとに500円追加です。

吉さんのオリジナルカバーやCDにレーベル印刷がしているものです。

 

 

最後はやっぱり、吉幾三さんと一緒に

「ハイ、チーズ」

 

 

 

吉幾三さん尽くし1日体験のおゆきでした~。

皆さまもどうですか?

「あ~面白れがった~♪」

 

 

Y.C.M吉幾三コレクションミュージアム

TEL0173‐26‐6686

営業時間:9:00~19:00(4月~9月)

9:00~17:00(10月~3月)

休業日:8月13日・12月31日・1月1日

入館料:大人・大学生 800円

中学・高校生 400円

小学生以下  無料

HP:http://www.ikuzo-cm.jp/index.html

アクセス:五所川原駅より徒歩5分。立佞武多の館向い。

 

 

 

 

ミニトマト収穫してみませんか??

2017年3月29日 / 2016年度イベント, 2017年度イベント, イベント, イベント情報, イベント情報, イベント情報, ブログ, 板柳町

 

 

こんにちは、みきてぃです。

 

 

みなさん、トマトはお好きですか?

アテンダントのみっちょんトマト大大大好なんです!!

私も好きな野菜です。

 

のまま食べてよし、てよし、いてよしの万能選手ですね(^^)♪

色も種類も栄養もとっても豊富!

なんと黒トマトってのもあるんですよ(^^)!!

真っ黒いわけではなくアメリカンチェリーみたいな色をしていて、

一見すごく酸っぱそうな感じですが、

実際は酸味が少なてとても美味しかったですよ~

店頭に並んでいるのを見たら、ぜひ一度お試しを!!

 

う~ん、なかなか店頭に並ばないよ~と言う方、

ホームセンターやネットでを購入できますよ

 

そう!育てるの!!

 

トマトでも育てられるので、

気軽に家庭菜園始められちゃいます♪オススメです(^^)/

 

 

さて、

今日は、育てなくとも収穫体験できるイイとこどりのイベントをご紹介!!

 

トマト収穫体験 IN 板柳町

 

【体験期間】

2017年3月22日~2017年6月30日

 

【料金】 

200円(1袋 約200g/15~18個くらい)

 

【利用時間】

9:00~12:0013:00~16:00

 

【所要時間】

10分程度

 

【場所】

青森県北津軽郡板柳町福野田本泉34-6

板柳町ふるさとセンター内 温室ハウス(本館バーベキュー広場横)

 

※お出掛けの前に、

 必ずお電話でお問合せください!!

 ・ミニトマトの生育状況により、体験期間を変更する場合があります。

 ・作業の都合により、お休みをいただく場合があります。

 

【お問合せ先】

板柳町ふるさとセンター総合案内所

電話 0172-72-1500 

 

 

さらに

このふるさとセンター施設内の温室ハウスでは、トマト

水耕栽培

しているんです(>Ⅴ<)!!すご~い

じゃないんです!!気になる~

 

美味しいトマトが収穫できて、

水耕栽培の様子も見れて、

なんと、200円

星、三つです!!!

☆☆☆

 

トマトの生育状況にもよりますが、

6月いっぱいの予定で収穫体験できますので、

みなさん!!板柳町に集まれ~

 

 

※画像はイメージです。

 

 

 

 

老舗豆腐屋さんの食堂だ~♪

2017年3月27日 / ブログ, ランチ, 五所川原市情報

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

今日は曇りですが、最近はお天気がいい日が続いています。

雪も溶け長靴をはかなくてもいい日が多くなりました。

道路にも雪がないので歩きやすい毎日です。

それならば・・・話題のあの店へ行ってみましょう!!

ということで、行ってきたお店をご紹介します!!

 

 

津軽五所川原駅より徒歩約12分。

到着したのがこのお店☟

 

昭和6年から営業している老舗豆腐店が平成28年6月に始めました。

福士豆腐食堂

※画像は平成28年6月のものです。

 

 

中はテーブル席4or5にカウンター席と縦に長くスッキリしてデザイン。

豆腐屋さん、うどん屋さんのイメージがしない!

 

 

おゆきが頼んだのは、こちらの「豆腐イカめんち定食」(880円税込)

豆腐が入っているからかふんわりしていて食べやすい!

且つ、ニンニクが効いていてごはんも進みます。

これはめ~な~(美味しいですね~)

そして・・このおぼろ豆腐が最高!

 

 

平成28年6月取材時に同行していたみっちょんが頼んだのが、福士豆腐食堂さんがイチオシ!

「豆腐イカめんちかき揚げうどん」(780円税込)

 

 

 

豆腐イカめんちのかき揚げが大きい!そして美味しい!

 

 

どのくらい美味しいかって?

このみっちょんのイカめんちかき揚げうどんに夢中になっている表情でおわかりになると思います。

注)平成28年6月に撮影したので半袖です。

 

 

1年も前に取材していたのに・・・皆さまにお知らせするのが大変遅くなってしまいすみません!

情報が古くてはいけない!という思いとまた食べたい!という熱い思いがまた福士豆腐食堂さんに

おゆきを向かわせました。

以前、女子高生が食べてて気になりつつ食べれなかったこれ!

「三角キツネうどん」(750円税込)

 

 

うどんが美味しいと定評のこのうどん!

少し細麺で、もっちもちのつるっつる!

のど越しがいい!

うんめ!(美味い!)

 

 

 

そして丼を牛耳っていたこの大きな三角キツネ!

厚さ1cmはあるだろう・・・キツネは食べごたえ十分!お腹がいっぱいになります。

 

 

そしてOPEN当時はなかったメニューが豊富になっていました。

五所川原産大豆を使った豆乳カレーやおぼろ豆腐のマーボー豆腐など気になるものが!

詳しくは福士豆腐食堂のホームページFacebookでご覧くださいませ。

 

そしてそして!

女子には嬉しいデザートが充実!

フルフルトロトロのなめらかさ。

カラメルとの相性がGOOD🎵

プレミアム豆乳プリン 230円(税込)

 

 

ヘルシーで豆乳感控えめの美味しいデザート☆

豆腐レアチーズ  250円(税込)

 

この2つのデザートですが、なんとなんと!

店内でお食事したお客様はそれぞれ特別価格でお召し上がりできます!!!

もちろん、お持ち帰りできます。

●プレミアム豆乳プリン 通常230円→特別価格180円

●とうふレアチーズ   通常250円→特別価格200円

 

 

お豆腐やキツネも店内で販売していますよ~

 

 

ポイントカードもできました。

貯まるとなんの特典なんでしょう?楽しみ♪

 

 

 

また、お子様やちょっとだけ食べたい方にピッタリのミニサイズの丼などもあります。

豆腐イカめんちはお持ち帰りもできますよ。

気になるでしょう?

お気に入りメニューが見つかるはず!

ぜひ行ってみてくださいね☆

 

 

福士豆腐食堂

〒037‐0064 青森県五所川原市下平井町159

℡090‐9424‐2940

HP:http://294tofu.com/info

営業時間:11:00~14:30

定休日:火曜日

アクセス:五所川原駅より徒歩約12分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行ってきました!札幌に★

2017年3月24日 / イベント参加, ブログ

皆さま~、こんにちは!みっちょんです(*´▽`*)

三月も下旬になり、春はもう目の前!と、思っていたら…

まだまだ!と言わんばかりの雪が(@ ̄□ ̄@;)!!

昨日から降ったり止んだりを繰り返して、うっすら積もってみたり。

今日もチラチラ降っています。これが最後の雪になるかしら~?

 

 

さて!

今回は先日行ってきました札幌駅でのPRの様子をご報告いたします~。

 

青森県・津軽海峡圏観光PRイベントin札幌

 

3月18~20日の三連休に開催されました。

 

札幌駅西口構内に設置されたイベントブース。

札幌なのに青森にいるような…そんな気分になります。展示されているねぶたはマグロを釣っていますよー。

 

このステージの周辺に、青森県各地域と道南地域の観光パンフレット等を設置したブースがあります。

イベントスタート前なのに、お客様が立ち寄ってくださいました♪

これは幸先良いぞー!

 

テープカットでイベントスタート!!

 

イベント開催中は青森県各地域の観光PRと青森県ならではのプレゼントが当たるクイズ大会がありました。

各地域趣向を凝らしたスライドを札幌の皆さまに見ていただきながらのPRタイム。

メモを取る方や、「うん、うん」と頷いてくださる方などどの方も熱心に話を聞いてくれて嬉しかったなぁ…★

 

みっちょんもしっかりとPRしてまいりましたよー。

 

奥津軽いまべつ駅から立佞武多、そして桜まで!しっかりとアピール、アピール。

ちょうど開花予想が出た後だったので、北海道の皆さんにお伝えすることができました(*^-^*)

みなさん、遊びに来てねー。

 

津軽三味線の演奏もあって、大賑いでした!!

かなりの人だかりができていましたヨ。心に染み渡るような、それでいてリズムを刻みたくなるような…惚れ惚れしちゃうくらい素敵な演奏でした(*´ω`*)

皆さん、聴き入っていましたね。

 

北海道新幹線コーナーにはH5系の模型が飾られていて、ちびっ子を中心に皆さん立ち止まっては写真を撮っていました。

 

みっちょんが参加したのは三日間のうち二日間でしたが、札幌の方たちの温かさにジーンとして帰ってきました。

「青森に行く予定があるんだ」「青森のお米やお酒が好きなの」「行きたいんだけど、ここに行くにはどう行けば良い?」

など、嬉しい言葉の数々。

皆さん。両手を拡げてお待ちしていますから♡ いつでも青森に来てくださいねー♪

 

お天気が良くて、飛行機の中から外を見下ろすと…下北半島の端っこ・尻屋崎ではなかろうか~。という景色を見ることができました☆

 

 

 

 

 

 

 

 

津軽飯詰駅「元・宿直室」の改装完成お披露目会!

2017年3月22日 / ブログ, 五所川原市情報, 津軽鉄道情報, 津軽鉄道沿線情報

皆さま~、こんにちは!みっちょんです(*´▽`*)

気がつけば三月も後半。残すところ10日ほどとなりました。

春の便りも続々と。

近隣の田んぼには白鳥がたくさん降り立って餌をついばみ、福寿草も花を開いています。

東京では桜が開花したというニュースもありましたね(*´ω`*)

 

みっちょんたちアテンダントが毎日乗務している津軽鉄道にも嬉しいニュースがありました!

今日はその話題をご紹介☆

 

津軽五所川原駅を出発すると三つ目の駅「津軽飯詰」

「蟹田ってのは風の街だね」ならぬ、「飯詰ってのは風の町だね」だった一枚。

吹雪いてるときに比べたら弱いくらいではありますが(;´∀`)

 

どんなニュースかと言いますと…タイトル通りの「元宿直室の改装完成お披露目会」だったのですー♪

 

車内から、工事の様子は時々見ていたけども中を見るのは初めて!

楽しみ楽しみ♪

 

まず、どの辺りを改修工事したかと言いますと…

列車から降りて、撮ったこの写真で言うと右端の部分です。気持ち奥まっている部分ですね。

ここが、津軽飯詰駅が有人駅として使われていた頃の宿直室に当たります。

 

駅待合室から駅事務室というお客様には未知の世界であろう空間に突撃!どうも~。

待合室から未知空間に入るところを撮ってみました( *´艸`)

 

事務室から中に入ってすぐ左側を向くと…何ということでしょう♪ そこには広々空間が広がっており、大きな窓からは陽の光が…

畳だったお部屋はフローリングへと生まれ変わったのです☆

※有名なあの番組と同じテーマソングをBGMにお楽しみください(*’▽’)

 

壁際には、有人駅として営業して頃には列車が出発する度に大活躍していた装置があるではありませんか!

YouTubeで見たことあります。

 

前に目を向けると、そこには元の扉を有効活用した空間が!!

奥には何やら台所らしき空間があるではないですか。……行ってみましょう。

 

水回りのシンクが綺麗になり、壁の棚は元々あったものをそのまま使用。

昭和のかまりっこ(匂い)がプンプンしますねー!

 

これらの工事をしてくださったのが、東北職業能力開発大学校秋田校の皆さん。

平成25年度の改修計画から今回の完成まで、何と4年の歳月がかかっています!

秋田からやってきて工事をするというのは、本当に大変な作業だったと思います。

住居環境科の皆さんが卒業研究の一環として行っていたとのことですが、学生の引継ぎ作業や現地とのやりとり等、先生始め学生の皆さんはみっちょんでは想像できないくらいの苦労があったんではないかなぁ、と想像しています。

改修工事の様子を時々、津軽鉄道の列車内から見ていて手を振ることで「頑張って」の気持ちを伝えることくらいしかできませんでしたが、こうして完成したものを目の前にすると感動★の一言につきます。

 

今回、お披露目会にかけつけてくれたのが工事に携わったという今春卒業した佐藤 颯音(さとう はやと)さん。

自分たちでつくったビフォーアフターの模型を津軽鉄道社長に手渡ししていました。

 

模型の左がビフォー、右がアフターです。

壁を解体したんですね!(;゚Д゚) 大変な作業だったろうなぁ…と、こちらも想像。

 

今回の津軽飯詰駅改修工事には、工事を行った東北職業能力開発大学校秋田校はもちろんのこと、同じく飯詰にある東北職業能力開発大学校青森校の皆さま始め飯詰を元気にする会の皆さまや飯詰地区の各関係者の方などたくさんの方の協力が結集しています。

地域の力ってすごい。

改めてそう思いました。今後、飯詰を元気にする会の皆さんが基本的な管理を担い、活用法などを考えていくようです。

地域の憩いの場になってくれたら嬉しいですね。

と、いうことで飯詰地域はこれからも注目必至!!です(*´▽`*)

 

※今回改修工事をした宿直室は今のところ、いつでも開放しているわけではありませんのでご注意ください。

 

【お問合せ】

飯詰を元気にする会

 代表  岡田さん 080-1833-9316

 

ご案内はわたくし、みっちょんでございました(*’▽’)

手が巨大(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

りんご娘も来る!奥津軽いまべつ駅でも開業1周年イベント!

2017年3月20日 / 2016年度イベント, 2017年度イベント, イベント, イベント情報, イベント情報, イベント情報, ブログ, 今別町情報

こんにちはちえっちーです。

三連休の最終日の今日も津軽は気持ち良いお天気でした!

お客様にもたくさん来て頂き、本当にありがとうございました。

まだアテンダントになっていなかった去年のある日、私は偶然、

用事で県内の鉄道を利用していました。

今日のようにとても清々しいお天気の日で、いつもは見かけないような立派なカメラを

持った方が沢山いらっしゃいました。

その時、そうか今日は北海道新幹線開業の日なんだ!

と気づいたのでした。

 

おめでとうございます、奥津軽いまべつ駅も開業1周年!

初めてのお誕生日は皆さんで楽しく・美味しく・にぎやかに楽しみましょう!

🚅奥津軽いまべつ駅開業1周年

記念開業イベント🚅

 

日時 

平成29年3月26日 ㈰

10:00~15:00

(オープニングセレモニー9時50分~10時)

場所

奥津軽いまべつ駅

ダーツの旅で森昌子さんにも披露した郷土芸能が見られます!!

🐎 今別町大川原荒馬演舞 

★改札内への入場券が必要です。大人170円、小人80円

1回目 10:30~

2回目 14:00~

 

ご当地アイドル日本一に輝いたりんご娘さ会いにいぐど~!!

🎤りんご娘ミニライブ🍎🍎🍏🍎🍎

★改札内への入場券が必要です。大人170円、小人80円

1回目 10:45~

2回目 14:15~

 

物産販売 

10:00~15:00

・いまべつ牛(9:00~)

 

・いのしし串焼き ・サザエ焼き

・イカバーガー  ・ほたて佃煮

・トマトバーガー ・トンネル巻き

・がっぱらもち  ・日本酒

・シフォンケーキ       他

 

🍚色々な市町村より、無料振る舞いが沢山!!はらいっぺ~さなるね~

10:00~今別町マグロもつ煮

11:00~平内町ベビーホタテみそ汁、蓬田村ベビトマスープ

13:30~外ヶ浜町ガニ汁、中泊町メバル汁

 

あらまくん、たずなちゃん、マギュロウ、決め手くんもくる!!

 

すごい魅力的なイベントですよね~

りんご娘はず~と前から頑張っていて、とうとう今のスタイル抜群の皆さんが

日本一に輝いてくれました。

りんご娘の名曲と言えば『彼の軽トラに乗って』

軽トラ・・・津軽の家庭には一家に一台と言っても過言ではない名車ですが。

アテンダントの中で、一番軽トラを運転できる人をご存知ですか?

さぁ、だれ?

 

答え、今も現役で乗りこなしている

 

 

それは、 みきてぃ………かっこいいんだはんで~🚚 🏇

 

 

 

 

 

 

 

北海道新幹線一周年おめでとうございます!

2017年3月17日 / 2016年度イベント, 2017年度イベント, イベント, イベント情報, イベント情報, イベント情報, ブログ, 中泊町情報

 

 

こんにちは、みきてぃです。

 

北海道新幹線が開業して、早一年

沿線や関係先では一周年をってあちこちでお祭りが開催、また開催が予定されているようですね!!

 

と言うことは

津軽鉄道津軽中里駅からJR奥津軽いまべつ駅を結ぶ連絡バス

祝☆一周年

なわけですね!!

この連絡バス、JR五能線~津軽鉄道~新幹線を繋ぐ、

津軽半島をじっくり巡れるイカしたバスなんです(^^)/

 

もちろん、ありますよ、

お祭

 

北海道新幹線開業1周年記念

「津軽半島元気まつり」

 

 

【開催日時】

平成29年3月26日(日)

10:20~14:40(予定)

 

【会場】

津軽鉄道 津軽中里駅

駅ナカ「にぎわい空間」

 

 

ココで行われるお祭り、いつも内容が盛りだくさんなんですよね~

さて、今回はどんなかな~(^^)♪

 

 

【内容】

10:20開会式

10:30津軽伝統「金多豆蔵人形芝居」 無料公演

11:20権現漁火会によるよさこい演舞と中里三味線会による津軽三味線演奏

12:00祝!ふるまい餅つき(先着150名様)

12:40中里横笛愛好会によるお囃子演奏

13:20健康ダンス「べえ子ちゃん」ショー

14:00網おこし囃子保存会によるお囃子

14:20津軽半島と津軽鉄道につてのあついトーク

 

なかなか濃い内容ですよ~

ありますね~!!餅つき\(^^)/ワーイ

 

そしてなんと、「金多豆蔵人形芝居」が無料公演!!

この人形芝居は、子供から大人まで、

地元の方から観光のお客様まで根強い人気なんですよね♪

ディープな津軽弁が繰り広げられる“ザ・津軽”なお芝居です!

 

他のどの催しも、

笑って、見て、聞いて、動いて、

盛り上がること間違いなし

まさに、お祭りのタイトル通り!!

津軽半島元気まつり

ですね(^^)

 

 

【お問合せ先】

中泊町水産観光課 

電話 0173-57-2111

 

 

 

 

春も来るけど夏も来る!立佞武多観覧席受付!

2017年3月15日 / 2017年度イベント, イベント情報, イベント情報, イベント情報, ブログ, 五所川原市情報

こんにちは、ちえっちーです。

私がアテンダントになってもうすぐ8ヵ月ですが沢山のお客様に出会うことが出来ました。

その中でも、団体のお客様の時はマイクを握って沿線案内をさせて頂きます。

お客様とワイワイ楽しく会話をしながらお話させて頂いたりするのですが、

この8ヵ月間で3度も女性お笑い芸人の方に似ていると言われました。

2度目まではお客様本人が芸人さんのお名前が思い出せず、

3度目の時も思い出せないようでしたので私の方から「渡辺直美さんですか?」

と聞きましたところ、周囲からは笑いも起きましたが「違う」ということで、

その後、思い出されて叫んだお名前は「キンタロー」さんでした。

「エラ、張ってますもんね~」と答えると、他のお客様は「キンタローより美人よ!」

とおっしゃる方もいらっしゃり、楽しくやり取りは終わりました。

ありがとうございました。

1人目・2人目のお客様の思っていらっしゃる芸人さんが誰だったのかは

定かではありませんが、いずれにせよキンタローさんなど、たくさんの女性芸人さん

にも来て頂きたい、ちなみに私はブルゾンちえみさんに会いたい!

今年の五所川原立佞武多(2017年8月4日(金)

~8日(火)開催)の有料観覧席の申し込みが始まりました!!

 

 

各団体五所川原立佞武多

有料観覧席申し込み開始

有料観覧席もいろいろな団体が御用意しておりますので、今回は色々まとめてみました!

色々吟味してご自身に合う団体のお席を申し込んでくださいね~。

それぞれの団体によって申し込みの方法、受付開始日時、観覧場所、

販売価格他それぞれ違いますので、充分ご注意下さい。

 

★五所川原立佞武多運営委員会の有料観覧席★

 

《有料観覧席の場所》

「ローソン五所川原市役所店」向かい側の2区画地図詳細

パイプイスの全席指定 1席2,500円

受付開始日時(※注意:購入席数により異なります)

1日当たり10席以上買う方/ 2017年3月3日(金)9時~

1日当たり9席までの席を買う方/ 2017年4月24日(月)9時~

どちらも9時前の申し込み不可

 

申込方法

申し込み用紙により、FAXまたは窓口にてお申込み下さい。電話での申し込み不可

申込用紙ダウンロードはこちら

 

お申し込み・お問合せ先

五所川原立佞武多運営委員会(五所川原商工会議所内)

〒037-0052 青森県五所川原市東町17-5

電話 0173-35-2121 FAX0173-35-2124

窓口受付 平日9時~16時

その他、キャンセルについてなど申し込み要項の詳細はこちらです

引き渡し方法などが書かれている五所川原立佞武多運営委員会のホームページはこちら

 

★株式会社まちなか五所川原の有料観覧席★

《有料観覧席の場所》

立佞武多のスタート及びゴール地点

パイプイスの全席指定 1席3,000円

受付開始日時

2017年3月20日(月)10時~

窓口受付10:00~17:00

FAX・メール受付 24時間

申込方法

専用申込用紙に希望日、希望座席数など必要事項を明記の上、

FAXまたはメール、窓口にてお申し込みください。

FAX申し込み用紙はこちら

 

メール申し込み用紙のダウンロード先やキャンセル料など各種詳細は

こちらのホームページをご覧下さい。

 

予約が取れたか取れないかの回答書送付について

予約可否を2017年3月27日(月)より電話、FAX、メールにて回答致します。

申込書送付より1週間程度で回答書を送付します。

 

 

電話での申し込み不可、座席指定不可。

 

お申し込み・お問合せ先

株式会社まちなか五所川原(太宰治「思い出」の蔵内)

立佞武多有料観覧席係

〒037-0063 青森県五所川原市大町501-2

電話 0173-33-6338 FAX0173-33-6338

 

★トカトントンスクエア2階 和モダンカフェのテラス席の有料観覧席★

 

 

《有料観覧席の場所》

トカトントンスクエア2階 和モダンカフェのテラス席

全席指定、テーブル・イス付 1席3,500円  (座席指定不可)

別売りで、ドリンクコーナー、お弁当の御用意もできます。

詳細は和モダンカフェのホームページをご覧下さい。

↓ ↓ ↓

http://www13.plala.or.jp/wamodancafe/

 

お申し込み・お問合せ先

まちなか喫茶 和モダンカフェ

〒037-0063 青森県五所川原市大町501-5 トカトントンスクエア2階

電話とFAX 0173-33-5251又は担当の和島様090-7332-3754

 

さあ、今年が最後の和藤内を見に、五所川原に全員集合ですよ~!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「太宰治への伝言」シナリオ作品決定!映画化に!

2017年3月13日 / イベント参加, イベント情報, お知らせ, ブログ, 五所川原市情報

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

昨日から津軽は気温が高く、あんなに道路にあった雪も溶けてしまいました。

今日も7度まで上がる模様。

ストーブ列車はさぞ暑いことでしょう。

みきてぃ、頑張れスルメ焼き(笑)

 

さて

 

先日、おゆきは観光ガイドの仕事をしてまいりました。

そのガイドしたツアーの皆さまが、先日Facebookでご紹介した

「太宰治への伝言」~斜陽館と金木の町を舞台にした家族・絆の物語~シナリオ募集

で見事選考された3作品の受賞者たちだったのです!

後ほど改めてご紹介しますが、本日はその授賞式から街歩きまでレポートしたいと思います。

 

まず新青森駅で受賞者の皆さま方をお出迎え。

バスの車中で津軽のことをおゆき節にてご案内~画像なしだけど~(;´∀`)~

授賞式の前に到着したのが、ただ今休村中のかなぎ元気村「かだるべぇ」

昼食&打ち合わせTIME.

 

気になるメニューはかだるべぇ特製お膳です。

ホタテ入りの貝焼き味噌、にんじんの子和え、金木名産馬肉の高菜みそ合え、さごぼうやふきの山菜煮、つるつるわかめ、梅干し(金木特産)漬物、さもだしの塩辛、けの汁。(お料理の説明の時いなかったのであくまで食べた印象です。)

 

 

その「けの汁」。たくさんの具材が全く見えてなくすみません(;^_^A

けの汁・・今回の映像化にもある意味関わります。読み進むとわかります☆

 

そんな美味しい昼食タイムも終え、来たのがここ斜陽館。

そう!有名な小説家太宰治の生家です。

 

 

今回の選ばれた3作品の映画化の舞台ともなる「斜陽館」で3月11日(土)に粛々と授賞式が行われました。

 

主催であるNPO法人かなぎ元気倶楽部様より賞状と記念品が受賞者に手渡されました。

 

 

 

今回、応募された70名82作品の中から見事、選ばれた3作品と受賞者の皆さまです。

左から

浅川 徳義 様 「斜陽のこころ」

船渡 高  様 「ニンゲン、シッカク」

是川 詩乃 様 「太宰治への伝言」

 

改めて、おめでとうございます!🎉🎉

素晴らしいですね。

あれ!せっかくの受賞者の皆さまの写真なのに!おゆきカメラマンの失敗により浅川さんが目をつぶっている!

ので、改めて・・・

 

 

この画像からも伝わると思いますが、素敵な笑顔同様優しい雰囲気に包まれた方たちでした。

その作者たちの作品がどのようなものなのか、そしてショートムービーがどのように出来上がるのか楽しみでなりません。

その選考委員であり、今回の映画監督を務めるのが画像右上の千村利光氏です。

千村監督の代表作といえば、つがる市PR短編映画「けの汁」です。

この映画は2011年につがる市合併5周年を記念して作られたものなのですが、なんと!

2014年兵庫県高砂市「高砂しあわせ映画祭」でグランプリ受賞!

実力派の千村監督の手により、作品がどう活かされるのか皆さま来年の公開までお待ちくださいね!

2017年9月より撮影開始。

同年11月には太宰治記念館「斜陽館」で試写会。

それから!

「太宰治への伝言」ショートムービー

2018年1月 公開

予定ですよ!

また詳しいことがわかり次第お知らせ致します。

 

この記者会見後、太宰治の生家「斜陽館」を改めて見学し・・

 

雲祥寺で太宰が幼少時怖がった地獄絵図、後生車を見て・・

 

津島家の菩提寺南台寺に行き・・

 

特別に中も見学させていただきました。

看板に「金隆寺」。それがわかる見事な金の龍!

 

ここにも龍。

 

太宰治がいつも通っていたといわれている「日曜学校」。年代を感じさせる貴重な本がずら~り。

 

時代を感じさせなかったのがコチラ☟今も昔も子供のいたずらは変わらない(笑)

 

その後、受賞者の皆さまは津島家新座敷に向かいました。

以上、レポートでした。

来年1月の「太宰治への伝言」ショートムービー公開!ぜひご覧くださいね!

せばね(^^)/

 

 

 

 

金木駅近 おやきやさん☆彡

2017年3月10日 / おやつ, ブログ, 五所川原市情報

 

 

は~る~よ~ 遠き春よ~♪

は~るよ来い は~やく来い♪

 

最近、頭の中でエンドレスリピート、みきてぃです。

 

3月に入り、やっと落ち着いてきましたね、インフルエンザ。

しかし!まだまだ油断は大敵です!!

忘れた頃に襲われるパターン、良く見かけますので、

皆さまご注意下さいませ(^^)/

 

さて、金木駅の駅前、以前から気になっていたお店に行ってきました!!

駅を出て真っ直ぐ30秒ほど進むと左側にありますこのお店、

店名

おやきや

 

店名の看板はないのですが、

黄色いしょうがみそおでんの看板が目印

 

早速中に入ってみると・・・

たこ焼き~(350円 税込)

ちょうど焼きあがったところでした!

なんてグッドタイミング(^^)b

 

これは、食べない手はないですよね~

ということで、実食!

 

ねぎ紅ショウガが効いてますね~(^^)

あつあつほくほくでタコもプリッと♪

お腹も大満足、またこの素朴な味がいいんですよね~

 

お店を見渡すと、発見しました、メニュー

 

店主「おでんもオススメだよー」

確かに、外にも看板出てるし、気になってました(^^)

 

しょうがみそおでん100円 税込)

実食!

 

取材に行った日が雪模様だったので、

この熱々おでん、体中に染みわたりました!!

津軽の定番甘めのしょうが味噌が優しい味なんです(#^^#)

うまい!!

 

そうそう、お店の名前にもなってる

おやき(100円 税込)

しかも私の大好きなつぶあん

4個下さい!

 

皆さん、誤解ですよ。

私が4個たいらげる訳ではありません(笑)

アテンダントの先輩方にお土産です♪

皆さん、またまた誤解ですよ。

アテンダントの先輩方に脅された訳ではありません(笑)

 

もっちり厚めの皮の中から、甘さ控え目なつぶあん。

これは美味しくないわけがないですね(^_-)

 

さて、チキン(150円 税込)もありましたが、

既にお腹が満杯だったので、

次回のお楽しみに取っておきましょうね!!

 

次の汽車まで時間が少しあるなーって時でも、

サッと行けちゃう駅近の“おやきや”さん、

皆さんもお試しください

 

 

おやきや

〒037-0202

五所川原市金木町朝日山358-3

営業時間 10:30頃~17:30頃

不定休

TEL 080-1803-3682

 

 

 

 

夜汽車cafe BAR &夜汽車シアターレポートーーー☆彡

2017年3月8日 / 2016年度イベント, 2017年度イベント, イベント, イベント情報, イベント情報, イベント情報, ブログ, 津軽鉄道情報


 

こんにちは、みきてぃです。

 

しっかし降りますね~、雪

だいぶ解けて、地肌が見えていた田んぼも真っ白け。

まばゆい白銀の世界が広がっています!

 

巷のワンコちゃん達も大はしゃぎのはず!!

このワンコちゃんも例外なくお祭り騒ぎ

 

SO!つてっちー

パフパフパフ

 

 

嬉しさのあまり、スコップ三味線を披露していたのは、

先月25日の夜の津軽鉄道のホーム

そうです、この日は夜汽車cafe BAR夜汽車シアターがオープンしていました!!

 

キャンドルでライトアップされた幻想的な世界と、

特製カクテルで楽しませてくれるのは“夜汽車cafe BAR”

津軽鉄道に関する懐かしの映像などを鑑賞できるのは“夜汽車シアター”

毎月1回開催ってところが憎いですよね~(^^)/

 

今回、私みきてぃが潜入いたしましたので、

みなさんにその様子をレポートしようと思います!!

 

 

まずは

夜汽車cafe BAR

 

雪が降り寒い外から車内に入ると、

ストーブの優しいかさが体にじんわり染みてきます(#^^#)

 

 

いい雰囲気でしょう!?

カクテルはもちろんノンアルコールカクテルコーヒーもあるので、

お酒はちょっと…と言う方も大丈夫ですね♪

野菜スティックサンドイッチといった軽食もありますから、

すきっ腹で来ちゃった方は、まず腹ごしらえから(^_-)

 

メニューの数はそんなに多くはないですが、

新メニューもちょこちょこ登場するのでリピーターさんにも嬉しいですね。

 

さて、隣の車両へ移動すると、やっていますね

夜汽車シアター

 

 

ストーブの前の特等席に座り、

懐かしい映像を見ていると時間を忘れてしまいますね

あんな写真こんな写真、懐かしくそして楽しく見ていると…

 

やって来ました!!

 

そうなんです!!

夜汽車cafe BARには毎回つてっちーが遊びに来るんです(^^)♪

大人気の彼がホームに現れれば、すぐ黄色い声が飛び交います!

きゃー!かわいいー!!こっち向いて~!!!

さすがですね~

 

なんと、この夜汽車シアターは飲食物の落ち込みが自由

隣の夜汽車cafe BARでご購入いただいたものも楽しめるんですって!!

私も今度は色々持って来てみようと思いま~す(^^)b

 

 

さぁ、みなさん!!

夜汽車cafe BAR&夜汽車シアター行きたくなったんじゃありませんか?!

 

キャンドルが揺らぐ素敵な空間と、美味しいお酒、

そして懐かしの映像を楽しみに足を運んでみてはいかがですか♪

 

 

次回は、

3月35日25日(土)

津軽五所川原駅4番線ホーム

18:30~21:30(L.O 21:00)

 

【お問合せ】

合同会社ミミック TEL 090-2991-1339

津軽鉄道株式会社 TEL 0173-34-2148

 

 

 

 

「母さん、たぶん俺ら、人間失格だわ」五所川原公演☆

2017年3月6日 / 2016年度イベント, 2017年度イベント, イベント情報, イベント情報, イベント情報, お知らせ, ブログ, 五所川原市情報

皆さま、こんにちは!

おゆきです。

 

3月に入り、全国的には桜が咲いたりしたところもあり春が近づいているムードですね。

しか~し、津軽ではまだまだ冬。

今日ももさもさと雪が降っています。

こんな風に↓

 

 

でも、春を感じる時がたまにあります。

それは・・・目がゴロゴロしたりで花粉が飛んでいる気がする時です!

花粉症。

去年まで平気でもいきなりなったりするようなので、皆さまお気をつけくださいませ。

 

 

さて

 

この度、太宰治の代表作「人間失格」のお芝居が太宰の故郷五所川原市金木町で行われます!

その公演というのがコチラ↓

 

 

劇団 短距離男道ミサイル 20発目

母さん、たぶん俺ら、人間失格だわ

~キャンピングカーで巡る真冬の東北二十都市挨拶周りツアー♨

 いいかお前ら事故るなよ、ぜったい事故るなよ!!編

五所川原公演

 

●日時:2017年3月17日(金)

    19:00~

 ※受付・開場は開演の20分前

 

●会場:津軽三味線会館

  (青森県五所川原市金木町朝日山189‐3)

 

●料金:1,500円

※『時は金なり』割り

      各公演、会場から10分以内に来場されたお客様の中から抽選で1名様に、

      豪華プレゼント贈呈!!

 

●プレイガイド:Livepocket(オンラインチケット)

   http://t.livepocket.jp/t/srm-ns

  ※チケットレス入場でのご案内となります。

 

●出演 加藤隆  小濱昭博  本田椋

 

●お問合わせ

http://srmissile.xyz/

℡:022‐353-9755

 

【劇団 短距離男道ミサイルとは】

2011年「震災後の仙台、そして日本を励ましたい、これからの復興に向け、自分たちに出来ることは何かないだろうか。」という呼び掛けから産声をあげた演劇パフォーマンス集団。仙台・東北に根差した題材を大切に、ストーリー性よりもシーンの爆発力、瞬発力で勝負していく特異は、「テンションとエモーションにおいて世界レベル」と評され、仙台のみならず、全国的なムーブメントを巻き起こしている。メンバーは全て男で構成され、舞台上ではほぼ裸である。

若手演出コンクール2013(主催:文化庁/一般社団法人日本演出者協会)にて澤野正樹優秀賞を受賞。

福岡国際コメディ演劇フェスティバル2013にて「コント部門特別賞」受賞。

2015年「R.U.R.外伝~突撃!隣の晩プルトニウム~」では5都市ツアー1,000名を達成、続く本編である「R.U.R.~Life,only life is only naked rules~」では仙台公演で600名を動員した。

 

なんだそう!

結成5年を迎える劇団員の皆さまがキャンピングカーで共同生活をしながら真冬の東北六県二十都市を大移動しながら公演をしていくハードな弾丸ツアー。

太宰治の「人間失格」がどのようなものになるのか・・楽しみですね♪

ぜひ3月17日(金)1日限りの太宰治の故郷で演じられる公演に行ってみてくださいね!

劇団 短距離男道スタイルに興味のある方はホームページもご参考に。

せばね(^^)/

 

五所川原駅前のお酒屋さんと言ったらやっぱりここ!

2017年3月3日 / お土産, ブログ, 五所川原市情報

♪明かりをつけましょぼんぼりに~お花をあげましょ桃の花~

ご機嫌いかがですか?ちえっちーです。

桃の節句のこの良き日、朝から私は気分が良いです。

なんでかって?それは、アテンダント室のめごこ(カワイ子ちゃん)、みきてぃがお手製の甘酒を造って来てくれたから(*´▽`*)

きっとこのブログを読んだ皆さんもさぞや飲んでみたいことでしょうね~。

私は密かに、これをボトルに詰めて売り出したら、さぞや売れるだろうとほくそ笑んでおります。

代表に提案しなくては!

本当はその代表も私もお酒が大好きなので、アルコールゼロではなくて、アルコール入っていてもいいんですけれどね。

例えば、津軽半島ではないですけれど県内の有名な醸造元、桃川さんで造っている甘いお酒「桃華」

とかも(ダジャレではありません!)雛祭りにぴったりで私は好きです。

お酒が好きなので県内の色々なお酒、全国のお酒色々飲んでみたい!と思いますが、皆さんもそうではありませんか!?

そんな皆さんにおススメなのが五所川原駅から徒歩2分の毛内酒店さん!

 

 

県内の方なら昔からのコマーシャルで店名はご存知と思いますが、県外と海外の方のために、こちらは

「もーないさけてん」さんです。

 

さてさて、どんなお酒があるのでしょう、わくわくしますね~

 

手に取りやすい価格帯のお酒から高価格帯のお酒まで県内はもちろん、県外のお酒も多数あります!

沢山の種類の日本酒、焼酎、ワインなどがズラリと並んでいますが、こちらには温度管理がされた酒蔵

あるのです!

 

 

酒蔵にはお高いお酒、生酒などが所狭しと並びます。

毛内酒店さんは日本名門酒会加盟店ですので、そちらに加盟している蔵元のお酒をお取り寄せすることも可能とのことです。

駅やホテルからも近いので旅行客の方にも喜ばれているこちらのお店。

お酒の説明や相談にも乗ってくれますし、お土産用の包装の仕方にも希望に沿ったやり方をして下さいます。

全国への発送もしていますので、重い思いをしなくて済みますね!

私も実は買いました( *´艸`) また行きま~す。

 

毛内酒店

〒037-0053

青森県五所川原市布屋町41

営業時間 午前9時~午後7時 (平成29年3月現在)

定休日 日曜日

電話 0173-34-3026

FAX 0173-35-0005

 

 

 

 

Copyright© 2010 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.