お土産

ふしみ菓子店

金木の町に古くからあるお菓子屋さんのうちの1つです。
金木が生んだ作家太宰治の生家がある町ということで「斜陽館」にちなんで「斜陽羹(しゃようかん)」という名前の羊羹もあります。味は「しそ」「おぐら」「くり」の3種類がありますが中でも1番人気は「おぐら」。その他名物甘露梅(かんろばい)は15個入...

»詳細ページへ

お菓子の店 しらはる

東京オリンピックの年に創業したお店は金木甘味処の名店のひとつ。
名物「太宰昆布羊羹」は太宰治の故郷をイメージして白餡に昆布の粉を練りこんだ天然の緑色。大きな栗がまるごと入った「大栗」はお店のイチオシです。開業当初よりある「金木山」や吉幾三さんの故郷でもある金木らしい名前「雪國」もおススメです。...

»詳細ページへ

おやき屋 けん

金木の町に新しく出来たおやき屋(青森県での「おやき」とは「今川焼」のこと)さんです。畳屋さんの建物の1階にあり、ちなみに2階はそろばん塾。
おやきは生地が肉厚でふわふわ。味も「黒あん」「白あん」「クリーム」「あんバター」の4種類。お店の方の一押し「あんバター」は北海道十勝産の「あん」と「バター」のハーモニーが絶妙です。

»詳細ページへ

外崎菓子店

五所川原市の金木で古くから食されている地元の味を提供してくれるお店です。 小さい大福のようなものをシソの葉で包み砂糖で味付けした「寒露梅(かんろばい)」(800円/税別)の他、この外崎菓子店といったら名物お菓子は「バナナボード」。バナナの消費量日本一の青森県だから生まれた「バナナボード」。バナナまるまる1本を生クリームとスポンジケーキで包んだふわふわのロールケーキのようなもの。その大きさは1人では絶対食べきれないほどで、重さもずっしり。この量と大きさで1つ220円(税込)だから驚きです。

»詳細ページへ

Copyright© 2010–2017 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.