グルメ

一茶庵

昭和49年創業の老舗日本そば店。
昭和の佇まいの落ち着いた店内で食べるそばは逸品。定食や丼ものもありセットものも人気です。
このお店の綺麗な看板娘も人気の秘密かも?!

»詳細ページへ

里のれすとらん

津軽鉄道の終着駅である津軽中里駅下車すぐという便利な立地にあるこのお店。
明治時代創業から120年以上代々受け継がれ、地元で愛されている老舗です。4代目のご主人が作る定食はボリューム満点!この値段でこんなに食べていいのかというくらい大盛りです!しかも美味しい!この味・サービスがお店が代々続いて...

»詳細ページへ

しじみ亭奈良屋

十三湖のしじみ料理ならおまかせのしじみ専門店。目の前が十三湖という立地条件も加わり、美味しいしじみがたっくさん味わえます。新鮮な生のしじみからしじみラーメンなどの加工品までお土産も勢ぞろい。釜飯やラーメン、つくだ煮、チャウダー、アイスクリームまで十三湖のしじみを堪能できます。

»詳細ページへ

Posapiano ポザピアーノ

住宅街にあるオシャレなレストラン。
Posapiano~のんびりしたひと~という名前のように、イタリアンとフレンチをミックスした美味しい食事に洒落たインテリアには時間が経つのを忘れてしまいそうです。
一品一品に繊細さが感じられ、女性客が多いのも納得です。

»詳細ページへ

美味酒好 ダイニング 彩竜IRYU 

シンプルでシックな和の空間に美味しい料理ということで、人気のある居酒屋。
地元の食材を使った料理を昼も夜も堪能できます。
白熱灯の柔らかい光で落ち着いた心地よい空間で津軽の料理をお楽しみください。

»詳細ページへ

くつろぎダイニング 哲。

お昼はランチ、夜は居酒屋として営業中です。
ランチは、新ご当地グルメの中泊メバル膳はもちろん、味噌豚丼、とり丼、しじみラーメンなどがオススメです!

»詳細ページへ

小曲やきそば

五所川原にオシャレな佇まいのやきそば専門店が出来ました。店内も落ち着いた様子で、カウンター席とテーブル席を選べます。メニューは専門店だけあり、実にシンプル。全品お持ち帰りが出来ますので、事前に連絡しますと待ち時間なく受け取ることができます。

»詳細ページへ

まちなか喫茶 和 モダンカフェ

五所川原駅前のトカトントンスクエア内2Fに出来たおしゃれなカフェ。ソファータイプの席がメインのリラックスできる空間。隠れ家的な風合いで、サラリーマンや女性のお友達同士等が集います。ランチもリーズナブルな価格で、五所川原駅前で夜も営業しているのが嬉しいお店。

»詳細ページへ

orange companio

もちもちのベーグル専門店が五所川原に登場です。卵・バター・油脂などを使用していないのでとってもヘルシー。いろんな種類が並んでいるベーグルですが、ちょっと遅くお店に行くと売り切れで閉店、なんて事も(-_-;)是非とも、早めにいく事をおすすめします。甘いものから惣菜ものまでたくさん並んでいるので、自分好...

»詳細ページへ

駅前食堂 こう

2014年5月新たに五所川原駅前に食事処が出来ました。元々、五所川原市内の総合病院内の食堂として地元の方々に慣れ親しんだお店が駅前に新装開店という事もあり、待ちに待った!というくらい、お馴染みの味です。どれも手ごろな価格が売りですが、特にお勧めなのが[辛味噌らーめん]と[ナポリタン]だと店主は言いま...

»詳細ページへ

レストラン わらび

大粒で味が非常に良いことで知られる、十三湖で採れた「ヤマトシジミ」。 そんなシジミがたっぷり入った「しじみラーメン」は、あっさり塩味なのにしじみの濃さはしっかりとある、大満足の一杯。ちじれ麺にしっかりとスープが絡みます。

»詳細ページへ

たこやき西海

鯵ヶ沢のソウルフードとも呼ばれる名物、チキンボーを食べられるお店です。チキンボーとは、薄く延ばした鶏肉を串に刺し、揚げたもの。注文を受けてから揚げるのでいつでも熱々が食べられます。衣はパリパリで、お肉はジューシー。程良い塩味のチキンボーは、相性抜群のマヨネーズをかけて食べるのが定番です。 2017年3月31日更新

»詳細ページへ

松しま

金木の銘菓[甘露梅]を販売しているお店で、洋菓子から贈答用の菓子まで揃っています。また、お土産用として[斜陽館のレンガ]も販売中で、サクサクの生地と中に入っているキャラメルの食感がたまらなく美味しいです。

»詳細ページへ

嘉瀬のラーメン家

頑固親父が作る!と思うほどのこだわりのある店。
メニューは3品しかないというこだわりよう。この3品にこだわる味深さに感銘すら覚えます。
化学調味料を一切使わず丁寧に作ったスープには飲みほしてしまう人続出です。

»詳細ページへ

ぽっぽ家

津軽鉄道金木駅2階にあるラーメン屋さんでは十三湖で採れた「しじみ」を使用した[しじみらーめん]を食べることができます。シジミのエキスいっぱいのスープに縮れ麺で最高の相性です。体の芯からしじみが溶け出していく瞬間を味わってください。

»詳細ページへ

ふしみ菓子店

金木の町に古くからあるお菓子屋さんのうちの1つです。
金木が生んだ作家太宰治の生家がある町ということで「斜陽館」にちなんで「斜陽羹(しゃようかん)」という名前の羊羹もあります。味は「しそ」「おぐら」「くり」の3種類がありますが中でも1番人気は「おぐら」。その他名物甘露梅(かんろばい)は15個入...

»詳細ページへ

お菓子の店 しらはる

東京オリンピックの年に創業したお店は金木甘味処の名店のひとつ。
名物「太宰昆布羊羹」は太宰治の故郷をイメージして白餡に昆布の粉を練りこんだ天然の緑色。大きな栗がまるごと入った「大栗」はお店のイチオシです。開業当初よりある「金木山」や吉幾三さんの故郷でもある金木らしい名前「雪國」もおススメです。...

»詳細ページへ

おやき屋 けん

金木の町に新しく出来たおやき屋(青森県での「おやき」とは「今川焼」のこと)さんです。畳屋さんの建物の1階にあり、ちなみに2階はそろばん塾。
おやきは生地が肉厚でふわふわ。味も「黒あん」「白あん」「クリーム」「あんバター」の4種類。お店の方の一押し「あんバター」は北海道十勝産の「あん」と「バター」のハーモニーが絶妙です。

»詳細ページへ

秋食堂

津軽鉄道の下り列車に乗って芦野公園駅に到着する手前左手に売店が4店舗あります。その中でも一番線路寄りのお店です。津軽地方から雪が消え、「そろそろ桜が咲くかな」って頃に毎年オープン営業を開始するお店です。
40年ぐらい前に芦野公園内でリヤカーを引っ張りながら売っていたのが始まりのこちらのお店で、金木町民のおすすめは微妙に味噌とカレー風味のする1本30円の「おでん」。「おでん」は味も具(4種類)も変えずにずっと長らく愛されている味です。その他「支那そば」や「かき氷」も外せないメニューです。

»詳細ページへ

外崎菓子店

五所川原市の金木で古くから食されている地元の味を提供してくれるお店です。 小さい大福のようなものをシソの葉で包み砂糖で味付けした「寒露梅(かんろばい)」(800円/税別)の他、この外崎菓子店といったら名物お菓子は「バナナボード」。バナナの消費量日本一の青森県だから生まれた「バナナボード」。バナナまるまる1本を生クリームとスポンジケーキで包んだふわふわのロールケーキのようなもの。その大きさは1人では絶対食べきれないほどで、重さもずっしり。この量と大きさで1つ220円(税込)だから驚きです。

»詳細ページへ

Copyright© 2010 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.