太宰治記念館「斜陽館」米蔵展示

2015年3月23日
みなさん、こんにちは!みっちょんです(*´▽`*)

今日の津軽、冬に逆戻りです(;´∀`)

DSC_2010

午前中からピュ~ピュ~、ピュ~ピュ~風が吹いて細かい雪も舞って…いや!舞ってなんて可愛らしい降り方ではありません!!

久しぶりの冬な雰囲気にブルッブルしておりました~(笑)

 

さて!そんな天気の津軽ですが。

こんな天気はそう長くは続くまい。そう、何てったってもうすぐ4月ですから~♪

その4月。太宰治記念館「斜陽館」では米蔵展示が新しくなります☆

 

斜陽館蔵展

ざんっ!

太宰作品における中国文学と落語~その原拠を辿る~

 

期間:成27年4月1日~平成28年度3月21日

 

チラシのオレンジ?朱色?の帯が鮮やかですね~。

斜陽館

先日、改めてご紹介したこの斜陽館の奥の方に米蔵があり…そこで毎年様々な展示がされているのです♪

太宰作品と中国文学…と、落語。落語も関連があるのか!?

『駈け込み訴え』『やんぬる哉』『富嶽百景』等は落語に影響を受けているそう。

へぇー!どれも読みました。みっちょん。でも…知りませんでしたー。

アテンダントになってから太宰作品をいろいろ読んできましたが…、読んでいない作品がまだまだたくさんあるのも事実で(;´∀`)

この米蔵展示で新たな発見ができたら最高ですね☆

そして、読みたい本が増え…帰りに買って帰るというサイクルで(笑)

太宰作品は斜陽館の向い「観光物産館マディニー」や「太宰治疎開の家」で購入可能!ですから~。

今日も帰りに「つい太宰作品を買ってきちゃった」というお客様に出逢いました(*^_^*)

作家・太宰治の生まれ故郷 金木は旅人を虜にしてしまう。そんな魅力満載の町なのです☆

太宰本片手に街をぶら~り、してみませんか?

斜陽館米蔵展

 

 

Copyright© 2010 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.