太宰ゆかりの「日曜学校」はいかが?

2015年3月4日

こんにちは!

おゆきです。

 

昨日は女の子の節句ひな祭りでしたね。

今日は3月4日ということで、サッシの日、バームクーヘンの日、ミシンの日、三線の日に酸蝕歯の日と

結構いろんな日でもありますが・・・

雑誌の日でもあるんです。

3・4といことで語呂合わせですが、雑誌といえば・・本!

本・・・学校!

 

と無理やりな気がしますが(笑)

今日はこのお知らせです☆

 

金龍山 南台寺 日曜学校

日曜学校

 

日時: 3月15日(日) 14:00~16:00

場所: 金龍山南台寺境内(金木町)

内容: マンドリン演奏/古川里見

   昔話/むがしっこ語る部会ゆきん子

   朗読と音楽/特別雇用

   くじ引き

入場無料

 

 

金龍山南台寺(なんだいじ)は、太宰治の長兄である津島文治さんはじめ

津島家の菩提寺として知られています。

この寺では、昔子供達のために「日曜学校」を開き本の貸し出しを行っておりました。

太宰治も子守のたけさんがこの「日曜学校」から借りてくるたくさんの本を読んでいたといいます。

6から7歳の頃から時が経つのを忘れるくらい、太宰は読書に没頭していたようです。

太宰自身、小説「思ひ出」の中で

「六つ七つになると思い出もはっきりしている。・・・・・

読む本がなくなれば、たけは村の日曜学校などから子供の本をどしどし借りて来て私に読ませた。

私は黙読することを覚えていたので、いくら本を読んでも疲れないのだ。」

と記しています。

 

太宰治とゆかりの深いこのお寺で毎年行われるこのイベント!

学校で学ぶというより楽しむ内容になっていますね♪

どんな雰囲気か・・気になる方は過去ブログをチェック☆

日曜日なのに学校!?

 

太宰もここで借りた本を読んだんだな~とか回想にふけるのも良し。

足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

場所は津軽鉄道金木駅下車したら右の道をただ真っ直ぐ歩いて約10分で到着します。

津軽鉄道で乗務中のアテンダントよりもらえるこの金木地図でバッチリです!

金木地図

 

せばね(^_^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2010–2017 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.