本州に別れを告げる、青函トンネル入り口の町

2015年3月2日

みなさん、こんにちは!みっちょんです(*´▽`*)

日に日に話題を集めている場所…それは?

DSC_1868

奥津軽いまべつ駅(平成27年度末開業予定)!!

先日、みっちょんは行ってきたのです。建設途中のこの駅に☆

外観はだいぶ出来てきてますね(*´▽`*)

青函トンネルをイメージしているというガラスの壁面(…と、言うのでしょうか)

素敵~♪

 

と、いうことで!今話題の今別町にやってきましたー。

 

伺ったお店はここ。

IMG_2716

寿司長(すしちょう)

 

今はお寿司屋さんというよりは小料理屋さんのような感じです。

ご主人がお寿司屋さんを営業していて、他界した後に奥様がそのままお店引き継いだそう。

 

DSC_1871

青函トンネルをイメージした「青函トンネル巻」が何とも可愛らしい♡

今別特産の若生(わかおい)こんぶを巻いたお寿司にはトンネルに見立てたちくわと、レールをイメージした卵焼き。

そして…肝心の海峡線の列車を真ん中に!

ご主人がこれを考案した頃、青函トンネルを走っていた列車がオレンジ色だったことから「ごぼうの味噌漬け」を入れたそう。

そして、今!新幹線をイメージしたアスパラが巻かれたものも登場しているのです~♪

まだ北海道新幹線の車両がどんな色かもわからない頃に、ご主人が当時の東北新幹線の緑ラインをイメージしてつくったそうですが…北海道新幹線の車体の色がグリーン系の色という何とも不思議な縁が!

 

未来を予想していたかのような展開ですよね。びっくりです。

トンネル巻は6切れ500円

 

その他にも、今別町特産の料理が様々あります☆

DSC_1872

もずくうどん(しじみ仕立て)

 

DSC_1870

ノーマルなもずくうどん

もずくうどんは各500円ですが、どちらの味も楽しみたい!と言う方の為に。

半玉ずつでつくってくれます(´▽`) これは嬉しい♪  二つの味を楽しんで一杯分のお値段。

 

殆どのメニューが500円前後という何とも良心的なお値段です。その日に入ってきているものを料理として出してくれるので、県外から訪れる方は地元のものが食べられて嬉しいのではないですか?

 

では、お店情報です。

 

寿司長(すしちょう)

青森県東津軽郡今別町大字今別字西田189-3

電話:0174-35-2379

 

営業時間:基本的には17:00~22:00 

     ※お昼に行きたい方はご連絡を。お店を開けられる時には開けてくれるそう。

 

 

IMG_2727

とっても素敵な笑顔に出逢いました☆ みなさんも、会いたくなったでしょ?

そして、題名にした言葉は…ご主人が書いたものだそうです。良い言葉だなぁ、と思わずカメラに収めました(*^_^*)

IMG_2728

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ, 今別町情報 
Copyright© 2010–2017 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.