今日は、バレンタイン。

2015年2月14日

皆さま、こんにちは。

今日もバリバリ元気なコットンです。

 

 

 

今日は、バレンタイン ♪(●´Д`人´Д`●)

アテンダント内でのチョコ交換。

通称・アテチョコ

を、いただいちゃいましたっ♪

食べる専門コットンは喜んでいただきます!!!

 

DSC03436

 

皆さまにとっても最高のバレンタインになるよう、

アテンダントからはチョコ

じゃなく、今の時期におすすめのおやつ(?)を。

 

DSC03444

 

津軽名産 干もち

この袋の中を開けると、

 

DSC03445

こんなにも長い干もちが2束

 

 

この、干もちいったい何者!?

と、思っている方も多いでしょう。

 

餅に多量の水分を含ませて凍らせ、さらに寒気に晒して乾燥させた、伝統的な保存食で

冬の寒波を利用し、餅を自然凍結させて作る雪国ではかなり伝統的なお菓子です。

 

冬場になるとアテンダント室に常にあるおやつ。

そのまま食しても良いし、

 

DSC03448

ストーブで焼いて、こんがり焦げ目がつくようにすると、サクサクっと食べれます。

また、手で割って油に投入して揚げ餅として食べても最高に美味しいです。

 

餅本来の甘みと旨みの中に、ずっしりとした食感と食べ応えで

食べたことがない人や、これからストーブ列車に乗りたい!!と言う人におススメです。

スルメ以外にも、この干もちだったらサクッと食べれてお腹にも溜まるし、

酒の相棒としてもいけるんじゃないでしょうか!?

 

 

その他、「干しもち」で検索すると、いろんな調理法が出てきました。

主なものは、油で揚げる「おかき風」ですが、

変わったもので言うと、「ピザ」。

まぁ、干もち本来は「餅」ですからね。

自分好みの調理法や食べ方で長期間の保存がきく津軽名産・干もちは、

青森県内の各スーパーや物産館などで販売しております。

五所川原市内で駅付近だと、

 

 

ぜひ、津軽の名産・干もちをチョコっと食してみてください。

 

 

 

カテゴリー: お土産, ブログ, 郷土料理 
Copyright© 2010–2017 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.