慎吾列車を再び走らせたい!!

2018年8月29日

皆さん、こんにちは!みっちょんです(*´▽`*)

雨予報だった今日だけど…青空が出て気持ちの良い風が吹いている五所川原よりお届けでーす★

 

さて!

今日は早速本題に入りますよー。

最近、アテンダントたちがTwitterやFacebookでせっせと針金を伸ばしている様子をアップしていましたが。

「一体何をしているの?」と思った方。

「はっはーん、アレをつくるつもりだな」と薄々感づいている方。

様々かと…みっちょんは思っておりますが!

 

実はわたしたちアテンダント、ねぷたをつくる準備を進めております!

何のねぷたか?

タイトルをもう一度確認しましょう。

 

慎吾列車を再び走らせたい!!

はい、声に出してもう一度言いましょうか。

慎吾列車を再び走らせたい!!!

 

21年前、香取慎吾さんが20歳だったあの時。

津軽鉄道・津軽中里駅で地元の小学生と絵を描いてくださいました。

そして、昨年おじゃMAP!!で再度塗り直し作業をしてくださいました。

当時小学生だった子どもたちはすっかり大人になって、自分の子どもを連れてきてくれたり…

みっちょん、感動したんです。

「香取さんと子どもたちの関係性がとっても素敵だなぁ…」と。

そして、昨年の秋には「慎吾列車を愛でる会」を企画実施しました。

でも…列車が動くところをもう一度観たいなぁ。

そんなことを日々考えていました。

車両は既に引退して、動かせない。無理に動かしたらドリフ状態よ💦

テンテケテンテン、テンテケテンテン…♪

バラバラになった車体と、「志村ぁー!!」と叫ぶ長さんが目に浮かぶようです。

 

どうにかならないかしら……

そうだ、ねぷたをつくろう!!

そう思いました。

ねぷたで夢のキャンバス号を再現して、津軽鉄道の線路を走らせよう!

と、いうことで津軽鉄道全面協力の元「慎吾列車ねぷたプロジェクト」が始まっております。

長さは本物の車両20mの半分、10mを予定。

この面の絵を両サイドに施す予定です。

わたしちの技術的都合で、まるっと同じでなくて申し訳ない気持ちもありますが…

できる限り忠実に再現できるよう頑張りますのでどうか応援よろしくお願いいたします。

 

10月13日(土)夜に津軽鉄道にて線路上運行予定です。

その日に間に合うよう、製作に励みます!

ただ…、わたしたちだけで慎吾列車ねぷたを製作するのは勿体ない!!

ぜひとも皆さまのお力を貸してください。

香取さんのファンの方や、アテンダントと一緒にねぷたをつくってみたい!という方。

そんな皆さまと一緒にこのねぷたはつくっていきたいと思っています。

体験受付日時等はまた改めてお知らせいたしますので、その際はぜひとも参加表明をお願いいたします!

香取さんも来てくれないかなぁ…と、みっちょん密かに願っております。。

まず、今日は「慎吾列車ねぷたつくります」のお知らせまで…★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2010–2018 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.