同窓会で補助金でます!条件あり★

2017年10月30日

こんにちは!ちえっちーです!

今日は本当にお天気が悪いですね。

こんな日は、温まるものを食べたり、飲んだりするのが良いのでは

ないかな~と思いますね。

ということは、そろそろ年末も近づきましたし、仲間とワイワイするのが

良いんでないかしら?

これから皆さんにお得な情報をお伝えします。

ふるさと回帰同窓会支援事業費補助金

これは、五所川原市で同窓会をするときの費用を一部助成してくれる

とっても、嬉しい制度です。

 

【注意】次にあげる条件を全て満たす

同窓会が対象です。

 

①参加者が平成29年度中(平成30年3月31日まで)に

25歳~40歳に達すること

それ以外の年齢の方は残念ですが対象外です。

 

五所川原市、つがる市、鯵ヶ沢町、深浦町、鶴田町、中泊町

の同じ小学校、中学校、高校、特別支援学校、高等看護学院、

職業能力開発短期大学校の卒業生であること。

 

メンバーが同じクラス、同じ学年単位であること。

 

④10人以上で開催され、参加者のうち3人以上が県外に

住所を置いていること。

 

五所川原市内で開催すること。

 

平成30年2月14日(水)までに申請し、

平成30年2月28日(水)までに開催されること。

 

★何に補助が出るか

・開催文書の作成や送付に必要な印刷製本費、通信運搬費

・五所川原市内で営業する飲食店及び宴会場などに支払う同窓会の開催経費

 

★いくら補助してもらえるのか

・「補助対象経費の合計額」、または「2万円」の、いずれか少ない額。

ただし、同一の同窓会への交付は1回に限る。

 

★申請手続きの流れ

①交付申請

「同窓会の開催日の14日前までに申請書類一式を市に提出」

…一式とは申請書と申請代表者の身分証明証の写し

(※一度提出した内容に変更が生じた場合は変更申請書を提出してください。)

⇩⇩⇩

②市から交付決定

「市が申請内容を審査後、交付決定通知書が届きます」

⇩⇩⇩

③同窓会開催

「同窓会を開きます。参加者がわかる集合写真を必ず撮る」

⇩⇩⇩

④市への報告

「同窓会終了後、30日以内か平成30年3月14日のどちらか早い日までに

実績報告書一式(報告書出席者名簿、領収書・受領書など支払いを証明する

ものの写し、全員の集合写真)を市に提出」

⇩⇩⇩

⑤市から確定通知

「市で実績内容を審査後、確定通知が届く」

⇩⇩⇩

⑥請求

「市に請求書を提出する」

⇩⇩⇩

⑦振込

「請求後提出後、市から1ヶ月ほどを目安に口座にお金が振り込まれます」

 

★★ご注意下さい★★

同窓会当日、10人集まらない等の対象条件を満たさなかった場合は補助は出ません。

誰かが帰る前に必ず集合写真を撮りましょう。

必ず14日以上前の申請を行ってください。

すでに終わった同窓会に対しては申請は受付しません。

 

五所川原市ふるさと回帰同窓会支援事業費補助金交付申請書に関する詳細は

こちらをご覧下さい。☞ホームページ

 

お問合せは五所川原市役所企画課企画調整係まで

電話0173-35-2111 内線2152、内線2153、内線2154

開庁時間 月~金8:30~17:15(祝日12/29~1/3を除く)

メールでのお問合せはこちら

メールでのお問合せについての注意事項

 

いや~良いですよねこれ、

皆さんも県外に住むお友達にも里帰りしてもらって同窓会を

しましょうよ!

私も申請しよっと~

オーマイガ!

年齢が!!(涙)

次回に期待させて下さい!!

せめて同窓会気分を味わいたくてこんな絵を書いてみました。

 

題して「立佞武多の同窓会」

皆さんも、この立佞武多キャラみたいに制度を利用して楽しんでくださいね~

Copyright© 2010–2017 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.