太宰の書斎で生誕の日に聴く、太宰治朗読会。

2016年6月13日

皆さま、こんにちは!みっちょんです(*´▽`*)

今日はどんよりとした空模様。今週は天気予報もさっぱりしない天気ばかりだなぁ、なんて思っていたら。

東北も梅雨入りしたと発表されました。

雨の日にお部屋でのんびり、雨音を聞きながら読書…が好きなみっちょんですが。

ぴったりのイベントがあるのです~。

 

20160425_1330359

太宰治朗読会

 

太宰治生誕祭が開催される6月19日に朗読会を実施するようになって、8回を数えます。

みっちょんがアテンダントになってから太宰生誕祭を迎えるのも8回目。

と、いうことは…アテンダントがスタートした年から、この朗読会も始まったのですねぇ。

何だか感慨深い。

 

 

開催日:2016年6月19日(日)

時 間:16:00~(開場15:30)

場 所:太宰治疎開の家「旧津島家新座敷」

参加費:1,000円(お茶・お菓子付き)

定 員:30名(椅子席をご用意)

出 演:朗読家・原 きよさん

20160610_1378839

 

 

七夕のお話である、「作家の手帖」も披露されます。もうすぐ七夕だし、この季節にぴったりですね( *´艸`)

この「作家の手帖」は『私』が遭遇する三つの出来事と、その出来事に対する感慨が語られています。

 

そして、朗読家・原きよさんは太宰治作品の朗読をライフワークにされている方。

普段はあまり本を読まないわ~。という方も、情感たっぷりに読まれる朗読を聞いたら、途端に太宰ワールドに引き込まれ物語の世界が頭の中に浮かんでくるはず。

どうですか?

6月19日は一日、太宰治ワールドにどっぷりと浸かってみるのも良いかもしれません★

 

定員になり次第締め切りなので、興味があるそこのアナタ!

お申込みはお早目に。

 

お申込み・お問合せ:太宰治疎開の家「旧津島家新座敷」

           0173-52-3063   お問合せフォーム 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2010–2017 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.