6月19日は太宰治生誕祭。

2016年5月18日

みなさん、こんにちは!みっちょんです(*´▽`*)

 

気持ちが良い日が続いていますねぇ。

当に、「津軽の旅は5月6月に限る」という太宰さんの言葉通りの日々。

作品の中に故郷・津軽を度々登場させている太宰さんの生誕祭が今年もやってきます。

太宰生誕祭・表

【生誕祭式典】

日 時:2016年6月19日(日)  10:30~

場 所:五所川原市金木町芦野公園 太宰治銅像・文学碑前

 

太宰治作品の朗読や合唱、祝花があります。

また、昼食会もあります。

昼食会会費:1,000円(要事前予約)

時 間:正午

場 所:芦野公園太宰治銅像・文学碑前

 

式典及び昼食会は準備の都合上事前申し込みが必要です。

太宰生誕祭・裏

参加ご希望の方は6月8日(水)までに申込書、またはお電話等でお申込みください。

申し込み先:五所川原市教育委員会 文化スポーツ課

       電話:0173-35-2111(内線3323・3324) FAX:0173-53-2995

       Email bunkasports@city.goshogawara.lg.jp

 

弘前方面から参加される方は送迎バスが運行されますので、合わせてお申込みください。

弘前ホテルニューキャッスル前8:30発⇒生誕祭会場⇒太宰治記念館「斜陽館」前14:30発

 

 

今年の生誕祭は日曜なので、たくさんの太宰ファンで賑いそうですね。

昨年、当日は来られないので…と事前に金木を訪れたという県外の方が何名かいらっしゃいました。

ここまで長い間人を惹き付けてしまう太宰の魅力。

再確認する為にももう一度本を読み返してみる。そんなきっかけの日にしてみるのもいいかもしれませんね。

太宰さんに会いに金木に行くから、とペンのイヤリングをしてきた女性をふと思い出しました。

DSC_2199 (1)

 

この日は他にもいろんな催し物があります。

まご紹介しますのでお楽しみに~♪

 

 

 

 

 

Copyright© 2010–2017 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.