うそ八百ほら吹き大会。

2016年4月8日

みなさん、こんにちは!みっちょんです(*´▽`*)

水仙が綺麗に咲き始めた津軽です。色鮮やかな季節になりました♪

 

さて!そんな春に、楽しく大笑い。なイベントに行ってきたお話を。

2016年4月3日にちよんび。

津軽鉄道・津軽中里駅内の「駅ナカにぎわい空間」では、その名の通り賑やかなイベントが開催されました。

うそ八百ほら吹き大会

 

みっちょん、正直者なので~(*´з`)ホラを吹いている人たちを見学。

DSC_0783

起きて夢見る会会長の夏原さんの楽しい挨拶に始まり…

 

DSC_0780

審査員の方々。スタート前で真剣な面持ちですが、挨拶の時は豪快なホラを吹いて会場を沸かせていました(笑)

 

今回が二回目の開催、6名の参加者。

それぞれが思い思いのホラを吹くわけですが…これがまぁ、面白い!

会場は爆笑、爆笑!!

 

NKD(中泊)48をつくって、地元に伝わるナニモササ踊りをお洒落にアレンジして売り出す。

だとかSMAPならぬナカップを結成して「ホタルハート」を歌う。

DSC_0788

 

 

宝富士の好成績は伊勢ケ浜親方のおかげではなく、わたしの治療のおかげ。

宝富士が勝てるような治療を対戦相手に施して勝って勝って勝ちまくる!

DSC_0792

 

 

ホラの吹き方がわからない為、嘉瀬にいるというホラ吹き仙人に聞きに行った。

そうしたら、ハワイのホラホラ大王に聞いた方が良いと言う。

ホラホラ大王はホラの吹き方はわからないが、世界一ホラを吹くのが上手な人を知っているから

住所を教えよう。と聞いてみると、今回のほら吹き大会の主催者・夏原さんに辿り着く。

DSC_0790

この方はナント!BGM付きでした(@ ̄□ ̄@;)!!

 

 

青森に住む私の日課は新幹線を少しずつ中泊町の方向へ向けていくこと。そうすれば、中泊町に住む

おじいちゃん、おばあちゃんにすぐに会いに行ける。

そして、私が中泊町に線路を向けたおかげで中泊町に人がたくさん来る。

DSC_0787

 

 

 

青天の霹靂に勝るとも劣らない新品種をつくった。その名もキングライス。

中泊名物のメバルよりももっと旨い、ダイヤモンドメバル。この二つを食べる素晴らしい色男になる。

気持ちは優しく、力持ち。顔は高倉健さん、高橋英樹さん、福山雅治さんのようにイケメンに。

……中略。

笑いすぎに注意。良い笑い方は、中泊方式。

笑ってる途中で一回止めるんだ。

DSC_0793

いいが。良ぐ聞げ。の言葉がとても印象的で、会場のみなさんはこの言葉が出る度に爆笑!(笑)

昨年に続き、「いいが、良ぐ聞げ。」の秋元さんが優勝☆

そして、新幹線の線路を中泊に向けた夏原さんが準優勝でした♪

 

笑うって大事。

昨年よりもパワーアップしたこのほら吹き大会。

皆で楽しく笑う会がこれからもずっと続けばいいなぁ、と感じまたみんなで笑えるって素敵だなぁと思ってニコニコ帰ってきたみっちょんでした(*´▽`*)

 

 

 

 

 

Copyright© 2010–2017 津軽半島観光アテンダント All Rights Reserved.